FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間男の奥方

2017年12月27日(Wed) 08:17:13

アラ柏木様、きょうはお帰り?
そういいながら靴ベラを差し出す奥方は、齢相応の奥ゆかしさを滲ませた、素敵なご婦人。
こんな奥様をお持ちなのに、この家のあるじはどうして、女にあれほど手が速いのだろう?
わたしの妻の由貴子は、結婚前からすでに、彼の手中に堕ちていた――

娘が年頃になったいまでさえ、週に2、3度はお召しがある。
わたしが知らないでいるあいだに、ふたりきりで逢う夜もあるらしい。
けれどもそういうときには、見て見ぬふりをするのが、夫の務め――
なぜって?
それはやっぱり男と女だから、
独り占めにしたい刻もあるのだろう。
そういうときはきょうのように、夫であるわたしはさりげなく座をはずすことを求められて、
吸血鬼はわたしの愛妻とふたりきりの刻を過ごす。

夫としての義務を放棄したわけでは、むろんない。
そう――間男を家庭に受け容れる決断をしたと同時に発生する同席の義務。
それをわたしは嬉々として受け容れて、
目のまえで羞じらいながら征服されてゆく妻のあで姿を、昂ぶりながら見届けてゆく。
でもきょうはどうやら、由貴子のことを独り占めにしたいらしい。
だからわたしは、座をはずす。

もっとも――
きっと数時間も経ったら、ふたたびお呼びがかかるはず。
「由貴子の服を濡らしちまった。悪いが、着替えを持ってきてくれないか?」
人の善すぎる間抜けな夫は、妻の濡れ場の後始末をするために、いそいそと着替えを届けに情夫の邸に参上する。
そしておそらくはもういちど・・・
巻き込まれた気の毒な夫の目のまえで、妻は思うさま征服されるはず。
そして気の毒ははずの夫もまた、目の前で恥を忘れ果てた妻を目の当たりに、
みずからもきっと、恥を忘れる――

「このままお帰りになるの?もっとゆっくりしていらしてもいいのよ」
奥方は意味深な上目遣いをわたしに与えるが、
わたしはその手には乗らずに、丁寧な会釈だけを置き土産に家路をたどる。
そう。
魅力的な奥方との交換条件で妻を差し出したのではない。
彼と最愛の妻との交際をあえて認めたのは、無償の好意ゆえなのだから。


あとがき
ちょっと体調を崩して、遠ざかっていましたが。
復活してみようと思った直後、あっという間に描き上げちゃいました。 (^^ゞ
前の記事
俺のハーレム
次の記事
吸血鬼になったお兄ちゃん

コメント

自分の妻を汚されても相手の妻に手は出さない
愚かなほどにお人よし
でもそれが彼にとっては当然であり喜びであるなら
憐れむこともない…
でも少しくらいその手に乗ってもいいのよ

更新お疲れ様です
体調にはお気をつけてください
ではよいお年を!

by ナッシュ・ド・レー
URL
2017-12-31 日 01:35:33
編集
おかえりなさい
戻られて一作アップされてしまうなんて
さすがに柏木様♪

妻を差し出すことと
先様の奥様を共に味わうことは
決して等価交換できるものでは
ありませんものね

楽しみをお一人で堪能されている
元気を取り戻された柏木様を
想像しながら拝読させていただきました
by 加納 祥子
URL
2018-01-04 木 16:18:48
編集
ナッシュ・ド・レーさん
御返事が年越しになってしまいました。
(^^ゞ

> 愚かなほどにお人よし
柏木ワールドではこういう住人が全男性人口の約半分を占めています。
残り半分は、吸血鬼です。(笑)

もっとも吸血鬼も純粋種ばかりではなく、
表むき人間として暮らしている半吸血鬼もおります。
そうした人たちの中には妻をほかの吸血鬼に吸われている・・・という食物連鎖?もありなので、
実際には「お人よし」率はさらにあっぷしてそうな気がします。
当ワールドは、そうした人たちが互いのいびつな歓びを受け容れ合い譲り合いながら暮らしている世界なのかもしれませぬ。

それはともあれ、
今年もどうぞよろしくお願いします。
by 柏木
URL
2018-01-07 日 10:28:44
編集
加納祥子さま
自分の妻を差し出すときには、
妻ひとりしか、眼中にできないもの。
人さまのものを頂戴するときには、
ありついた宝玉にしか、目がいかないもの。
そうでなければ、
ごいっしょしているご婦人に対して、失礼というものですからね。

というわけで、今年も欲張りな柏木でした。
(^^)
by 柏木
URL
2018-01-07 日 10:31:26
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3555-210d3f9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。