FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

【小話】男の看護婦

2018年08月06日(Mon) 04:07:18

看護婦募集のポスターを見て、その小さな医院を訪れた。
男だけれど、応募して良いかと訊いてみた。
男だけれど、白のストッキングが穿きたいのだと。

先生は言った。
うちが募集しているのは看護婦です。
たとえ男性でも、女性のナース服を着て、白のストッキングを穿いていただきます。
着用するストッキングは薄地のものにかぎるので、すね毛はきれいにしていただきます。

看護婦が増えてから、医院は患者が増えて繁盛した。
みんな、男の看護婦が目あてだった。
医院が繁盛したのは、わたしが働きものだからだと思っている。
夜も看護婦の服を着て、患者ではない来院者の応対をしているのだから。
前の記事
【小話】アウトドア派
次の記事
【小話】女医さん

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3612-c40ca454