FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

ひとりごと。

2016年09月21日(Wed) 07:24:28

ふと思うときがある。
自分のなかでもっとも不純で不潔だと思っているところが、
じつはいちばん純粋な部分なのかもしれない と――
前の記事
音楽教室の帰り道
次の記事
今度は妻の番・・・

コメント

この独り言 言い得て妙ですね。

「・・・不純で不潔だと思っているところが、じつはいちばん純粋な部分・・・」
女装して倒錯した快楽を求める私は、これに当てはまる気がするのです。

いつだか見かけたけど、いつ頃どこに書かれてたかなーと思ってましたが、久しぶりに過去のを拝見して今朝みつけました。

読んだ証に、コメ付けさせてもらいました^^

by ゆい
URL
2018-09-12 水 06:25:25
編集
ゆいさん
自分の描いたものが人さまの印象に残るというのは、とてもありがたいことです。
コメをいただいたので久しぶりに読み返したのですが、「確かにこんなこと描いたなー」という記憶がたしかにある記事でした。

人と違った性向というのは、たぶんその人の真実の一部なのだと思います。
それが変わっていればいるほどその人自身をよく体現しているとはいうものの、
やはり口に出すのははばかられる・・・そうした部分もあると思います。

すべての少数者に幸いあれ。
(あっ、でも人に迷惑はかけないように・・・ ^^;)
by 柏木
URL
2018-09-17 月 15:03:23
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3323-dfbe8cb3