FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

少女たちは、ソックスを濡らして家路をたどる

2017年10月14日(Sat) 08:19:08

放課後の空き教室で、貧血を起こしてへたり込んだ優奈は、
吸血鬼に抱きすくめられて泣きべそをかきながら、生き血を吸い取られていった。
咬まれつづけた首すじには、いくつもの咬み痕が、セミロングの黒髪に見え隠れしながら、赤い斑点を濡らしていた。
クラスメイトの澪に、話があると誘い出された教室で。
襲いかかってきた吸血鬼に、あろうことか澪は手助けをして、
じたばた暴れる両腕を抑えられ、どうすることもできずに首すじを咬まれていた。

ひどい、ひどいよ澪ったら・・・っ!
抗議の叫びも空しく、優奈の血はゴクゴクと喉を鳴らして飲みこまれていって、
視界を薄れさせた優奈はひざの力が抜けて、身体のバランスを失った。

「この教室でおひざを突いちゃうとね、罰ゲームが待ってるの。
 どんな罰ゲームか、知りたい?
 訊きたくなくても教えてあげるね。
 脚をね、咬まれるの。ハイソックスを履いたまま。
 いやらしく、ねちっこく咬まれて、
 ハイソックスに血とよだれがたっぷりしみ込むまで、くり返されちゃうの。
 あたしも昨日、やられちゃったの。
 優奈も、仲間になろっ☆」

耳もとに唇を近寄せて囁きかける澪の声色は、しっとりと、ネチネチと、優奈の鼓膜に突き刺さってきた。
――あなたが汚され辱められてゆくのを視ているのが、あたしとっても愉しいの。
小憎らしく笑う白い顔に、ありありとそう描いてあった。

「うぅぅ・・・たまらない!あたしも咬まれたくなっちゃった」
意識が朦朧となった優奈の前、
澪は大胆に髪の毛を自分で掻きのけて、赤黒く爛(ただ)れた咬み痕を吸血鬼の目の前にさらしてゆく。
吸血鬼は澪を抱きすくめて、優奈に襲いかかった時と同じように、がぶりと食いついた。
欲情もあらわな食いつきぶりに、優奈は悲鳴を忘れ、澪は随喜の声をあげる。
ぐちゅっ・・・ぐちゅっ・・・
生々しい吸血の音が、男の口許からあふれた。

「見て見て。お手本だよ。優奈もこんなふうに、脚を咬まれちゃうんだよ」
澪は嬉しそうに優奈に笑みかけると、弛んでずり落ちたハイソックスをぴっちりと引き伸ばした。
「ほら・・・ほら・・・見て・・・やらしい・・・ほんっと、意地汚いっ」
言葉とは裏腹に、澪は露骨に嬉し気な顔をして、優奈に視つづけるように促した。
ハイソックスごしに吸いつけられた赤黒い唇から、飴色をしたよだれが糸を引き、澪の足許を汚した。
「うう~、たまらない・・・たまらなくいやらしいっ」
「んもうっ、恥知らずっ!」
「侮辱だわっ・・・汚らしいわっ・・・」
口ではさんざん相手を罵りながらも、澪は男の非礼な仕打ちをやめさせようとはしていない。
失血でへたり込んでしまった優奈も、涙も忘れてクラスメイトの痴態をただ見つめるばかりだった。

吸血鬼が澪の履いているハイソックスを見る影もなく咬み破ってしまうと、
澪は白目を剥いてその場に倒れ、吸血鬼は射すくめるような目で優奈を見据えた。
伸びてくる猿臂を、避けようもなかった。
足首をつかまれて引きずり倒された優奈は、ハイソックスの上から男の唇がふくらはぎに吸いつくのを感じた。
生温かいよだれがじわじわと、優奈のハイソックスにしみ込まされてくる。
いやらしい・・・いやらしい・・・やめて・・・よして・・・
優奈は声にならない声をあげて、男を制止しようとしたけれど、
男は優奈の無抵抗をいいことに、ただひたすら彼女の足許を辱める行為に熱中しつづける。
ハイソックスごしに感じる男のなまの唇がいやらしくぬめるのを、
優奈は眉をひそめて耐え忍んだ。

這わされた唇の両端から、尖った異物がにじみ出て、優奈のふくらはぎの一角をハイソックスのうえから冒してきた。
あ・・・咬まれる・・・
そう思ったけれど、痛いほど抑えつけられていて、身じろぎひとつできなかった。
「お嬢さん、ご馳走になるよ」
男は優奈をからかいながら、ハイソックスのうえから牙を埋めた――

数刻後。
ふたりの少女は椅子に腰かけ、机に突っ伏しながら、
破かれてずり落ちたハイソックスのふくらはぎや、
スカートをたくし上げられてあらわにされた太ももを、
飽きもせずに這わされてくる男の唇に、
恥知らずにもぬめりつけられてくる男の舌に、
惜しげもなくさらしつづけた。

「キモチわるーい!ハイソックス、びしょ濡れだよ・・・」
さいしょは嫌がっていた優奈の声も、いまは明るい。
「ほんとだ、優奈お行儀悪いよ、学校に履いて行くハイソックスに、よだれつけられてるよ」
「澪だって、ひとのこと言えないじゃないっ」
「フフフ、愉しいでしょ?優奈も、愉しんじゃってるでしょ?」
優奈は照れ笑いを浮かべながら、なおも舌を這わせてくる男の仕打ちを許しつづけていった。
「濡れ濡れのハイソックス履いたまま帰るわけ?」
「だいじょうぶだよ。もう暗いし、紺のハイソックスだからシミも目立たないよ」
そういう問題じゃないと思うけど――そういいかけた優奈は、裏腹のことをいった。
「ママにばれないうちに脱いじゃえばいいんだよね?」
それから、チャームポイントのえくぼを可愛くにじませながら、いった。
「仲間、増やそ。」
前の記事
血の輪廻
次の記事
「こんどは、お友だち連れてきてあげるね」

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3538-4d180c62