FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

まな娘の吸血。 2

2017年06月06日(Tue) 04:34:53

娘さんに、お手本を見せたいのぢゃろう?
うろたえる美香を相手に、吸血鬼は余裕たっぷりだった。
美香を抱きかかえた腕はそのまま彼女の胸に伸びて、
さりげないまさぐりを、さっきからくり返している。
男が30代の人妻の生き血以外のものまで欲していることが、
居合わせたカツヤの目にも、露骨に伝わった。

「奥さんと仲良くさせていただく。よろしいね?」
男の問いにカツヤが目を背けると、
「いや失礼、野暮な問いでした」
と、意外にさっぱりと矛を収めた。
だが、美香の理性に対する挑発については、男はさっぱりとしてはいなかった。
ひどくネチネチとして、とにかくしつっこかった。
はだけたブラウス越しに。
たくし上げられたタイトスカートの奥に。
巧みなまさぐりを揉み込まれて。
美香はさっきから不覚にも、ちいさな声をあげつづけている。

吸いつけられた唇の裏側に隠れた牙が、美香の穿いているストッキングを咬み破るのを目の当たりにしながら。
「きっと楽しいんだろうね。すぐ破けるしね」
真理はしらっとした目をして、母親の受難を見つめつづけていた。
「ママの穿いているストッキング、あのひと最初から狙っていたんだね」
少女の目線は冷静で、しかも的確だった。
「あたしのハイソックスよりも、おいしいのかな」
そう呟いたときだけは、ちょっと不満そうに、唇をすぼめて自分の足許に目を落とす。
「そんなことはないよ――そこは別腹だって、あいつが言っていた」
「ふうん・・・やっぱりいやらしいんだ」
冷ややかな目線の持ち主になった少女は、言葉づかいさえ大人になっている。

「ストッキング穿くような大人になるまで・・・がんばるんだぞ」
いったいなんをがんばれというのだろう?自問するカツヤに、少女はいった。
「ウン。お父さん、真理がんばるよ。がんばって大人になって――あたしママみたいに不倫するから」
どきりとしてわが娘をふり返るカツヤに、少女はフフッと笑ってみせた。
傍らで犯され、不倫の愉しみに耽っている母親のことなど、眼中にないといわんばかりに。
前の記事
”お見合い”に隠された真の意義について
次の記事
ご感想は・・・?

コメント

制作工房
今朝の時点では、このお話はここまでの描きかけでした。
未明に前作をあっぷした段階で、見切りをつけたつもりだったのですが。
その後少女が異様な変貌を遂げ、上記の作品になりました。
制作途中の描きかけをさらすのは邪道ですが、
ちょっと面白かったので追記です。

――以下制作途中――

娘さんに、お手本を見せたいのぢゃろう?
うろたえる美香を相手に、吸血鬼は余裕たっぷりだった。
美香を抱きかかえた腕はそのまま彼女の胸に伸びて、
さりげないまさぐりを、さっきからくり返している。
男が30代の人妻の生き血以外のものも欲していることが、
居合わせたカツヤの目にも、露骨に伝わった。

「奥さんと仲良くさせていただく。よろしいか」
男の問いにカツヤが目を背けると、
「いや失礼、野暮な問いでした」と、意外にさっぱりと矛を収めた。
だが、美香の理性に対する挑発については、男はさっぱりとしてはいなかった。
はだけたブラウス越しに。
たくし上げられたタイトスカートの奥に。
巧みなまさぐりを揉み込まれて。
美香はさっきから不覚にも、ちいさな声をあげつづけている。

「きっと楽しいんだろうね。すぐ破けるしね」
真理はしらっとした目をして、母親の受難を見つめつづけていた。
「ママの穿いているストッキング、あのひと最初から狙っていたんだね」
少女の目線は冷静で、しかも的確だった。
by 柏木
URL
2017-06-06 火 04:43:35
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3486-467cabf7