FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

短文:少年の母親と姉と彼女(ちょっと変更♪)

2018年12月09日(Sun) 03:25:22

その少年は、母親が父親以外の男に逢っているのを知っていた。
物陰に隠れて覗き込む少年のまえ、彼女はそうとは知らず、男に身をゆだね、不倫の逢瀬に悦んでいた。
その光景に、本能的にゾクゾクしてしまった少年は、
母親の密会を父親に対して黙っていることに決めた。
相手の男もまた、少年が自分たちの密会を覗いているのを知りながら、
これ見よがしにその母親を抱きすくめ、情痴のかぎりを尽くしていった。

やがて男は、少年の姉とも逢うようになった。
母親は、娘が男の情欲に、嫁入り前の素肌を犯されていると知りながら、その行為を黙認しているようだった。
少年はやはり、ふたりの逢瀬をドキドキしながら見守っていた。

やがて少年は、つぎの男の獲物が、自分の彼女であることを覚っていた。
さすがに彼は恋人を守ろうと身構えて、男を彼女に近づかせまいとした。
ところが案に相違して、男の次の目当ては、少年自身だった。
母親や姉と同じ経緯をたどってズボンを脱がされ、女同様に犯された少年は、
男の欲望に身をゆだねて、同性同士に歓びに耽り抜いていった。
そして、男の恋人となった少年は、自分から彼女を男に引き合わせて、
未来の花嫁の純潔を、男の愉しみのために捧げ抜いていた。

母親、姉、妻と、自分にとって大切な三人の女を愉しまれながら。
彼自身も男の恋人となって、抱かれるのを覗き、自身も抱かれ尽しながら、
歓びを深めてゆくのだった。


あとがき
少しだけ、変えてみました。
吸血鬼モノから、両刀使いモノに。
どちらも同質に感じるような気がするのは、私だけ? ^^;
前の記事
洋館の淫らな夜 ~キースの場合~ 1
次の記事
短文 少年の母親と姉と彼女

コメント

三つの鐘~ を読んでから、ブログを下にスクロールして、このお話を読みました。改めて読むと話の続きとして繋がりを感じます。
母親、姉、妻、さらには自分までもがオンナとして捧げていくというストーリーは、夢中で読んで妄想へと繋がって行きます^^;

そんなお話、これからもいっぱい書いて読ませてください。
by ゆい
URL
2019-01-26 土 04:52:00
編集
ゆいさん
過去のお話はどんどん視界から遠ざかっていって、しまいにはスクロールしてもたどり着くことのできない彼方へと過ぎ去ってしまいます。
そうなりかけたお話に目を留めて下さり、ありがとうございます。

言われるまで気がつきませんでしたが、たしかに同じプロットのお話ですね。
もしかするとこの侵入者がいちばん執着しているのは少年で、少年を愛すればこそ彼の周囲の女たちをも征服したくなったのかもしれません。
読み返してみると、いろいろ深読みできるお話かもしれないですね。
いささか自画自賛ですが。
^^;
by 柏木
URL
2019-01-26 土 10:10:21
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3679-f7b5fcf4