FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

残念・・・

2016年11月14日(Mon) 14:33:48

長らく閲覧していた「妻物語」というサイトが、しずかに閉幕しました――
http://hpcgi3.nifty.com/tumamono/chat/2shot30/2shot.cgi

主にチャット目あてで伺っていたのですが、ココは客層もよかったんですよ。
もちろん、いろんな方がいらっしゃいましたが・・・
なかには、「妖艶」を紹介したかたもいらっしゃいますし、メールのやり取りをした方もいらっしゃいました。
もっとも。
伺った体験談を、ココで紡いだお話を作るときに参考にしたことは、ほぼありません。
でも、大なり小なり、影響を受けているかもしれませんね。

興味深かったのは。
「妖艶」のプロットをお話したかた(よほどお話がノらないと、そこまでの話題は出しませんでしたが)がこぞって、
「私の体験とよく似ている」とか、
「本当は昔、お母さんに夜這いをする人のことを目撃したのでは?」とか、
そんなことを言われることがよくありましたっけ。
するものもされるものも、心の奥深くにある願望・衝動は似通っているものなのでしょうか。

◆11月14日 しるす
前の記事
お泊りにはまだ、早いかも?
次の記事
寝取らせ話。 ~ホストの彼。~

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3351-88e810cf