FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

逢う瀬のあとに

2017年11月21日(Tue) 07:06:16

幼なじみの“彼”が妻といっしょに、夫婦の寝室に入ってから約一時間。
妻の声に呼ばれて部屋に入るとすでに“彼”は立ち去ったあと。
ベッドのうえには首すじから血をしたたらせ、よそ行きのワンピースを着崩した妻がひとり、じっとこちらを視ていた。
「妬きもちやかないの?」と、わたしの気分を逆なでしようとする妻。
「相手が“彼”ではね」と、受け流すわたし。
わたしは知っている。
昔からこの街に棲んでいる人間で吸血鬼になったものは皆、自分だけではなく妻も娘も吸われているのだと。
「だから、お互い様だと思えるんだよ」
「あなたも吸血鬼になっちゃえばいいのに♪」と、挑発する妻。
「ほかの女を襲いたいとは思わないから」
不思議なくらい、こたえがさらりと出てきた。
そのさらりと出た答えに妻は納得したのか、もう何も言わなかった。
わたしはベッドのうえの妻に近寄り、ふたりはしっかりと抱き合っていた。
犯されるきみが理性を狂わせてゆくのをのぞき見するほうが、他の女よりもよほどそそられるから――
かみ殺したはずのそんな想いは、いつもよりも激しい衝動となって、きっと妻にも伝わったはず。
妻はなにもかも心得ているかのようにわたしに応じつづけて、
まるで新婚のころのような熱情あふれた交歓を、くり返してゆく。

もつれ込んだベッドのうえで過ごした時間は、たぶん“彼”の襲撃よりも長かったはず。
「男のひとって、単純ね」と、妻は挑発をつづけようとする。
――「長い」とか。「おっきい」とか。ばっかみたい。
つまらない男の見栄をあっさりと笑い飛ばすと、わたしの腕をすり抜けるようにして、台所へと立ってゆく。
あわてて目線で追った後ろ姿はもう、エプロンを締めかけていた。
女というやつは、おそろしい。たとえ女房であっても。
女は非日常の痴情から、こともなげに日常に戻っていく。
きっと妻は・・・
きょうのような公然とした訪問以外の誘惑を、その何倍も受け止めているのだろう。

「こんどはいつ来るのかしら」
テーブルのうえに料理を運びながら、独り言を呟く妻。
エプロンの長いすそから覗いた脛の上を、ストッキングの伝線の太いすじが、あざやかに走っていた。
わたしはふと言いかけて、あわてて押し黙る。
そんなことを指摘したらまた、彼女は不倫妻のモードに戻ってしまうだろうから。
そういえば。
勤めから戻ったわたしを迎える妻はよく、ストッキングを伝線させている。
じわりと肚の底にこみ上げた衝動をかろうじて押し隠し、わたしは食卓につく。
今夜も覚悟をしているのか、小ぎれいに身づくろいをした妻は、なにかを待ち受けるようにわたしのことを盗み見た。
前の記事
戦利品。
次の記事
管理人のつぶやき

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3546-23ee0dad