FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吸血鬼の子供の日記

2018年02月11日(Sun) 07:39:08

きょうは、生れて初めて学校に行きました。
吸血鬼の子でも学校に行けるよう、父さんが校長先生に話をしてくれたのです。
教職員会議や生徒会でもその問題が話し合われて、けっきょくぼくは学校に行けることになりました。
父さんはそのあいだに、ずいぶんおいしい思いをしたって言っていましたが、どういう意味だかよくわかりません。

授業中はふつうに勉強をしました。
でも途中で喉が渇いて気分が悪くなったので、手をあげて保健室に連れて行ってもらいました。
保健室には若い女の先生がいたので、すきをみて襲って、血を吸ってひと休みしました。
先生は具合が悪くなって床に転がっていましたが、ぼくは元気になったので、先生のことはほっといて教室に戻りました。
そのあと、担任の和佳奈先生に血を吸いたいってねだったのですが、拒否されてしまいました。

放課後は、新しくできた友だちのマサヤくんとハルタくんとハナヨちゃんといっしょに遊びました。
3人とも、ぼくに一方的に血を吸われて、ノビてしまいました。
ぼくは大人の吸血鬼に手伝ってもらって、3人を吸血鬼の村に運び入れました。
3人が正気づく前に、ぼくは吸血鬼の子供たちを5、6人集めておいて、3人に紹介してあげました。
それから吸血鬼の子供たちで、人間の子供たち3人の血を、代わりばんこに吸い取りました。
とくにハナヨちゃんはかわいかったので、大人気でした。
さいしょのうちは貧血を起こしてべそをかいていましたが、そのうちに慣れてくると仲良くなって、
お姫様ごっこをして遊びました。
きれいなお姫さまがおおぜいの吸血鬼に襲われて血を吸われてしまうという遊びです。
とても楽しかったです。

そのうち、人間の子供のお母さんたちが、心配して迎えに来ました。
吸血鬼の村からは、大人の人も出てきて、お母さんたちを出迎えると、「子どもは来るな」といって、
お母さんたちを家のなかに閉じ込めて、列を作って血を吸いはじめました。
あとでお母さんたちになにをしたのって聞いたら、「仲良くしただけだよ」って言っていました。
みんな、ほんとうは、人間と仲良く暮らしたいのです。
夕方、仕事から帰って来たお父さんたちが怒って村にやってきましたが、
大人の吸血鬼たちとすぐに仲直りをして、お母さんたちが献血に来るときには夫婦で来るって約束していました。

夜になると、担任の和佳奈先生が家庭訪問に来ました。
父さんの運転する車に乗って来た和佳奈先生は、ぐるぐる巻きに縛られていて、さるぐつわまでされていました。
ちょっと変わった家庭訪問でした。
人間の先生は、こんなふうに家庭訪問をするのかな?って思って、ちょっとふしぎな気がしました。
付き添いの教頭先生は、
「きょうは和佳奈先生がわがままを言って、血を吸わせてくれなかったんだってね。ごめんね」
といって、
「和佳奈先生はおわびをしたがっているから、気が済むまで吸うんだよ。
 若い女の生き血ををたっぷり採って、きみも早く大きくなるんだよ」
と、和佳奈先生を縛っているロープをぼくに手渡してくれました。

教頭先生に取り残された和佳奈先生は目に涙をためていやいやをしていたので、
「死んだりしないから大丈夫」といって、安心させてあげました。
和佳奈先生は、教室にいたときと同じく、水色のきれいなワンピースを着ていて、ストッキングをはいていました。
ストッキングは子供や高校生のお姉さんが履いているハイソックスと同じくらい、ぼくの好物です。
ぼくは、さっそく和佳奈先生の脚に咬みついて、肌色のストッキングをブチブチッと破きながら、
和佳奈先生の生き血をたっぷり吸い取ってしまいました。
それからぐったりとなった先生を組み伏せて、こんどは首すじを咬んで、ごくごくのどを鳴らして先生の血を吸いました。
きれいな水色のワンピースの襟首が真っ赤になるのを、先生は困った顔をして見つめていました。

先生にはまだ恋人がいないみたいなので、明日からぼくが恋人になってあげると言ったら、いやそうにしていたので、
そんな顔をするとみんなの前で咬んじゃうぞっていったら、恋人になるって約束してくれました。
明日からは、和佳奈先生はぼくの恋人です。指切りげんまんをして約束したので、まちがいありません。
和佳奈先生は、「担任としてのぎむを果たした」って教頭先生に認めてもらえて、
ふらふらになりながら家に帰っていきました。

学校は居心地が良くて、とても楽しかったです。
あしたは、だれの血を吸おうかな。
前の記事
OLたちと吸血鬼  ~妹とその親友~
次の記事
夏休みの自由研究

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3573-000452b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。