FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

管理人の囁き。(ごあいさつ)

2017年01月04日(Wed) 08:09:59

柏木です。今年もよろしくお願いします。

どうやら仕事はじめのまえは、すとれすがあっぷしてくるみたいです。
というわけで、久々に大量あっぷになりました。 (^^ゞ

「美味しすぎる残念賞」は、けさ。
「ベースキャンプ」と「路上で襲われたOL」は、年明けそうそう。
「究極のエロビデオ」は、昨年の年末ころの着想です。
どうにかまとまったので、まとめてあっぷしました。

愉しんでいただけたら嬉しいです。
(^^)
前の記事
少年の得た自由
次の記事
究極のエロビデオ

コメント

ご挨拶
明けましておめでとうございます。
と、ご挨拶にお伺いしたら、怒涛の様な更新ですね。さぞかし、血に餓えておられたのでしょう。ご満足なされましたか。

吸血鬼に血を吸われる感覚、縄に慣れたM女が素肌に縄を掛けられていく、そしてそのまま放置されている、いわゆる縄酔いの感覚に似ているように、大量の更新作を読ませて頂いて感じたのですが。

こんな思いを持ってしまっては、柏木様のお作を汚してしまうのではないかとも思いつつ、新年の残り酒に身を委ねて感じています。

今年もよろしくお願い申し上げます。
by masterblue
URL
2017-01-04 水 19:19:11
編集
masterblueさま
明けましておめでとうございます。

はい、はい。提供された多量の血液に満足たっぷりな柏木です。
(^-^) (ペロリ)

ご指摘のとおり、吸血される歓びには、たぶんにマゾヒスティックなものが含まれると思うのです。
自身が被虐されることでパートナーが満足を覚え、そのことによって自身も満ち足りた気分を得るのだと思います。
パートナーの喉の渇きを、われとわが身をめぐる血潮で飽かしめるという行為は、きっとそういうことなのでしょう。

年初から嬉しいコメント、ありがとうございました。
貴ブログの一層のご発展、かげながら祈っております。
by 柏木
URL
2017-01-05 木 07:39:56
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3380-9d348445