FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誘拐ごっこ

2018年01月19日(Fri) 07:40:30

ぼくの住んでいる街では、「誘拐ごっこ」が流行っています。
本当の誘拐ではないので、被害届は出されません。
誘拐されるのはほとんどが結婚している女の人で、
その人のことが好きな男の人たちが、女の人本人や、その人のご主人の小父さんと示し合わせて行います。

狙った女の人に声をかけるのは、勤め帰りとか、買い物帰りとか、あまり迷惑のかからない時間帯を選びます。
専業主婦の場合は、子ども達が学校に行った後とかが多いみたいです。
声をかけられた女の人は、ご主人の小父さんの手前ちょっとだけイヤそうな顔をしたり、いちどは断ったりしてみますが、
最終的には連れていかれます。
連れていかれる場所は、街はずれの廃ビルとか、郊外の草むらとか、人目のないところです。
男の人はたいがい2~3人組で、連れてきた女の人をその場で襲います。
女の人は、服を脱がされ、おっぱいをまる見えのされたりしながら、犯されてしまいます。

女の人には、ご主人に連絡を取ってもいいことになっています。
たいがいの場合は小父さんに、
「誘拐されました。私の着替えをもって、何時にどこどこに迎えに来てください」ってメールします。
14時に誘拐されたら16時とか、17時に誘拐されたら20時とか、ちょっと遅めの時間に来てもらうようにお願いするのです。
どれくらいの時間誘拐されているのかは、男の人の人数や仲の良さでちょっとずつ違うみたいです。
小父さんのほうも慣れていますし、誘拐犯の男の人たちは友だちだったりする場合があるので、
奥さんが指定する時間よりもわざと少しだけ遅れていったりします。
逆に、早く行って、自分の奥さんが襲われているのをのぞき見をして面白がったりする、いけない小父さんもいるみたいです。

ぼくのお母さんも、このあいだ誘拐されました。
誘拐したのは、ぼくの友だちのユウくんとマサルくんと、マサルくんの弟のマサシくんです。
3人はぼくの家に電話をかけてきて、「お母さんを誘拐しちゃった、面白いからきみもおいでよ」と言ってくれました。
ぼくはびっくりしてお父さんに電話をしましたが、お父さんは仕事で来るのが遅れるって言いました。
「裕也はあと1時間くらい待ってから行ってあげなさい、父さんもあとから行くから」
というので、電話をくれたユウくんと話し合って、あと30分したら行くことにしました。
時間が早めになったのは、ユウくんやマサルくんやマサシくんがぼくのお母さんにしていることを、見せつけたいからでした。
ぼくはお母さんのたんすの引き出しから、いつも見慣れているワンピースを取り出して、
ドキドキしながら誘拐現場に行きました。
誘拐現場は、放課後の学校の、ぼくたちのクラスの教室でした。
ついこのあいだの父兄参観で、お母さんも来たばかりでした。

教室につくと、もう誘拐ごっこが始まっていました。
お母さんは、見慣れたねずみ色のスーツを着ていました。
でも、白いブラウスはボタンがはずれていて、その下に着けていたブラジャーもひもが切れていて、
おっぱいがまる見えになっていました。
すごく小さいころに視たッきりだったおっぱいを、仲良しのユウくんが唇を吸いつけて、
チューチュー音を立てて、夢中になって吸っていました。
まるでユウくんが赤ちゃんになって、お母さんの子供になっちゃったみたいな、変な気分でした。
マサルくんはお母さんのはいている肌色のストッキングを面白がってビリビリと破いていました。
大人の女の人がはくストッキングが、子供の手でむしり取られていくのが、
なんだかお母さんがマサルくんに征服されちゃうみたいな感じがして、ぼくはちょっとドキドキしてしまいました。
いちばん年下のマサシくんは、なんとママとキスをしていました。
お母さんも自分のほうからキスにこたえていっていて、自分のことを誘拐した三人組の男の子とすっかり仲良くなっちゃったのを知りました。
ぼくだけのお母さんを、他の男の子たちに征服されてしまったのです。

お母さんをとられてちょっとさびしいような、仲良くなってうれしいような、不思議な気分だったけど、
ユウくんにうながされてぼくもお母さんとキスをしました。
お母さんの唇はなんだかなま温かくて、柔らかくて、さいしょのうちはとてもヘンな気分だったけど、
そのうちに慣れてくると、母子で夢中になってキスのやり取りをしちゃっていました。
そのあいだにマサルくんは、お母さんのストッキングを脚からむしり取って、ぶら下げて見せびらかしてきました。
「じゃあ始めるからね」
とユウくんがいうので、キスをしただけで終わりじゃなかったんだと思いました。

ストッキングとショーツを脱がされたお母さんは、スカートも太ももが見えるくらいまでたくし上げられていました。
お母さんは、男の子たちに、「順番よ、乱暴にしないでね」と言いました。
みんな素直に「ウン」と言うと、その場でじゃんけんをして、順番を決めました。
ぼくはお母さんの子だからという理由で、じゃんけんからははずされて、いちばん最後にすることになりました。
最初がユウくん、それからマサシくん、さいごがマサルくんでした。
マサルくんはマサシくんに、「弟のくせにお前のほうが先なんだな」って言いましたが、マサシくんも負けていません。
「兄ちゃんがお嫁さんをもらったら、ボクが先に犯してあげる」とか言い出したので、
お母さんは、「兄弟げんかしないでね」って、注意していました。

順番が決まったので、まずユウくんがお母さんのうえにのしかかりました。
ユウくんは半ズボンを脱ぐと、お〇ん〇んをまる出しにして、お母さんのねずみ色のスカートの奥に忍び込ませていきました。
そして、まる見えになったお母さんのおっぱいを唇に含みながら、お母さんにしなだれかかるようにして、体を寝そべらせていったのです。
とってもいけないことをされているんだ・・・って、直感的にわかったけど、
ユウくんにはそれをやめてほしくない気がしました。
ほかの2人の男の子も、「セックスって初めて見る、すげえ」って、目を輝かせてぼくのお母さんに見入っていました。

ユウくんはお母さんの上に馬乗りになって、ギュウギュウとお尻を押しつけるようにしていましたが、
やがて、小さな子みたいにおもらしをしてしまいました。
ユウくんのおもらしはお母さんのスカートや太ももを濡らしましたが、おしっこと違って、白っぽくてネバネバしていました。
ユウくんは、おしっこをし終わったみたいなスッキリした顔になって、マサシくんにあとをゆずりました。
鼻息荒くお母さんに組みつこうとしたマサシくんを、マサルくんはお兄ちゃんらしく「待て待て」といって引きとめて、
お母さんの太ももを濡らしたユウくんのおもらしをふき取りました。
「きれいにしてからやるもんだぞ」と弟をたしなめたマサシくんは、いつものようにやっぱり、きちょうめんでした。
ぼくのお母さんにしがみつくようにして挑んだマサシくんのあとは、
マサルくんが「うふー」と嬉しそうな声を洩らして組みついていって、お母さんのことを犯しました。
ユウくんが「ちょっとたまらなくなってきた」と言い出したので、
ぼくをはずしてもういちど、今度はユウくん、マサルくん、マサシくんの順番で、お母さんを犯しました。
みんなお〇ん〇んをむき出しにして、お母さんがお勤めの時に着けているスカートの奥におもらしをして行くのを、
ぼくは不思議な気持ちで視ていました。

「さあ、こんどは裕也の番だぜ」
ユウくんがぼくをうながすと、マサルくんも「親子でかけ合わせちゃおう」っていいました。
相手がお母さんだとそんなにいけないのかな?って思ったけど、
小さいころから見たことのなかったお母さんの裸にドキドキしながら、
無抵抗なお母さんのうえに身体を重ね合わせていきました。
知らず知らずおっきくなったぼくのお〇ん〇んをユウくんがつまんで、むぞうさにお母さんのまたの奥へとくっつけました。
それからなにがどうなったのか、ぼくにもよくわかりません。
お母さんはぼくのことを今までになくギュッと抱きしめて、気がついたら夢中になって、ぼくもおもらしをしてしまっていました。
「いい子だね、気持よかった?」とお母さんがきくので、気持ちよかったと正直にこたえると、
お母さんは、「ほかの男の子にもやらせてあげようね」っていいました。
それから暗くなるまで、だれも来ない教室のなかで、ぼくたちは代わりばんこに、お母さんとエッチを楽しみました。

「あっ、小父さんが来た!」
ユウくんが声をあげました。
見ると、教室の入り口にお父さんが立っていました。
勤め帰りだったのか、まだ背広を着ていました。
「こんばんは」
お父さんのこともよく知っていた3人の男の子たちは、悪びれもせずに夜のあいさつをしました。
「やあ、こんばんわ」
お父さんも愛想よく、子どもたちにあいさつを返しました。
「みんな初めてだったの」というお父さんに、
「ぼくは2人め。ママとしたから」とユウくんがいいました。
「ぼくも2人め。相手は母です」とマサルくんもいいいました。
いちばん年下のマサシくんが「ぼく5人目!」と声を張りあげると、
マサルくんは、「ウソつけ、初めてだったくせに」といいました。
「じゃあマサルくんは、きょう男になったんだね、おめでとう」
お父さんは自分の妻を犯した男の子たちに、すごく寛大でした。
「女の人が欲しくなったら、小母さんのことを誘拐してもいいからね。でも、よそで悪さをしてはいけないよ」
さいごの発言はとても大人だなって、ぼくは思いました。

学校を出ると、みんなで「おやすみなさい」を言って、別れました。
ぼくたちだけになると、
お母さんはお父さんに「おかえりなさい」とだけ言って、
お父さんはお母さんに「おつかれさま」とだけ言いました。

それ以来。
ぼくは誘拐犯のグループの仲間入りをしました。
四人でお互いのお母さんを誘拐し合ったり、
どのお母さんも都合がつかないときには、ぼくのお母さんを家から連れ出して、
空き教室や廃ビルや近くの公園で仲良くしました。
いつも厳しいお母さんを、よその男の子が征服してしまうのは、とても不思議な気がしています。
同時に、ふつうのエッチよりもいやらしい感じもします。
でもぼくたちは、お母さんを取り替え合うといういけない遊びに、それこそ夢中になってはまり込んでしまったのです。


――あれから20年が経った。
わたしが結婚をしたとき、新婚妻に最初に挑みかかったのは、あのマサシだった。
マサシがパンストフェチになったのは、母から勤め帰りのストッキングをねだり取ったあの日以来だったというけれど、
わたしの妻からも、ウェディングドレスの下にまとった純白のストッキングを、むしり取っていったのだった。
わたしたちはこの街で大人になって、いまでも棲みついている。
そして息子たちが大きくなって色気づいてくると、お互いの妻を融通し合って、
決められたルール通りに誘拐させ合うようになっている。
子ども達に誘拐された母親たちは、自分たちが襲われて犯されることで、
子ども達に性の大切さや女の人のいたわり方を身をもって教え続けている。
きっと息子の代になっても、彼らは譲り合い気づかい合いながら、妖しい生を愉しみ合っていくのだろう。
前の記事
【素案】正義の味方なき怪人物語~吸血怪人!チスイヒトデ きみも顔が蒼くなる!
次の記事
月にいちどのお務め。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3565-0feba045
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。