FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

街のタウン情報――春山さん宅で『人妻狩り』が行なわれました。

2018年06月28日(Thu) 07:34:34

当村の法事に都会の奥様が招ばれるときに、決まって始まるのが「人妻狩り」です。
6月27日に行われた春山家の法事でも、「人妻狩り」が行われました。
ターゲットは春山家の三男坊のお友だちの奥様という、当村からは遠い関係のご婦人です。
もちろん、当村にこうしたしきたりがあるということは、ご夫婦ともに聞かされていません。

「法事の最中から、『人妻狩りだ』、『人妻狩りだ』・・・と村の方たちが口々にそう呟いているのが聞こえてきました。初めのうちは、なんのことかわかりませんでした。まさかうちの妻が狙われているなどとはつゆ知らず・・・ですね」
そういって苦笑するのは、晴れて奥様を村の男衆たちの性奴隷に捧げて気前の良さをみせた夫の深山さん。
遠縁の法事ということで招かれたこの村で、奥さまの翠さん(36)が、逞しい村の男衆たちの生贄にされるのをみすみす見せつけられる羽目に遭ってしまいました。
「そりゃとてもメイワクでしたよ。どうしてボクの妻がそんなことにならなきゃならないのか?って、抗議もしましたし、やめてほしいとお願いもしました。でも、断り切れなくなっていったんです」
最初はそんなふうに、奥様と村の男衆との性交を拒んだ常識的な深山さんだったのですが・・・
「いまでは後悔していません。妻がヒロインの淫らな宴を実見するという貴重な機会に恵まれたと感謝していますし、妻ともどもこの村への移住を考えています」
深山さんは都会育ちのサラリーマン。もちろん自分の妻をほかの男性たちに提供するしきたりに巻き込まれたのは初めてです。
「妻を愛していましたし、いまでも愛しています」という深山さん。
いったいこのようにひょう変することができたのは、どういうことだったのでしょうか?

「だんなさんを女装させたんですよ。このテを使うと、けっこうな確率で夫婦ともに墜とせます」
というのは、村の長老格の花地アキラさん(58)。
「じつは、わたしもこのテで堕とされちゃった旦那の1人なんですがネ」
アキラさんは、そういって照れ笑いをしました。
そう――ご自身も都会育ちの身でありながら、数年前、奥様を伴われて当村に移住、「人妻狩り」を体験したご主人なのです。
じつはアキラさんも、移住後一週間で奥様ともども堕とされてしまった1人です。
「人妻狩りに遭った奥さんのご主人は、その晩のうちに強制的に女装させられて犯されるんですが、なんだか本当の女にされた気分になって、物凄い昂奮してセックスしてしまいました。男相手に――それも全員が、妻を犯した相手でした。でもそれ以来、女として犯されることにはまってしまったんですね。その晩以来彼らと意気投合しましてね。この村に棲みついて、妻を日常的に提供するようになったのは、自然の成り行きでした。妻も男衆たちにうまいこと言い聞かされてしまって――それ以来、村で夫婦ながら調教を受けることになったんです。家内を最初に犯した長老様とはいまでも夫婦ともどもねんごろなお付き合いですし、身内の奥さん連中も、少しでも若いうちに紹介してあげようと思いました。それで、娘夫婦や弟の一家まで巻き込んだのです」
都会で暮らす身内を紹介して人妻を3人奴隷に堕とした功績?から、アキラさんは都会出身者としては異例の抜擢?長老格に収まっているのです。

アキラさんのお話はあとのお愉しみとしまして――昨夜最愛の奥様を淫らな宴のヒロインとして提供された深山さんの話に戻ります。
アキラさん曰く――
「犯した人妻のご主人は、たいがいそんなふうに、強制的に女装させちゃうんです。女装したご主人は、たったいま奥さんを犯した男衆たちに、女として犯されます。つまり、夫婦で同じペ〇スを体験するんですね。この効果はけっこう絶大です。夫は妻に対して尊敬されるように振る舞うものですが、自分自身まで女にされて犯されてしまうと、そんな薄っぺらい羞恥心というかプライドは、吹っ飛んでしまいます。特に女装に目ざめてしまうご主人の場合だと効果は絶大ですね。いままでなん人もこのテで、ご主人を味方につけています」

村の男衆の逞しい身体に代わる代わる妻を蹂躙されるのを目のまえに、自身も女の姿にされて凌辱されてゆくご主人――嵐が過ぎ去ったあと、ご夫婦は目線も合わさず、声を立てる気力もなく、しばらくは四つん這いの格好のまま、その場に座り込んでいたそうです。

「まず奥様を、別室に連れて行きました。そこではもちろん、乱交パーティーの再開です。ご主人も自分の奥様がなにをされているのか、わかっていらっしゃる。わたしもあえて否定しない。奥さんと仲良くさせてくれてありがとう――くらいは言ったかな。それから、諄々とお説教です。深山さんも、ぼくの話をさいごまで素直に聞いてくれましたよ。それで、こんなふうにお話したんです――」

「いちど打ち解けちゃうと、もう元には戻れない。奥さん男の身体を覚えてしまったからね。ご主人がいくら邪魔したところで、奥さんは男に逢いに行く。ご主人に隠れてでも逢って、抱かれてくる。そんなことで夫婦の間に秘密ができたら、却ってよくないじゃありませんか。観念して交際を認めてあげたほうが、賢明ってもんですよ」

「この時肝心なのが、『わたしも経験者ですから』って言ってあげることです。同じ経験をしたもの同士の共感がここで生まれますからね。あくまで意地を張っていたご主人も、『あなたもそうなんですか』となってしまう。それで、こちらも言うんです。『恥ずかしいけれど、妻が犯されるのを見て昂奮してしまいました。だからもう何年も、この村に棲みついてしまったんです。貴男もここにお住まいになりませんか?奥様の恥も外には洩れませんし、恥ずかしい昂奮もこの村の人たちはわかってくれますからね』――このへんが、まあとどめといったところでしょうか」

「頃合いを見はからって、奥様を連れ戻してきます。相手は皆、気心が知れていますからね。なにしろ、ぼくの妻も『人妻狩り』にかけた連中ですから――それで、夫婦で晴れてご対面です。奥様は全裸の状態で、乱れ髪、あられもない姿です。ちょっとのあいだご夫婦はお互いの視線を避けていらしたのですが、奥様のほうから、思い切って口火を切りました――『私、この方たちの愛人になります。それでもあなたの妻でいさせてもらえませんか?』たいがい女性のほうが度胸が据わっていますから、こんな極限状態でもイニシアチヴをとれるんです」
ご主人はなんと?
「エエ、もの分かりよくなっておられましたよ。ご主人はまだ、女装姿のままなんです。『きみがそうしたいのなら、仕方がないな』って、理解のあるところをお示しになりました。でも、それだけでは済まされません――」
「ぼくね、言ってやったんですよ。『ご主人、さっきの話と違うじゃありませんか?それでは奥様だけが悪者になってしまいます』お2人で仲良く暮らしていくには、ご主人が許すだけでは十分ではないのです」
では、どんなふうに?
「『ぼくの言うとおりに、仰って見て下さい――わたしもきみと同じように女になって、きみを抱いた男たちに抱かれたい。それから、きみがわたしを裏切ってほかの男のものになっていくところも見届けたい。ほかの男と昂り合ってるきみをみていると、ドキドキするんだ』――そう言って御覧なさい」
「奥様は息を詰めて、ご主人がぼくの言った科白をなぞるのを聞いておられました。無理に言わされている感じではなかったですね。ちゃんとした情感がこもっていました。これでOKなのです。そこでその場で、儀式の再開です。奥様もご主人も、いったん別々に身体を洗ってきてもらって、着替えてもらいます。奥様は自分がもってきた喪服を着せられるとき、ひどく恥かしがっていました。服を着るともとの深山夫人の気分に戻りますから、羞恥心が高まるんですね。ぼくたちのつけめもそこにあるんです。そしてご主人はもちろん、女装です。ご主人もまた、喪服を希望されました。仲間うちに服屋がいましてね――たいがいのサイズの婦人服はあつらえてくれるのです。
それでさっそく、女2人――奥様と女になったご主人と――を取り囲んで凌辱パーティーです。夜が明けるまでには、お2人の気持ちはすっかり、変わってしまっていましたよ」

深山さんは記者の取材に応えて言いました。
「さいしょはなんてことをと思ったのですが、朝になるころにはアキラさんへの感謝の念でいっぱいでした。妻もノリノリになってしまって、その日の夜には『もういちどしてもらおうよ』と、大人しい妻のほうから言い出したのです。びっくりしましたけれども、嫉妬と昂奮とで、ズキズキしてしまった自分がいました。それで、妻を連れてアキラさんの家に伺ったのです」
ちょうどアキラさんの奥様は、別の男性との逢瀬に出かけていました。そしてアキラさんはさいしょに翠さんを犯した男性のほか数名に声をかけ、ご夫婦を交えた乱交を再び、朝まで愉しんだということです。

「人妻狩り」が別名「人妻借り」と呼ばれるのは、きっとこうした村の衆とご主人との平和な関係があるからではないでしょうか。
前の記事
いもうと
次の記事
紳士用ハイソックスと光沢ストッキング

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3606-144beb36