FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

ケーキ屋の娘 (女吸血鬼)

2017年01月24日(Tue) 06:01:48

平日の午後のケーキ店の店頭は、いつものように客がまばらだった。
水川貴代美(50、仮名)はきょうも、閉店の時間を気にしながら、
「きょうの売上はいまいちね」と、心のなかで呟いていた。
娘の千代(14、仮名)は、学校帰り。
制服のうえにエプロンをつけて、いつものようにかいがいしく母親の手伝いをしていた。
三角頭巾といっしょにかすかに揺れる黒髪が、子供ばなれしたつややかさに輝いていた。
「人手がふたりも、いらなかったわね」
貴代美は心のなかで、もういちど呟いた。
定期試験は、再来週のはず。
これなら試験勉強でもさせてやればよかった・・・などと思っていると。
不意の来客は黒い影をおおいかぶせるようにして、ショーウィンドー越しに母娘を見つめていた。
もの欲しげな舌なめずりは、母親の視界に入らなかったけれど。
殺気を帯びた雰囲気は、ガラス窓を通してひしひしと伝わってきて、
貴代美は思わず店外に目を向けた。

客人は自分の母親よりもよほど齢のいった老婆だった。
身に帯びたみすぼらしい着物には、ところどころ、赤黒いシミが点々と散っている。
そのシミの正体を貴代美は、ひと目で察していた。
この街は、吸血鬼と同居しているのだった。

「いらっしゃい。ケーキをお求めですか?」
貴代美は通りいっぺんの笑顔を見せて、客人に近づいた。
娘と客人とをへだてるように、わざわざ大まわりをするようにして。
「甘いものは好きだから、ケーキもいいのだけれど」
老婆は思ったよりも上品な声色で母親にこたえ、目はいっしんに、娘のほうへと注がれている。
娘の千代は出来たてのケーキをショーケースに移している最中で、作業に夢中になってこちらを振り向かなかった。
老婆は「イチゴのショートケーキを」と頼むのと同じ気軽な口調で、いった。
「あのお嬢さんの生き血が欲しいわ」

あの・・・あの・・・
貴代美は立ち尽くし、口ごもる。
14年間精魂尽して育ててきた娘だった。
もちろん、彼らが思ったよりも友好的なことは、知っている。
自分の身体で、知っている。
けれども、娘だけはなんとか、そういう体験をさせずに済ませて、いずれは都会の大学にでも進学させようと考えていた。
「お気の毒だけれど」
老婆は貴代美の未練な態度にとどめを刺すように強い口調でいった。
「この街からは逃げれないわ」
思ってよりも意地悪な目つきではないのが、かろうじて救いだった。
けれども老婆の瞳はギラギラと異様に光り、若い女の生き血にしんそこ飢えているのがありありと伝わってくる。
こんな獣じみた欲望のまえに、初心な娘をさらせるものか――貴代美は屹(きっ)と、老婆を睨んだ。
老婆の視線が、ふと和らいだ。
「ごめんなさいね」
間合いをはずされた貴代美が絶句するあいだ、老婆は謡うようによどみなく、呟きをつづけてゆく。

男のひとに吸われるよりも、よくはなくって?
皆さん、処女の生き血は貴重だから、むやみと辱めたりしないけれど。
その点は、しつけが行き届いていますからね。
でもそうはいっても、年頃の娘に男の身体がのしかかるんですよ。
お母さんだって、気が気じゃないでしょう?
その点私ならだいじょうぶ。
あなたの血の味だって、いかほどのものか、知っているし。
だからこうして、訪ねてきているんだし。
あんまり怖くしないから。
千代ちゃん怖がらせたら、可愛そうだものね?
小さいころから、優しい子だったものね?
だから私が本性見せたら、怖がって気絶しちゃうものね?
安心して。
私だって若い子の生き血を口に含んだら、どんな気分になるかわからないけど。
これだけは、約束してあげる。
あの子の生き血を、たんねんに美味しく、味わってあげるから――

老婆の囁きは微妙な周波を伴って、貴代美の鼓膜を圧してゆく。
いけない、術中にはまってしまう・・・そう感じたときにはもう、手遅れだった。
囁きの声は痺れ薬のように鼓膜にしみ込んで脳幹に伝わり、
貴代美の理性のありったけを、麻痺させてしまった。

母親は残された意識を振り絞って、訴える。
「せめて、私が身代わりに――」
「ありがとう」
老婆は貴代美を引き寄せて、首すじを咬んだ。
かすかな疼痛と淡い眩暈が、貴代美を襲った。
お店の床を踏みしめる足許が、ぐらぐらと揺れる。
「でもね」
老婆は貴代美の変化を愉しむように顔を覗き込みながら、いった。
「きょうは、若いお嬢さんじゃないとだめなの」
わかってくれる?老婆の顔には、懇願の色があった。
その場にうずくまった貴代美は、かすかに肯くと、眩暈を振り払うように勢いよく起ちあがった。

「千代ちゃん、こっちに来てぇ」
母親は声を張りあげて、娘を喚(よ)んだ。
「はぁい」
控えめで穏やかないつもの声で、千代は母親の声に振り向いた。
張りのある若やいだ声色に、みずみずしい黒髪。
それに、活きの良い血潮をたっぷりと含んだ、白くて細い首すじ――
貴代美はふと、自分自身も渇きを覚えた。

「こちらのお婆さまがね、喉がからからでいらっしゃるの。
 あなたの生き血を吸いにいらしたの。
 きょうはお店のほうはいいから、ちょっとの間家に戻って、あなたお相手してあげて」
さっきまでの必死の抵抗はどこへやら、貴代美は嬉々として娘にそう言いつけた。
千代の顔色はサッと蒼ざめ、老婆を見た。
みすぼらしく薄汚れた浅黄色の着物は、襟足に点々と赤黒いシミを散らしている。
そのシミの正体をひと目で察した処女は、怯えて立ちすくむ。
「だいじょうぶ。怖くはないの。あなたもしっかり、体験するのよ」
母親の見当はずれな励ましに、娘は健気に肯くと、エプロンをはずして二人の女に背を向ける。
通用口の向こうは、住居になっていた。
そこへ戻って応接する、ということなのだろう。

「こんにちはぁ、ハイ、ショートケーキを4つですね?」
働き盛りのはずんだ声が、店頭から伝わってきた。
いつもの和やかな声に、これからまな娘が血を吸われるという悲壮感は、欠片も感じられない。
「あなた、処女?」
老婆の問いに、大きな瞳がまっすぐに応えた。
「ホホホ。頼もしいわね」
手の甲を軽くあてた口許には、バラ色のしずくが散っている。
さっき吸い取られた母親の血が、老婆の頬を濡らしているのだ。
「お母さんもね、よく識ってるの。だから安心してね」
それで若い娘が安心して首すじを吸わせるのかと疑問に思うようなことを口にしつつ、
老婆はもの欲しげな表情もあらわに、千代に迫ってきた。
「あ・・・あのっ・・・」
切羽詰まった声は、おおいかぶさってくる老婆に圧倒されて、消え入るように震えた。
カサカサに乾き色褪せた唇が、真っ白なハイソックスを履いた千代のふくらはぎに、ねっとりと這わされた。

飢えた牙が素肌を食い破り、深々と埋め込まれるのを感じ、千代は眩暈を起こしてその場に崩れた。
カサカサな唇を濡らす自分の血が、ハイソックスの生地に生温かく、じんわりとしみ込んでゆく。
足元を抑えつけて喉を鳴らす老婆が、ひと口ひと口、丁寧に血を啜り取り、
千代の生き血をそれは美味しそうに味わっているのを、彼女は感じた。

30分後――
カナカナカナ・・・と、秋の虫が虚ろな鳴き声を響かせている。
真っ白なハイソックスを赤黒いシミでしたたかに濡らしたまま、
千代は自分の勉強部屋で大の字になって、白目を剥いて口を半開きにしていた。
意識はかろうじて保っていたが、理性は宙に浮いている。
首すじにも深々と、二本の牙を埋められた痕がくっきりとつけられ、
周りには吸い残された血のりが、チラチラと輝いている。
脚は両方とも、ご丁寧にあちこちと咬まれていたし、
そのあと押し倒されて、首すじを咬まれたのも、おぼろげに憶えている。
ゴクリゴクリと、それは美味しそうに、老婆は彼女の生き血を飲み耽っていった。
なんだか素敵――
思わず頬をほてらせて、相手をしてしまっていた。
その頬のほてりがじょじょに冷めていき、身体の芯が冷たくなってきても、
少女は自分の身に秘めた若い血液を啜り取らせる行為を、やめられなくなっていた。

もっと・・・とせがむ少女をなだめすかして、
「また今度ね」
老婆はそういって、立ち去っていった。
襟足に撥ねた血を、ヌラヌラと光らせたまま。
お婆さまのお着物を、汚してしまってごめんなさい。
いつものように控えめな声で詫びる少女の髪を撫で、老婆はいった。
「そうね。あなたのしたこと、とても無作法だわ。こんどお仕置きをしてあげなくちゃね」
「は・・・ハイ。いつでもお仕置きしてください」
「じゃあ、また今度ね。指切り」
老婆の差し出した枯れ木のような小指に、少女はみずみずしい指をからめてゆく。

指切り げんまん うそついたら 針千本 飲~ます♪

お婆さまが飲むのは、針なんかじゃないわ。
あたしの血を美味しく飲んでくれて、ありがとう――
翳りゆく視界のなか、吸血鬼の影がぼやけてゆく。
少女の理性は、昏く堕ちていった。


あとがき
女吸血鬼のリクエストを受けたせいか、女吸血鬼が描けてしまいました。 (^^ゞ
もっと短くまとめるつもりだったのですが、
最近になく情景の細部までもが脳裏に浮かんできまして、収拾がつかなくなったのでした。(笑)

柏木のところに出没する女吸血鬼は、多くの場合みすぼらしい老婆なんですよ。
このお話では比較的上品ですが、ふだんは下品で卑猥で、アブないやつなのです。 ^^;
前の記事
タウン情報 町営のスポーツ施設、服装規定を大幅に改訂。
次の記事
見返り。

コメント

最高です!

処女の血を老婆が吸うのは本当に良いです!!

時々老婆と若い女の子が話をしていたり、女の子を見つめている老婆を見ると血が吸いたいのかな?

とか思ってしまいます。(笑)

指切りの約束が果たされるのを心待ちにしています!
by -
URL
2017-01-24 火 09:30:14
編集
いやはや、敬愛する柏木さんに斯様な素晴らしい作品を書いていただけるとは…ありがとうございます。
by ghosx
URL
2017-01-24 火 19:11:06
編集
匿名さま
ご返事が遅れましてすみません。

最大級の賛辞、ありがとうございます。
ケーキ屋さん母娘にとっては惨事?だったかもしれませんが、
どうやら八方丸く収まっているようですな。
^^;

血を吸う側と吸われる側がやり取りをするのは、私のなかではかなりツボなのです。
お互いわかり合いながら、異形の快楽に身を浸していく ということで。

このお話はこれで完結のつもりですが、
気が向いたら「指切り以後」を描くかもしれませぬ。
期待しないで、お待ちください。(笑)
by 柏木
URL
2017-01-28 土 10:05:38
編集
ghosxさま
ご返事が遅れましてすみません。

ghosxさまのお名前の由来が、いまだにわかっておらぬ柏木です。
^^;

「敬愛する」なんていわれると、照れますな。
(^^ゞ
これからも、どしどしコメントをお寄せくださることを願っています。
・・・その前に・・・描かなきゃ。(苦笑)
by 柏木
URL
2017-01-28 土 10:07:42
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3389-b539acdb