FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不倫の似合う女

2018年06月03日(Sun) 09:32:18

目のまえのじゅうたんのうえ、ここまで提げてきた黒い鞄が転がっている。
あたしはベッドのうえで、なん度めかの寝返りを打った。
あたしのうえには黒衣に身を包んだ男が、しがみつくようにしておおいかぶさっている。
息苦しいほどの距離感に、もうあたしは慣れ切っていた。

通学途中でこの邸に引き込まれ、初めて血を吸われた。
相手が吸血鬼だとわかったときにはもう、夢中になってしまっていた。
吸血鬼の邸に入り浸る娘を咎めに来た親たちは、娘を連れて邸を辞去するときにはもう、別人になっていた。
娘の生き血を喰らう忌まわしいはずの男と、母親はにこやかに言葉を交わし、
父親はついでにこいつもどうぞと、自分の妻を吸血鬼にすすめていた。
母親はまんざらでもなさそうな顔をしながら吸血鬼のベッドに引き入れられて、めでたく”結婚”までしてしまった。

それ以来。
家族のだれにも咎められずに、吸血鬼との逢瀬を愉しんで・・・いや、献血の奉仕に励んでいた。
彼は好んで、女の脚に咬みつく習性をもっていた。
さいしょに狙われたときには、白のハイソックスだった。
母親が吸われたときには、肌色のストッキングのふくらはぎにしつように唇を吸いつける吸血鬼を見て、
以来彼を愉しませるために、黒のストッキングを穿いて通学するようになった。

彼が落ち着いたら、家に電話しなくちゃ。
「娘は身体の具合が悪いので、きょうは学校を休ませます」
ママはきっと、そういって担任の先生をだましてくれるだろう。
あたしはお昼過ぎくらいまで、ずっと彼のお相手をする。
穿き替えてあげた二足目のストッキングにも、もう派手な裂け目がいくすじも、鮮やかに走っていた。

いまごろはホームルームか。
先生も、クラスメイトのみんなも、彼氏の嶋中くんもきっと、あたしがこんなことにうつつを抜かしているなんて、知らない――

「ずっと彼氏に黙ってるつもりか?」
吸血鬼が耳もとで、囁いて来た。
あたしは、ウン、と、応えてしまっている。
あたしがいまだに処女でいられるのは、彼が処女の生き血を好んでいるから。
あたしはきっと、彼より先に、この男に犯されるに違いない――それでもいいと、なんとなく思ってしまっている自分が怖い。
吸血鬼がふたたび、耳元に囁いて来た。
「あんたはきっと、不倫が似合いな女になることだろう。」
余計なお世話――そのひと言は、かろうじて飲み込んだ。
このひとに生意気を言うと、物凄く貧血になるまで血を吸われて、お仕置きをされるから。
そのうえで、「こんなに味わってもらえてうれしいです」なんて、心にもないことを言わされるから。


十年後。
あたしはやはり吸血鬼のお邸のベッドのうえにいた。
彼氏だった嶋中くんの苗字を名乗ることになったあたしは、専業主婦になって、
出勤していく嶋中くんをにこやかに見送ると、すぐにおめかしをして、このお邸にもぐり込む。
家に出入りするときには地味な服。そこであたしはよそ行きの派手なワンピースに着かえて、彼の寝室に入る。
そう、新婚の若妻の生き血は、一滴残らずこのひとのもの。
「やっぱりあんたは、不倫が似合いな女になったな」
耳もとで囁きほくそ笑む憎たらしい男にそっぽを向くと、
その姿勢のまま抱きすくめられて、首すじを咬まれた。
「ほどほどにしなさいよね、主人もそこにキスするんだから」
「安心しろ。家を出る時までには傷口はふさがっている」
そう、この人の咬み痕は、信じられないほど短時間で、あっという間に消えてしまう。
「あなたも、不倫が似合いの男じゃないの」
あたしがそう毒づくと、男はいった。
「だんなのまえで、お前を抱いて、思うさま愛し抜いてやりたい」と。
「それはだめ」
あたしはそういいながらも、のしかかって来る男の前、ガーターストッキングを穿いた脚を、早くも開きはじめていた。


まさかこんなに早くいなくなってしまうとはな。
嶋中くんの写真のまえ、吸血鬼は形どおり手を合わせると、寂しそうに言った。
「このひとのまえで、あたしを犯す夢がかなわなかったからでしょう?」
あたしが毒づくと、男はいった。
「でももうあんたは、自由な女だな」
男はにんまりと、嗤っていた。
「いやなやつ」
なおも毒づくあたしにあいつは迫って来て、行きもできないくらい強く、抱きすくめられた。
同時に唇も奪われていた。
身に着けた洋装のブラックフォーマルが、くしゃくしゃになった。
男の手がスカートの奥に這い込んで、ストッキングごしに太ももをいやらしく撫でまわしてくる。
ふと見ると、夫の写真が目のまえだった。
「あッ・・・このッ・・・」
男の意図をやっと察して抗うあたしを、男はなんなく抑えつけて、
夫の写真のまえで、あたしのことを犯しにかかる。
「あなた・・・あなた・・・許してえっ」
本気で許しを乞うほど、あたしは殊勝な女じゃない。
ただ、男をそそるために、わざと夫の名前を口にしながら――男の意のままに辱め抜かれていった。

だれにもほんとうのことを言わないあたし――
そんなあたしは、夫に秘密を隠し通す不倫に向いていたのかも。
「嶋中の母親を紹介してくれ」
耳もとで囁くあいつに、あたしは素直に肯いてしまっていた。
前の記事
結婚するのは、緋佐志とだから。
次の記事
伯母の生き血を狙う甥

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3593-907956cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。