FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

真夜中のデート

2016年09月12日(Mon) 07:53:54

街に出没する吸血鬼は、夜な夜な乙女の生き血を求め歩く。
狙われた彼女の身代わりに、彼女の制服を着て夜歩くボクは
たちまち彼の、餌食になった。
女装に目ざめたのは、はるか前――
彼女にはいえない願望を、人知れず遂げたボクは、
乙女を襲いたいという彼の願望を、半分だけかなえてしまっていた。

彼は幸いにも、ボクを男と気づきながら。
血を吸い終わる最後まで、ボクを女の子として扱ってくれた。

それ以後は、感謝の気持ちさえこめて、彼に血を吸わせる日々――
きみの彼女を襲いたい。
いつの間にか魅入られてしまったボクは、
そんな彼のいけない願望を、ついにかなえてあげてしまう。

ボクの目のまえ、抱きすくめられて。
セーラー服のえり首の、三本走った白のラインをバラ色のしずくに浸しながら、
彼女はうっとりと、吸い取られてゆく。
その姿をうっとりと見つめるボク。
そんなボクのことを彼は、下僕としてではなく親友として遇してくれた。

きょうもボクたちは、真夜中のデートを愉しんでいる。
いつしか彼女のスカートの奥までむさぼるようになった彼は、
ためらう彼女を、花嫁修業なのだといって騙し、
たかぶるボクは、上手になってからお嫁に来てねといって背中を押した。

彼女がセックスされてしまうのをのぞき見するのは、
彼女とセックスするのと同じくらい、昂ることができるのだと知ってしまったボクは、
おそろいのセーラーの襟首並べて、
おそろいの紺のハイソックスのふくらはぎを吸わせて、
同じようにスカートをたくし上げられ、股間を侵されて、
互いに互いの痴態を見つめ合って・・・
いつしか真夜中のデートを、やめることができなくなっていく――
前の記事
よそ行きのセックス
次の記事
鞄。

コメント

セーラー服を身に着ける喜び。その姿で吸血鬼にされるがまま女性のように犯されるボク。わたしもそれに共感し、この物語にこころ昂ぶりました。
柏木さんのいくつかのお話の中でも、女装のお話はツボにはまりますね。

吸血鬼に血をいっぱい吸われても、吸血鬼から性をいっぱい吸い取りたい。わたしもこの吸血鬼に襲われたら、そうなっていくことでしょう^^
by ゆい
URL
2016-09-13 火 05:08:29
編集
> ゆいさん
お話に共感してくださって、ありがとうございます。
吸血鬼とボク・彼女は、お互いに分かち合っているのかもしれません。
血を吸わせてあげたり。
精をそそぎ込んであげたり。
ちょっぴりNTRに目ざめさせて、
妖しい快感に浸らせてあげたり。
^^
それがお互いに対する背徳行為だったとしても、
背徳自体を愉しんでいる彼らには、むしろ至福の刻のはずですからね。
by 柏木
URL
2016-09-13 火 07:17:15
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3318-72d2bc15