FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

家族ぐるみの濃い関係。 ~同級生が母さんを そのパパが妹を~

2017年02月21日(Tue) 07:15:29

同級生のナオヤくんに血を吸われ始めて半月経った頃。
きみの家に招(よ)んでとせがまれて。
家に着く前に僕のハイソックスを血だらけにしてしまったナオヤくんは、
びっくりして立ちすくむ母さんの首すじに腕を巻きつけて、咬みついていた。
その場で尻もちをついた母さんは、
ナオヤくんに脚を咬まれて、穿いていた肌色のストッキングを咬み破られていった。

ハイソックス、いっぱい買い置きしとこうね。
母さんは自分のことをモノにしちゃったナオヤくんのほうはわざと見ないで、
僕にそんなふうに告げることで、明日からの服従を誓ったのだった。

きみの母さんを、ウチのパパに逢わせたいんだ。
ナオヤくんにせがまれるまま、僕は父さんが出張に行く予定を彼に伝えて、
妹が寝入ったころを見計らって、
僕たち母子はナオヤくんとお父さんのナオジさんとを、家に招いてあげていた。
子供は視ないほうがいいよ。
ナオヤくんに諭されるまま、夫婦の寝室に引きずり込まれた母さんのことは気にしないで、
僕は新調したばかりのライン入りのハイソックスを履いた脚を、ナオヤくんに咬ませてあげていた。

ナオジさんは、ロリコンだった。
母さんのことをモノにしただけでは満足せずに、僕の妹にまで、目をつけていた。
まだ中学にあがるまえなのに。
妹の奈緒美のことを小父さんに目をつけられてしまったことが、なぜか楽しくて。
僕は父さんのいない日を、ナオヤくんにまたも教えてしまっていた。
べそを掻きながら血を吸われた奈緒美をなだめるために、
小父さんはお祝いのケーキを用意してくれていて。
機嫌を直してケーキにぱくついた奈緒美の履いているハイソックスに、もういちど舌を這わせていった。

奈緒美が小父さんにお嫁入りしたのは、それからたった三日後のことだった。

子供は視ないほうがいいよ。
母さんのときにはそういって僕のことを遮ったナオヤくんは。
その日は自分のパパが奈緒美の穿いているよそ行きのスカートをめくりあげるのを、
息をつめて見つめていた。
パパとの昔からの約束。
ボクがお嫁さんをもらうときには、先に抱かせるってことになっているから。
そういってナオヤくんは、奈緒美に対して責任を取ると告げてくれた。

十数年の刻がすぎた。
母さんとナオジさんとの仲は、意外にも父さんがすんなりと認めてくれて。
そういう楽しい会には、父さんのことも呼びなさい、って言われて。
ナオヤくん親子に心からの奉仕をする母さんのことを、
僕たち父子はふすまのすき間から、息をつめて見守る日常がやってきていた。
僕の結婚が決まったとき。
わがことのように悦んでくれたのは、ナオヤくんだった。
僕が結婚するときには、先にやらせてあげるって、約束をしていたから。

奈緒美のときに・・・もっと楽しめればよかったんだね。
ナオヤくんは僕と2人きりのとき、こっそりとそう呟いた。
まだあのころは幼かったから、パパが奈緒美を犯すのが、ちょっと以上に悔しかったんだ。
僕もナオヤくんに、告げていた。
もうすっかり大人だけど、きみが晴美さんを犯すのは、ちょっと以上に悔しいんだぜ。

首すじから血をしたたらせ、息せき切って。
はだけたブラウスのすき間から、切れたブラジャーの吊り紐と、初々しく輝くピンク色の乳首を覗かせながら。
晴美さんは僕の目の前で、ナオヤくんに犯されていった。
僕たち新婚夫婦が、吸血鬼の親子に服従を誓う、記念すべき夜だった。
自分のお嫁さんの純潔を、パパに譲ってしまったナオヤくん。
こんどは僕の花嫁から、純潔をむしり取っていくんだね。
処女をゲットするのは、楽しいかい?
相手が幼なじみの花嫁だと、さらに格別だっていうんだろう?
でも僕は、きみに彼女の純潔を捧げるのが、たまらなく慶ばしい気分なんだ。
わかってくれるかな?
でも、半分はわかっているよね?
奈緒美がきみのパパに犯された夜。
きみだって、あそこを力いっぱい、逆立てていたんだから。
前の記事
ホテルに消えてゆく、婚約者の後ろ姿。
次の記事
ハイソックスのころ。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3411-64eabe90