FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

寝取らせ話。 ~地元の男衆たちは、抱かせてくれるというのですが・・・妻のことが気になって仕方のない夫~

2016年11月07日(Mon) 06:45:28

さいしょはもちろん、抵抗ありましたよ。
お互いの妻に通い合う風習があるなんて、赴任前には聞かされていませんでしたからね。
でも、いちど潔く?差し出しちゃうとね。
不思議と癖になっちゃいましたね。うちの場合。
もしかすると、そういうわたしの性癖を熟知したうえで、赴任させられたのかもしれません。
わたしの勤め先の男性社員は全員、妻や恋人を地元の男衆に寝取られてしまっているのですが。
そうしたことに対する苦情が出たことは、いちどもありませんからね。

自分の奥さんを差し出した場合、おれたちの女房を抱いても構わないんだぜ?
ひととおり、妻の貞操を男衆たちと分かち合った後、そうは誘われたんですが・・・
やっぱり家内のほうに、気が行ってしまうんです。
それも相手の奥さんに、失礼な話じゃないですか。
通過儀礼のようなもので、ひととおりはご厚意に甘えた――彼らの奥さんを、ひと通りセックスを済ませた――のですが。
やっぱり家内のようすが、気になっちゃいましてね。
まだ彼らが自宅から立ち去らないうちに、家に戻るのです。
もちろん二人には声をかけずに・・・物陰から、熱く息をはずませ合うふたりのようすを、こっそり覗いているんです。
初めて差し出したときには、息が詰まって目を回してしまったはずの光景なのに。
いまでは、妻がヒロインを演じるポルノ映画でも鑑賞するように。
わたしの目を意識しながらも、肉体の快感に克てずに息をはずませてしまう家内のことを、
夫であるにもかかわらず、昂ぶりながら・・・いちぶしじゅうを見届けてしまっているのです。
いまでは、一方的に犯してもらっています。そのほうがわたしも、妻も、ときめくことができるので。
前の記事
寝取らせ話。 ~村はずれの納屋は、「処刑小屋」。妻を”処刑”してもらった男の話~
次の記事
寝取らせ話。 ~親友の手引きで妻を襲われた夫と、親友の妻を手引きして襲わせた男~

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3348-09c5dbcb