FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

少年のハイソックス、お母さんのストッキング、ご主人のビジネスソックス・・・

2017年09月15日(Fri) 06:22:42

あッ、何すんだよッ!?
尾上タツヤはあわてて身をすくめたが、
学校帰りの路上に立ちはだかった吸血鬼の欲望を抑えることはできなかった。
ああああああッ・・・
必死の叫び声もむなしく、タツヤはたちまち地面に抑えつけられて、首すじを咬まれてゆく。
ちゅうっ・・・ちゅうっ・・・ちゅうっ・・・
ひとをこばかにしたような吸血の音とともに、少年の体内をめぐる若い血液は
吸血鬼の渇いた喉をぞんぶんにうるおし、むさぼり取られる。
顔をあげた男の頬には、吸い取った血しおがテラテラと光った。
そして我が意を得たようににんまりとほくそ笑むと、
うつぶせに倒れた少年の足許ににじり寄って、
こんどはハイソックスを履いたふくらはぎに牙を埋め込んでいった。
タツヤの足許をぴっちりと引き締める真っ白なハイソックスのリブ編みの生地に、
赤黒いシミがじわじわと拡がっていった。

きみの血が気に入ったのだから、なん度も吸いたくなるのは当然だろう・・・?
吸血鬼の無茶苦茶な論法に、それでもタツヤは黙って頷き、
今後は彼に咬み破らせるために毎日ハイソックスを履いて登校すると約束した。
母さんにはくれぐれも、内緒だからね。
そんなふうに囁く少年の頬は、いつか淫靡な昂ぶりに輝きを帯びていた。

タツヤが毎日好んでハイソックスを脚に通して吸血鬼に逢いに行き、
発育のよいふくらはぎを惜しげもなくさらして、
真新しいハイソックスを気前よく咬み破らせるようになったのは、
それから数日経ってからのことだった。


あッ、何をなさるんですッ!?
タツヤの母、尾上美緒は怯えて縮みあがったが、
息子の手引きで自宅にあがり込んできた吸血鬼の欲望を抑えることはできなかった。
ああああああッ・・・
必死の叫び声もむなしく、美緒はたちまちたたみの上に抑えつけられて、首すじを咬まれてゆく。
ちゅうっ・・・ちゅうっ・・・ちゅうっ・・・
ひとをこばかにしたような吸血の音とともに、人妻の体内をめぐる熟れた血液は
吸血鬼の渇いた喉をぞんぶんにうるおし、むさぼり取られる。
顔をあげた男の頬には、吸い取った血しおがテラテラと光った。
そして我が意を得たようににんまりとほくそ笑むと、
うつぶせに倒れた主婦の足許ににじり寄って、
こんどはストッキングを履いたふくらはぎに牙を埋め込んでいった。
美緒の足許をなまめかしく染める肌色のストッキングの生地に、
妖しい裂け目がじわじわと拡がっていった。

息子さんの血が気に入ったのだから、お母さんの血が気になるのは当然だろう・・・?
吸血鬼の無茶苦茶な論法に、それでも美緒は黙って頷き、
今後は息子が彼に咬み破らせるためのハイソックスの買い置きをしておくと約束した。
あんたの穿くストッキングの買い置きのほうも、忘れずにな。
そんなことまで囁かれても、羞ずかしそうに俯き、頷くだけだった。
お父さんにはくれぐれも、内緒にしてくださいね。
そんなふうに囁く母親の頬は、いつか淫らな娼婦の輝きを帯びていた。

美緒が毎日好んでストッキングを脚に通して吸血鬼に逢いに行き、
肉づきたっぷりなふくらはぎを惜しげもなくさらして、
真新しいストッキングを気前よく咬み破らせるようになったのは、
それから数日経ってからのことだった。


うッ、何をするッ!?
美緒の夫、尾上志郎はうろたえて立ちすくんだが、
勤め帰りの自宅で妻の上におおいかぶさる吸血鬼の欲望を抑えることはできなかった。
ああああああッ・・・
随喜のうめき声をあげながら生き血を吸い取られてゆく、最愛の妻――
しかしそんな光景から志郎は目を離せなくなっていた。
恥を忘れた美緒が自分からスカートのすそを乱して、
吸血鬼の逞しい腰つきが股間に侵入するのを受け容れてしまうありさまを目の当たりにして、
マゾヒスティックな歓びに目ざめてしまったのだ。
ちゅうっ・・・ちゅうっ・・・ちゅうっ・・・
ひとをこばかにしたような吸血の音とともに、妻が生き血を吸い取られたあと。
志郎もまた、自分から組み敷かれていって、首すじを咬ませてしまっていた。
ちゅうっ・・・ちゅうっ・・・ちゅうっ・・・
ひとをこばかにしたような吸血の音とともに、働き盛りの四十代の血液が
吸血鬼の渇いた喉をぞんぶんにうるおし、むさぼり取られる。
顔をあげた男の頬には、吸い取った血しおがテラテラと光る。
そして我が意を得たようににんまりとほくそ笑むと、
スラックスのすそを自分から引きあげてゆく志郎の足許ににじり寄って、
こんどはハイソックスを履いたふくらはぎに牙を埋め込んでいった。
くるぶしの透けた薄地のナイロン生地に、エロチックな裂け目がじわじわと拡がっていった。

奥さんや息子の血が気に入ったのだから、あんたのことが気になるのは当然だろう・・・?
吸血鬼の無茶苦茶な論法に、それでも志郎は黙って頷き、
今後は彼に咬み破らせるために毎日長めのビジネスソックスを履くと約束した。
奥さんのストッキングや息子のハイソックス代、しっかり稼いでくれよ。
そんなことまで囁かれても、困ったように俯き、頷くだけだった。
妻と息子のことを、よろしくお願いしますね。
そんなふうに囁く父親の頬は、いつか少年のようなイタズラっぽい好奇心を、恥を忘れてあらわにしていた。

志郎が妻の不倫や息子の火遊びを愉しげに黙認して、
自身もストッキングのように薄いビジネスソックスに包んだふくらはぎを差し伸べて、
潔く吸血鬼の凌辱にゆだねるようになったのは、
それから数日経ってからのことだった。

吸血鬼の支配を許し受け容れた父、母、息子の血潮は吸血鬼の体内で入り混じって渦を巻き、
欲情に満ちた彼の牙を今夜も淫靡に染めるのだった。



あとがき
少年が、人妻が、その夫までもが。
三人三様に、そしてまったく同じような経緯で餌食になってゆく――
そんなお話を、ちょっと童話調に描いてみたくなりました。

息子と2人して夫に内緒で血を吸わせる妻の行為は、
どことなく不倫や母子相姦を連想させますし、
妻子の生き血を吸い取られるのを許したうえで自身の生き血まで提供してしまう夫の行為は、
どことなく同性愛の要素をはらんでいるような気がしています。
前の記事
思い出。
次の記事
人妻を口説く。

コメント

やっぱ柏木さんのこの文章の感じ、好きです、やはり多彩な技法をお持ちなようで
3人の体、ソックス、いろいろ違いはあるけれどやはり家族、本質は似ているものですね
たとえ吸われるときはバラバラでも吸われた後の血は家族一緒、つながりです

ソックス、ストッキングを家族で交換して吸われるのとかいいかなって考えたりします
by ナッシュ・ド・レー
URL
2017-09-17 日 22:07:04
編集
ナッシュ・ド・レーさん
同じ家族だから、同じ行動パターンで、
ちょっとずつ愚か、それでいてお人好し。
そんな一家だから、生き血も淫らなうま味をたたえているのでしょうか。

ソックス、ストッキングを家族で交換。
このねたは、かなりそそられますね。
ナッシュさんなら、どういう組み合わせでお描きになりたいですか?
by 柏木
URL
2017-09-20 水 02:12:41
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3527-44e90a26