FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

父さんから

2017年05月12日(Fri) 07:44:35

ヨシ坊へ

父さんと母さんはきのう、吸血鬼に血を吸わせてあげたんだ。
相手は、いつもヨシ坊の血を吸ってくれている小父さんだよ。
ヨシ坊の血を気に入ったからこれからも末永くお付き合いしたいって、ご挨拶に見えられたんだよ。
ヨシ坊のときもいつもそうだと言ってたけれど、仲良くお話をしながら2人で咬まれました。

さいしょに父さんが咬まれたんだよ。
母さんはちょっと怖がっていたから、お手本をみせてあげようと思ったからね。
ちょっとめまいがしたけれど、気持ちよくゴクゴクと飲んでもらったよ。
そのあと母さんのことを咬んだんだ。
さいしょのうちは母さんもちょっと顔をしかめていたけれど、すぐに仲良くなったからね。
ヨシ坊が父さんと母さんにナイショで咬んでもらったことも、もう叱られることはないからね。

それから、だいじなことなんだけど。
吸血鬼の小父さんは、女の人を咬んじゃうとき、エッチなことをするんだ。
でもね、母さんの相手をした小父さんは、女の人をあやすのがとっても上手で、母さんもすぐに打ち解けていたよ。
それで母さんも小父さんのことが気に入って、これからもお付き合いをしたいって言ったんだ。
嬉しいことに、小父さんも母さんのことが気に入って、時々でいいから片目をつぶってほしいってお願いされたんだ。
父さんはこころよく、OKしたからね。

本当は、男の人にとって、自分のお嫁さんが他の男の人と付き合うのって、あまり名誉なことじゃないんだ。
でも、小父さんが母さんのことをおもちゃにしたわけじゃなくって、本気で好きになっちゃったって、父さんにはすぐにわかったから、
ヨシ坊や父さんとの時間を、母さんも小父さんも大切にするって2人とも約束してくれたから、安心していいからね。
きっと小父さんも母さんも、約束を守ると思うよ。夫婦だから、よくわかるんだ。


だから母さんがおめかしをして小父さんのところに出かけていく時に、さわいだり冷やかしたりしては、いけないよ。
2人で母さんの恋を、しっかり見守ってあげようね。
前の記事
母さんから
次の記事
気丈な姑 10  ~偽装される日常 解放される週末~

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3461-c3a75849