FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

博愛。2

2017年05月26日(Fri) 07:54:40

血を抜き取られた若い身体と心とは、心地よい空っぽ状態。
タカシは床に尻もちを突いたまま、窓の向こうの青空を見あげる。
背後のドアの向こうで行われている行為から、ひたすら注意をそらすために。

かな子と2人連れだってやって来た、吸血鬼の館。
クラスの男女が1人ずつ、当番で行われる献血行為は、すでになん回になったことだろう?
「博愛の献血行為、なんですよね?」
両家の育ちで人の汚れなどこれっぽっちも意識にないらしい連れの少女は、
制服姿の肩を並べてここを訪れるたび、確かめるように彼に訊いた。
温かな人柄をたたえた柔らかなまなざしがひどく眩しくて、少年はそのたびごとに無口になる。

彼女とつきあうようになったのは、この訪問がきっかけだった。
もしかすると感謝をしなければいけない相手だったが、
さっきまでタカシの血をしつように吸い取った吸血鬼に対して、少年は複雑な思いを抱いている。
たんなる栄養摂取にしては、男が少女の素肌に執着するようすは、明らかに不自然だったから。

それでも少女は博愛の行為をやめようとはしなかった。
男のあらぬ想いを薄々察しながらも、賢明にもそれに気づかないふりをして、応接をくり返す。
連れの少年が心に秘めた複雑な思いに対しても、きっと同じように察しながらも、気づかないふりをしているのだろう。
ドアの向こうで、制服姿を凌辱されている少女はそれでも、礼節を尽くして男と接し続けているに違いない。

男とふたりだけのとき、彼は少年に囁いた。
――身をもってわしのことを救ってくださるのじゃ。あのひとの名誉はなんとしても、わしが守る。
同じように。
僕は彼女の名誉を守ることができるのだろうか?
タカシがそんな想いを胸にふたたび青空に目をやったとき、
あぁ・・・
少女が不覚にも洩らした声が、ドアの向こうから洩れてきた。
前の記事
今月は。
次の記事
博愛。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3476-c27d9aaa