FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

「りくつ子」。

2017年03月08日(Wed) 07:16:29

りく子という名前を「りくつ子」と陰口たたかれるほど、その子は理屈っぽい子だった。
万年学級委員の優等生。
どこのクラスにも、必ず一人はいる女子生徒。
グレーのブレザーの制服が、ほかの子の着ている制服とはべつの生地でできているのかと思うくらい、
そのたたずまいはいつもモッサリとしていて、齢不相応な分別くささを漂わせていた。
黒ぶちメガネの奥の瞳は深い輝きを秘めていて、
左右にくっきりとわけたおさげの黒髪は、年ごろの少女らしいつややかな輝きを帯びていたけれど、
そんなことすら、周囲のものの目には留まらなかった。

学校が吸血鬼に占領されて、クラスの女子が1人ずつ、咬まれていったときも。
りく子の番は、なかなか回ってこなかった。
そのりく子に目を留めたのは、吸血鬼のなかでも頭だった、50年配の男。
りく子の両親よりも年上だった。
担任の女教師はもちろん、校長夫人さえモノにしたとうわさされた彼は、
放課後そそくさと下校しようとした彼女を、あえて教室に引き留めていた。
授業の終わったあとの教室は毎日、血を吸い取られる女子生徒のうめき声に満たされていて、
さながら吸血鬼のためのハーレムと化していた。
そんな光景を、堅物のりく子が目にしたがらないのも、当然といえば当然のなり行きだったが、
男はそんなりく子のわがままを、決して許そうとはしなかった。

クラスメイトたちが教室の床に組み敷かれて、
制服のスカートのすそを乱しながら首すじを咬まれてゆく光景に、
決して視線を向けまいとかたくなに目を背けながら、
彼女もまた、白い首すじを咬まれていった。

りく子が「りくつ子」なのは、じつは照れ隠しだったのだと、クラスのみんなが知ったのは、その日以後のことだった。

休みの日に出かける時さえ制服を着ているという彼女は、
週末になると咬まれる以前と同じように制服姿で外出をして――行き先はいつもの図書館や美術館ではなくて、男の邸だった。
男が制服姿の少女を好むと知って、やはり外出は制服で通した彼女。
分別くさいしかめ面をかたくなに崩そうとはせずに、
「あたしのは慈善事業だから」
そういってはばからなかったという。

しかめ面のまま、男の邸を訪れ、
吸血行為が終わると礼儀正しく一礼して、来た時のまんまのしかめ面で黙々と辞去していく彼女。
そんなかたくなな態度を咎めもせずに、男は三日にいちどはりく子を呼び寄せたし、
りく子も唯々諾々と、呼び出しに応じていった。

結婚前に男に肌身を許すなど、想像さえしたことのなかった彼女が、
なぜかクラスでの処女喪失第一号の栄誉に輝いたとき、みんながびっくりしたけれど。
自分の秘密がクラスじゅうに知れ渡ったと気配で察した彼女はやはり、言い放っていた。
「だって、慈善事業だから」
前の記事
吸血鬼の棲む街☆コミュニティ情報 ~夫人の生き血を吸わせた学校教諭
次の記事
共感。

コメント

お久しぶりです
このストーリーを読ませて頂いて、かって見た緊縛Avを思い出しました。縄の魅力に捕われた未亡人が、男の所に通って縛られて‥‥‥というストーリーだったと思います。
3月8日は「ミツバチ」の日だそうですね。花の中に頭を突っ込んで、蜜を吸うミツバチも、あるいは吸血鬼の血を引いているのかもと、らちも無い想像をしています。
祥子さんのサイトのコメ、いつも柏木さんと私だけですね。祥子さんもお忙しそうで、ショートショートだけですが、それがきらりと光っていることに、常々感心しています。だらだらと長いだけの私の物語とは、文章の力量が違うのでしょう。
また、だらだらと駄文になってしまい、失礼しました。
by masterblue
URL
2017-03-08 水 20:16:43
編集
> masterblueさま
おひさしぶりです。

いまとなっては死語となりましたが、「むっつり助平」と
いまでいう「ツンデレ」とは、もしかすると近い人種なのかもしれないなあと思うこのごろです。

こういう気の強い潔癖な女性は好みとするところですが、
同時にむしょうに大事にしたくなるキャラでもありまして、プライドのかけらもないほどずたずたになるほど責め抜くということのできない私です。

未亡人と縄 というのは、SMの世界でのひとつのテーマですが、たしかに吸血ものとかぶる部分は多々ありそうですね。

ちょっと体調を崩しており、レスが遅れました。
立て込んだ仕事も重なり、ひさびさにPCをあけたら長文のレスをいただいており、感謝感激です。
私も長話がしたくなって、ついだらだらとレスしてしまいました。
こうご容赦。

季節の変わり目、masterblueさまも、どうぞご自愛くださいませ。
by 柏木
URL
2017-03-16 木 05:06:45
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3424-0fb7811f