FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

女房を吸血鬼に寝取られた後の、賢明な夫の行動。

2018年06月11日(Mon) 22:06:07

家に帰ったら、女房と娘の様子が変だった。
顔見知りに帰り道をつかまって、一杯気分で戻って来た俺にも、いつもとちがう様子がありありと見て取れた。
女房のやつはすまなさそうに、後ろめたそうに、
なにも言いたくなさそうに、でも言わなければいけなさそうにしていたし、
娘のほうはいつも大人しいやつなのに、それがいっそうふさぎ込んだみたいにしていて、
いつものようになにも言わないくせに、晩ご飯のあいだじゅう、俺と女房のことをチラチラと見比べていた。

娘が勉強部屋に引き取ると、女房が思い切ったように俺に話しかけてきた。
「あなた、ちょっとお話が・・・」
居間のすぐそばには、勉強部屋に通じる階段があった。
女房は娘の勉強部屋から一歩でも遠いところで話をしたかったらしくって、
夫婦の部屋へと俺のことを促した。

女房はいつも家では、スカートを穿いている。
太っちょの女房はすでに遠い昔から、ウェストのくびれとは無縁になってしまったけれど、
それでも身ぎれいにしていたいと思うからか、若いころのスカートをサイズを直して穿いていた。
改めて齢相応のものを買うよりは・・・という主婦らしいけちくささも見え隠れしていたけれど。
女房がふだんどんなかっこうをしているのか・・・などということには、
世の亭主のたいがいと同じように、俺も気にしなくなっていた。
それなのに、きょうにかぎって、
すそも腰周りもおなじにみえるほどずん胴に着こなした黄色のスカートが、
スカートの裾から覗く、ストッキングに包まれたひざ小僧が、
どことなく眩しく映った。

「ごめんなさい。ほかの男の人に抱かれてしまいました」
ふたりきりになると女房は、やおら三つ指突いて、俺のまえで深々と頭を下げた。
「どういうこと?」
思わず訊いた俺に、女房は包み隠さずすべてを話してくれた。
娘ののり子が学校帰りに吸血鬼に襲われたこと。
貧血になるまで血を吸われた後、血を吸った相手の吸血鬼に介抱されながら家に帰ってきたこと、
いつも学校に履いて行っているライン入りの靴下が血に濡れて、かわいそうだったこと、
貧血になったのり子が部屋でぶっ倒れてしまうと、吸血鬼はやおら女房につかみかかってきたこと、
「真っ赤なスカートなんか穿いていたのがいけなかったんです」
若いころの女房は派手好きで、今さら外に穿いて行けないようなスカートを後生大事に抱えていて、
家の中で穿き古していた。
そういえば、いま穿いている黄色いやつも、記憶をたどり切れないほど昔から、見覚えのあるやつだった。
ごめんなさい、ごめんなさいとひたすら頭を下げつづける女房を前に、
やつが女房を犯したのは、スカートのせいなどではないと、俺は心の中でくり返していた。


俺の帰り道を待ち伏せるようにして酒に誘ったのは、顔見知りの年配の男だった。
いつも陰気くさい顔つきをしたその男は、顔色さえもが蒼ざめていて、
周りから「大丈夫か」と声をかけられるほど弱り果てているときもあった。
それがきょうにかぎって珍しく顔色がよく、気分もよさげに俺のほうへと近づいてきて、
一杯どうですか?と誘いを投げたのだ。
二、三杯酌み交わして、ほろ酔い気分になってきたころ、年配男は思いきったように切り出した。

わしが吸血鬼なのを、だんなはご承知ですよね?
じつはわし、だんなに済まないことをしちまったんだ。
だから今夜の酒は、おごらせてくれ。
その代わり、黙って怒らないで、さいごまでわしの話を聞いてくれ。
年ごろの娘さんがいたよね?のり子ちゃんって言ったっけ。
ちょうど学校帰りに出くわして、わし、喉が渇いていたもんだから、のり子ちゃんにすがっちまったんだ。
のり子ちゃん、さいしょは怯えていたけれど、さいごは唇噛んでべそかきながら、「痛くしないでね」ってお願いされた。
なるべく痛くないように咬んだつもりだったけれど、ブラウスと靴下、汚しちまった。
それでも貧血になるまで、若い血をご馳走してくれて、
のり子ちゃん、見かけはぱっとしないけど、あ、ごめん、でも、生き血はすんごく美味かったな。
華やかで色っぽい味がした。やっぱり若い子の血はいいな。
で、貧血起こして立つのがやっとのあんばいだったから、家まで送ってやったんだ。
家ではおかみさんが、びっくりして娘を出迎えて、
のり子ちゃんも気が抜けちまったのか、制服のままぐったりとなって、
子ども部屋で尻もちついたがさいご、動けなくなって。
で、わしはおかみさんに詫びたんだ、ちっとだけ吸い過ぎたみたいだって。
そんでも、まだまだ吸い足りなかったから、ついうっかり、おかみさんの首すじまで咬んじまったんだ。
だんなは知ってるだろ?
わしらがセックスしたことのある女を咬んだ時は、することをしちまうんだって。
悪いけど、おかみさんとはそんな仲になっちまった。
家に帰ったら、おかみさんが話すようなら、聞いてやってくれ。
話さないようなら、知らんぷりをしてやってくれ。
あとね、三発までなら、わしのことなぐってくれて構わんからな。


「あの子、瘦せっぽちだから、血が足りなかったんだねきっと」
女房はふと、そんなふうに洩らした。
そう、きっとそんなところだろう。
娘から採った血だけでは足りなくて、足りない分を母親の身体から補ったのだろう。
「でもあたし、招(よ)ばれてるんだ。あのひとに。行ったらだめ?だめだよね?」
だめって言ってもらいたいのか、言ってもらいたくないのか、半々の感情を交えながら訊かれても、
亭主たるものどう応えればよいというのだろう?
どのみち結論はきまっているのだ。
女房は、俺のいないあいだに、娘と自分を襲った吸血鬼の邸に、出かけてゆく。
酒場で聞いたやつの言いぐさではないが、女房と娘の日常の変化に、俺は知らんぷりを決め込むことにした。


ウエストのくびれなどとっくになくなった腰周りに、くねずみ色のタイトスカートを穿いて、
白のブラウス、持ちつけない黒革のハンドバックに黒革のパンプス。
まるでPTAに行く時みたいな恰好をして、女房はいそいそと出かけていった。
勤めをわざと早めに切り上げた俺は、そんな女房のあとを尾(つ)けてゆく。
吸血鬼と人間とが仲良く共存しているこの街では、会社さえもこういうことには寛大だった。
「家内の素行調査で」といっただけで、上司はなにもかもわかった、という顔をして、早退届に印をついてくれたのだ。
ずん胴のスカート姿は後ろから視ても、ぱっとしない印象で、いったいこんな女をなぜ?と思いたかった。
むっちりと太いふくらはぎが、もしかしたら目あてかも知れなかった。
たしかに量だけは、血をたっぷり採れそうだったから。
けれども見慣れたはずの肌色のストッキングの脚は――なぜかいつもよりも、なまめかしく目に灼(や)きついた。
玄関に立つ女房の横顔を盗み見てはっとした。
わが妻ながら平凡な目鼻立ちが、いつもより濃い化粧におおわれている。
真っ赤に刷いた口紅をみて、女房は勝負するつもりだ、と、直感した。

閉ざされた玄関から、施錠される音は洩れなかった。
俺はふた呼吸ほど置いて、息を詰めてドアノブをまわす。ドアはしぜんに開いた。
まっすぐ伸びた廊下の向こう、鍵の手に折れた部屋から灯りが洩れている。
邸のあるじも女房も、きっとそこにいるはずだった。

恐る恐る覗き込んだリビングの真ん中に、ねずみ色のスカートの後ろ姿が立ちすくんでいた。
すでに女房を抱きすくめた吸血鬼が、ちょうど首すじを咬むところだった。
ドラキュラ映画だったら間一髪、ヒロインを救う場面だったが、
女房は金髪美人のヒロインではなかったし、
俺はただの間の抜けた寝取られ亭主に過ぎなかった。
男はむき出した牙を女房の太いうなじに突き立てて、カリリと咬んだ。
じわじわっと血が噴き出して、白いブラウスに撥ねたけれど、女房は身じろぎもしなかった。
そのまま男は力まかせに、ググっと牙を埋め込んで、女房の首すじを冒しつづけた。

ちゅ、ちゅう~っ。
あの野郎、美味そうな音を立てて、女房の血を吸いやがって。
嫉妬がむらむらと沸き起こったとき、ふと吸血鬼と目が合った。
ビクッと身体を硬直させる俺に、やつはイタズラっぽく笑いかけて、ウィンクまでして寄越す。
こんにゃろう、と、思いながらも、俺は顔をしかめてかぶりを振るばかり。
やつは許しを請うような目線を送りつつ、貧血に上体をユサッと揺らす女房のことを、手近なソファへと押し倒していった。

ねずみ色のスカートをたくし上げ、あらわになった太ももは、
もうすっかりご無沙汰になっている俺も、久々に目にしたのだけれど、
ちょっとだけよけいに肉がつき過ぎていて、ほんの少しだけだらしなくたるんでいた。

肌色のストッキングになまめかしく包まれた太ももは、血に飢えたものの目線を引き寄せて、
やつは俺の目線もいとわずに、吸い取ったばかりの血がついた唇を、チュウッと音をたてて吸いつけてゆく。

女房のやつは、わざわざ真新しいのをおろして穿いたらしい。
薄手のナイロン生地のしなやかさを愉しむように、やつはなん度も撫でつけるように太ももを吸い、ふくらはぎを吸った。
やつの唇を圧しつけられるたび、女房の脚のまわりでストッキングはふしだらによじれ、淫らな皺を波打たせてゆく。
俺はただ、魔法にかけられたように立ち尽くし、足許を辱められてゆく女房のことを見守るばかり。
やつはこれ見よがしに女房の腰を抱きかかえて、
ストッキングをしわくちゃにしながら、まるでまさぐるように唇を這わせつづけていった。

やつがとうとう牙をむき出して、おなじことをくり返し始めると、
思い思いに喰いつかれるまま、
女房の素肌をガードしていたたよりない薄手のナイロン生地は、脚の周りでブチブチとはじけていって、
ふしだらに拡がる伝線から、むき出しの素肌があらわになる。

うひひ、うひひ・・・やつは嬉しそうにほくそ笑みながら、女房のブラウスをはぎ取って、
尖った爪でブラジャーの吊り紐を断ち切ると、たわわに熟したおっぱいに唇を吸いつけ、さも美味しそうにむしゃぶりつけた。
乳首をチュルチュルと舐め味わいながら、わき腹や腰を撫でさすり、
首すじから二の腕をなぞるように撫で上げて、深々としたディープ・キッスを交わすと、
やおら下半身をあらわにして、ねずみ色のタイトスカートの奥へとさぐり入れてゆく。
女房のやつは無我夢中で、男の唇をよけようとしながらすぐにつかまえられて、
せめぎ合わされる唇に、知らず知らず唇で応えはじめてしまっていて、
ねずみ色のスカートが皺くちゃになりながらせり上げられてゆくのにも気づかない様子――
やがて、男の股間に生えた毒蛇は、女房の太ももの奥へと侵入して・・・
「ああっ~!!」
絶句する女房のうえにのしかかって、やつは我が物顔に腰をふるいながら、強引に上下動をくり返す。
「アッ、アッ、アッ、アッ・・・」
女房のやつ、焦りながらも身体の動きは正直に、無理強いな上下動に、自分の腰をぎこちなく、合わせていった。


その夜からしばらく経ったある晩のこと、俺は初めて告白を受けた酒場で、やつを前に盃を傾けていた。
あの晩、俺は先にその場を離れた。
女房を犯した後のやつと言葉を交わしてみたい気もしたけれど、
熱々なお2人さんをそのままにさせておいたほうが無粋じゃないという気がしたのだ。
目のまえで女房を犯されながら、やつに独り占めさせてしまった俺は、
もうとっくに女房の不倫の共犯者になり下がっている。
「なり下がる、なんて言いなさんな」
男はゆうゆうと酒を酌みながら俺にいった。

娘が気に入ったら、その母親がどんなものか、気になるもんだ。
のり子ちゃんは見かけはぱっとしないけど、(ひとの娘をつかまえてまだそれを言うか)
生き血の味はじつに佳い。
いつもうっとりしながら、愉しませてもらっている。
ライン入りの靴下、もう1ダースくらい破っちまったかな。
おかみさんも太っちょだけど、(ひとの女房をつかまえてそれを言うか)
生き血も美味いし、身体もいい。
あんた、おかみさんとは週になん回やってんの?
なんだ、ごぶさたなのか。もったいねぇ。
家ん中でもスカートにパンストって、いい趣味だな。
おかみさんのパンストも、もう1ダースはとっくに破ったな。
え?14足だって?あんた全部視ていたのか?

浮気の現場を残さず視ていたと告げる俺に、やつはくすぐったそうに、少し誇らしそうにして笑った。
すがすがしい笑いだと、なぜか思った。
俺も笑った。
男ふたりは、声を合わせて、笑いこけた。
笑い終えた後、気分がスッキリするくらい、腹の底から笑い合った。

あんた、本気でうちの女房に惚れたみたいだね。
いつもしんけんに女房と接してくれて、女房を夢中にさせてくれているね。
ご無沙汰にしていただんなとしては、感謝しなくちゃいけないのかもな。
俺は俺で、そこそこ遊んでいるから――あいつにはちょっと、済まない気でいたんだ。
さっきご無沙汰だと言ったけど。
さいしょに覗いたあの晩のあと、家に戻って来た女房のことを有無を言わさず押し倒してね。
物音が聞こえていたはずなのに、二階の勉強部屋は、やけにひっそりしていたっけな。
あんたがうちに来るときも、娘はいつもああしているのかい?

浮気帰りの女房を押し倒したその夜から、週になん度かはやっているんだ。
「夫婦のセックスも、たまにはいいよね」とか言いながらさ。
でもあいつ、あんたとの関係は断とうとしないんだよな。

迷惑かな?
やつは訊いた。
迷惑だね。
俺は応えた。
でも、歓迎する。
あとをつづけた俺に、やつはにんまりと笑った。
あんたのご一家を征服できて、嬉しく思う。
あんたに家族で征服されて、嬉しく思う。
やつの口真似で返してやると、「きょうはおごろうか」いつもと同じセリフを、口にした。
「けっこうだ」
俺はいつものように、やつの好意を謝絶した。
それはそれ、これはこれ。
俺の女房の貞操を、酒代なんかでごまかそうとするなよ。
あんた、本気で女房に恋をしてくれているんだから。


あとがき
前作のスピンアウトです。
どうも話が熟女のほうにエスカレートすると、ついつい熱がこもります。
このお話、今朝ほどあっぷしたつもりでいたら、あっぷできていませんでした。
改めて読み直して、再あっぷいたします。
2018.6.11 AM8:14頃脱稿
前の記事
夕方6時以降の公園
次の記事
あまり美しくない少女の場合。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3599-fa6292ae