FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良太と真由美と僕。

2018年01月16日(Tue) 08:11:21

「イヤだよ、きょうのハイソックス、白なんだもん」
僕の彼女になった真由美は、学校帰りに良太にせがまれて、血を吸われそうになっている。
それを物陰からひっそりとのぞき見している僕は、やはりいけないことをしているのだろうか?
きのう良太に血を吸われて貧血になった僕は、学校を休んでいた。
そういうときは、良太は僕に遠慮なく、真由美といっしょに下校するのが常だった。
彼氏を征服した男は、彼女を支配する権利があるんだ――良太は憎まれ口をたたくけれど、
内心しんそこぼくたちのことを好いている彼の言葉の裏には、毒はなかった。
それでも、生身の男としてもじゅうぶん真由美に恋着している彼は、よく意図的に僕の血を吸い過ぎて、僕を欠席に追い込むのだった。

「ちょっと待ってよ!白の日はダメって言ったじゃん・・・」
真由美の非難は、徐々に語勢を弱めてゆく。
すでに良太は真由美の足許にかがみ込んでいて、
プリーツスカートの下から覗くふくらはぎに、舌を這わせ始めている。
「やだ・・・みんな見てるよ、恥かしいよ・・・」
気の強い真由美がおろおろするのを面白がって、いっそう露骨に舌をふるいつけて、真由美のハイソックスの舌触りを愉しむと、
「じゃ、そこの草むらで隠れてしよ」
そういうと、大人しくなった真由美の手を引いて、肩ほどの高さのある雑草の彼方へと、身を沈めていったのだ。

ガサガサとかき分けた雑草のかなた。
真由美は四つん這いになって、それ以上の無防備な姿勢は許すまいと歯を食いしばりながら、
それでも恥ずかしいことをされる自分の足許が気になるのか、チラチラと目線だけは、泳がせている。
ほど良く発育したふくらはぎの柔らかそうな肉づきを包む、真っ白なハイソックス。
その上から良太は臆面もなく唇を吸いつけて、真由美の血を吸い始めていた。
ぼくの彼女になった真由美の血を。
履いている通学用のハイソックスを、意地汚く咬み破りながら。
そんないけない光景を目にしてドキドキしてしまっている僕は、もっといけないことをしているのだろうか?

やがて二人は、草むらから出てきた。
そして何事もなかったようなそぶりで、
良太は真由美の制服のスカートの上からおしりを触ろうとし続けて、
真由美は触らせまいとして手を払いのけ続けながら、
お互いの手と手とは裏腹なありきたりな会話をはずませながら、家路をたどっていった。
ただの仲の良いカップルの何気ない下校風景に見えたけれど、
少女の履いている真っ白なハイソックスのふくらはぎに、赤黒いシミがべっとりと着いているのがいっそう唐突で、
ぼくの網膜を狂おしく彩っていった。


そよぐスカートのすそから入り込んでくるそらぞらしい冷気。
まったく経験のなかった感覚に戸惑いながら、僕は真由美から借りた制服を、真由美の手を借りながら身につけてゆく。
サイズがひとまわり小さい紺のハイソックスは、いつも履いている自分用のものよりも強く足許を締めつけてきて、
やはりひとまわり小ぶりなサイズのブラウスが、胸元に揺れるリボンが、真由美の髪型に似せたウィッグの毛先の揺れが、
まるで真由美自身がグッと身近に寄り添うように、僕の身体を拘束する。

きのうしたたかに血を吸い取られた真由美は、白い顔をしていた。
まだ吸い足りないっていうの・・・
困り顔の真由美のために、ぼくはとっさに口走っていた。
「身代わりに僕が、きみの制服を着て良太に逢おうか・・・?」
真由美は驚いたように息をのんだが、案外いいアイディアかもね、といって、自分の制服を僕に貸すことに同意してくれた。
真由美に誘いの電話をかけてきた良太に事前にそう告げると、歓迎するよ、と、言ってくれた。
そして、傍らの真由美に聞こえないよう声をひそめて、
「実は、前からそうしてもらいたかったんだ」
と、彼はいった。
貴志なら女子の制服、似合いそうだから・・・
彼の言いぐさに内心ズキリとしたのは、いけないことだったのだろうか?
なにも知らない真由美は、「貴志ったら本物の女の子みたい♪」と、ただ無邪気に笑って僕のことをからかっていたけれど。


「責任、取りなさいよね」
真由美の声は、いつになく尖っていた。
声が尖って、当然だった。
卒業を明日に控えたその日の夕方。
村はずれの納屋でのことだった。
真由美は藁の上に組み敷かれたままの姿勢だったし、
良太は果たしてしまった後、まだ真由美の上におおいかぶさったままの格好だった。
行為に及ぶ前にしたたかに血を抜かれたぼくは、ただ惚けたように、納屋の一番隅っこで、ふたりのいちぶしじゅうを見せつけられていた。
「僕、責任取るから」
弱々しい声色だったけど、われながらきっぱりと言い切ることができた。
そう、お嫁入りまえの娘が男と仲良くすることは、この村では厳しく禁じられていた――そう、表むきだけは。
真由美は僕の声にはっとすると、素直な声色になって、「ごめん」とだけ、いった。
僕はかぶりを振って、真由美に応えた。
「そんなことない。僕も内心、こうなると良いと思っていたから」
それは真由美のためについた嘘だったけれど、どこまで嘘だったのか、いまでも確信を持てなかった。
でも案外、それは本音だった。
つい最近知ったことだけど、良太はすでに女を識っていた。
相手が僕の母だと知った時、良太にすべてを支配されることが、ひどく心やすいもののように感じることができた。
それに――
真由美の身代わりに、真由美の制服を着て、真由美になり切った僕と逢ったとき。
良太はいつもよりたっぷりと僕の身体から血を吸い取って、もちろん真由美のハイソックスもくまなく咬み破ったあと、
逆立った股間を真由美のスカートの奥へと、沈み込ませてきた。
自分でもびっくりするほど素直に受け止めてしまった僕は、彼のお〇ん〇んの剛(つよ)さをしんそこ味わわされて、
この快感を真由美にも体験させてやりたいと感じていた。
なぜかとても素直に、そう感じることができたことにも、歓びを覚えることができた。
吸血鬼に恩恵を与えるためだけではなくて、人間の男子として真由美を良太と共有できることが、嬉しいと感じた。
そのために、僕は今日、女になったのだ と・・・。

「罰としてあたし、結婚してからも良太と逢うから」
制服を着崩れさせて藁まみれになったまま、真由美は不貞腐れたような声色で、僕に毒づいた。
「いいよ、できればそうしてあげてほしい」
僕はドキドキを抑えながら、そう応えた。
「ウン、わかった。これ、貴志の嫁の務めだと思うことにする」
真由美はぽんぽんと男のように受け答えする。
「きみを良太と分け合うことができて、嬉しいよ」
良太はさすがに、ちょっとのあいだ言葉をさしはさむのを遠慮していたが、
ふたりのやり取りがおだやかにおわると、おずおずと言った。
「ありがと、貴志。ところで、もう一度だけしても、良いかな?」

何事もなかったように納屋から出てきた三人は、
真由美をはさんでいつものように仲良く、どうでもいいやり取りをしながら家路をたどった。
道行く人は、真由美のスカートから覗く太ももに血が垂れ続けているのに気がつくと、いちようにぎょっとしたが、
ぼくたちが気にせずに歩いて行くのをみると、なにも見なかった顔をして通り過ぎていってくれた。

卒業式前夜の納屋ではじけた情熱を、ぼくたちはきっと、生涯忘れることはないだろう。


あとがき
爽やかな青春日記・・・ではない、ですかね・・・? ^^;
前の記事
テルヤと紗栄子と僕。
次の記事
同級生のハイソックス

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3560-9eb99e84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。