FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

靴下交換

2017年09月20日(Wed) 07:56:34

はじめに
前々作「少年のハイソックス、お母さんのストッキング、ご主人のビジネスソックス・・・」のコメントで、
ナッシュ・ド・レーさんに、ソックス、ストッキングを交換して家族で吸われるストーリーを提案されました。
ちょっとドキドキしたので、発作的にあっぷしてみました。



父さんが通勤のときに履いている紺のハイソックス、
ふつうのおじさんが履いているやつよりずっと薄くて、ストッキングみたいなんだね。
脛が透けててちょっと恥ずかしいし、
肌触りがジワリと素肌にしみ込んで、ちょっといやらしい気分になりそう――

息子のタツヤが半ズボンの下、吸血鬼に見せびらかした足許には、
父親の志郎がいつも履いている、通勤用の薄手のハイソックス。
薄っすらとした光沢を帯びた薄手のナイロン生地が、
紳士用とは思えないくらいなまめかしく、少年のふくらはぎを妖しく染めている。

さぁ、咬んでよ。父さんにしているときみたいにさ。
しつこくいたぶっても、いいからね。
きょうは父さんの代わりに、イヤらしいハイソックスを履いて相手をしてあげる。
タツヤがそれらしく、ちょっとだけぎこちなく脚をくねらすと。
吸血鬼は目の色をかえて、若さを帯びたふくらはぎにとりついていった。
ククククククッ・・・
吸血鬼はたちまち少年の身体の自由を奪うと、みずみずしい下肢に辱めを加えてゆく。
薄手のナイロン生地のうえから、にゅるッとなすりつけられる恥知らずな唇が、
いつも以上にいやらしい。
物陰からいちぶしじゅうを窺っていた志郎は、
息子が吸血鬼を相手に娼婦のように振る舞って、
自分の愛用している靴下を凌辱させる様子に、不覚にも昂ぶりを抑えきれなくなっていた。


いつも息子が貴男に咬み破らせている白のハイソックス、
あたしもためしに、履いてみたの。
白なんて、学生のころに履いて以来だわ。
だから、古い制服を出して、着てみたの。
おばさんが女子学生のかっこをしても、はじまらないかしら?

大人の女性が女子高生の制服を着ると、
現役生とはちがった趣に、つい視線を惹きつけられる――
夫の志郎は、視られているとも知らずに吸血鬼との密会を遂げようとする妻の姿に嫉妬した。

なんだか不思議だなあ。少女のころに戻ったみたい。
妻の美緒は、自分でしかけた演出に自分で昂奮しながら、
モデルさんみたいにくるくると回って見せた。
美緒の動きに合わせて起ちあがった吸血鬼の猿臂が、まるでムチのように美緒の身体に巻きついて、
しっかりと羽交い絞めにして、抱きすくめてゆく。
あッ!制服汚れちゃうわっ。首すじ吸うのは止しにしてッ!
あたしまだ、お嫁入りまえなのよッ!!
美緒はすっかり少女になり切って、吸血鬼に襲われる乙女を演じつづける。
ククククククッ・・・
吸血鬼はにわか作りの人妻女子高生に露骨に発情して、
豊かな首すじに牙を突き立て、真っ白なブラウスにバラ色のしずくをほとばせ始めた。
ああ――ッ!
初めて襲われたとき、まだ正気だった妻は冥界に引きずり込まれるのを忌むようにして、おなじ悲鳴をあげたはずだが、
あざやかに朱を刷いた小づくりな唇から洩れるうめき声には、もっと甘美で淫らなものが混ざり込んでいた。

生き血を吸い取られて貧血を起こし、半ば意識を奪われて、じゅうたんの上に転がる――
いつもと同じ経緯で、美緒は堕ちてゆく。
うひひひひひっ。
恥知らずな唇が、白のハイソックスを履いた美緒のふくらはぎに吸いついて、
しなやかなナイロン生地に浮いたまっすぐなリブ編みをねじ曲げながら、
グニュグニュとうごめきつづける。
その唇の下、白一色の生地が赤黒いシミを拡げてゆくのに、ものの一分とかからなかったはず。
息子と妻と、ふたりながら同時に辱められる想いを、志郎は屈辱としてではなく、陶酔として受け止めはじめていた。

妻が完全に気絶してしまうと、こんどは志郎の番だった。
・・・済んだの・・・?
思わず女声になっているのは――彼自身がまとっている衣装のもつ魔力のせい。
いつも美緒がPTAのときに着ていくので見慣れている、深緑のスーツ。
首もとをふた重に取り巻く、真珠のネックレス。
淡い光沢を帯びた肌色のストッキングは、
「きっとあなたが気に入るだろうから」と、
美緒が特別に貸してくれた、それこそ結婚式のときにしか脚に通さないような華やいだもの。
そのストッキングの足許に、妻と息子の生き血に濡れた唇が、無作法に吸いつけられてゆくのを、
美緒になり切った志郎は、
「いや・・・っ・・・」
と、女になり切った声色で拒んだ。

無力な抵抗は相手の劣情を逆なでするものだと、
女になり切ることで芽ばえた本能が、初めて教えてくれた。
志郎は心の底の声に教えられるままに、
無器用に脚をくねらせて、妻の情夫が執拗に吸いつけてくる唇に、応えつづける。
さっき息子が、志郎の愛用のハイソックスを履いて、吸血鬼をもてなしたのと同じように。

女の衣装が似合うとか、似合わないとか、そんなことはもう、念頭になかった。
その身に寄り添ってくる女の衣装がもたらす奥ゆかしい支配力が、
彼の意思を麻痺させ、彼を女に変えてゆく。

おまえはもう、わしのものだ――男はいった。
ハイ、わたしはもう、あなたのもの。主人のことは裏切るだけ――女はいった。
それを物陰から、証人のように見届けながら、
妻が凌辱され征服されてゆく光景に、さいごまで見入っていた。
妻が奴隷に堕ちたときのシーンの再現なのだと自覚した志郎は、
あのときの美緒のように振る舞ってゆく。

おまえはもう、わしのものだ――男が囁いてくる。あのとき妻にそうしたように。
エエ、わたしはもう、あなたのもの。妻の裏切りが嬉しいです――女になった志郎は囁き返す。
ふとかたわらをみると、意識を取り戻した妻がじいっと、こちらを視ている。
まるで家族の淪落を見届ける証人のような目で。
志郎が頷くと、美緒も頷き返してくる。
視線を相手の男に移した志郎は、媚びを含んだ上目遣いで妻の情夫を見あげ、いった。
いっぱい、辱めてくださいね。
初めての密会のとき、妻は確かにそういったはず――
志郎の履いている光沢ストッキングは、太もも丈だった。
――パンストと違って、穿いたままできるのよ。
あのとき妻がいつかそういっていたのを、
パッケージを切っていないストッキングを手渡されるときに思い出した。
すその短めなスーツのすそがめくれあがって、あらわになった太ももを隠そうともせずに、
太ももの奥を帯のように区切るストッキングのゴムまであらわにして、
志郎は妻の情夫を自らの股間に受け容れた。

初めて体験する激しい吶喊に、さすがにしんけんなうめき声を洩らしながら、志郎は思った。
こんなに硬い、こんなに剛(つよ)いモノを刺し込まれたら、だれだって狂う・・・と。
夫のしんそこの堕落を証人のように見つめる妻の目線が、かえって小気味よかった。
きみが犯されるのを昂奮しながら視つづけたぼくのまなざしも、
きみはこんなふうに小気味よく受け止めていたのか・・・
しつようにくり返される交歓は、熱を帯び、男女の別を越えて、志郎を狂わせた。
すごい・・・すごい・・・凄いッ!
志郎は少女のように、妻と自分と(そしてたぶん息子も)を狂わせた一物に、いつか夢中で称賛を口にしていた。
恥かしいとも、悔しいとも、惨めだとも感じない。
むしろ妻が堕ちたことに共感し、
妻を辱められたことに誇りを覚え、
息子を教え込まれてしまったことにまで歓びと受け止めて、
家族ぐるみの奉仕を誓いつづけてしまうのだった。
前の記事
靴下交換  ~第二夜~
次の記事
思い出。

コメント

わぁい!かなえてもらった!

他の人のを履くことでともに犯される感覚
そしてその人の気持ちを理解する
こうして人々は絆を深める
すばらしいものです


by ナッシュ・ド・レー
URL
2017-09-24 日 00:53:32
編集
ナッシュ・ド・レーさま
第二作もご用意しました。^^
共に犯される感覚。
コチラのコメを拝見する前に描いたのではありますが、
自分の靴下をまといながら犯されてゆく妻を目の当たりにした夫が、
つい先日自分自身が妻の服を着て吸血鬼に犯されたのを回想するシーンは、これに近いシチュかもしれません。

息子のハイソックスを妻が履き、
妻の服を夫が着る


夫のハイソックスを妻が履き、
息子のハイソックスを夫が履く

どちらのほうがセクシー・・・もといイヤらしく感じるでしょうか?
by 柏木
URL
2017-09-24 日 09:27:44
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3529-0ad0dfa8