FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

「逆」単身赴任。

2019年01月06日(Sun) 08:06:46

夫が出勤の用意をしているすぐそばで、嘉藤和香子は受話器を片手に自慢のロングヘアをブラッシングしていた。
「ええいいわ。9時にホテル松ね?間に合うように行く。
 あっ、でも喉渇いてる?吸血のほうは手かげんしてほしいの。
 夕方ね、べつの方と先約があるから・・・」
和香子が受話器を置くと、入れ違いのように嘉藤がネクタイをいじりながらリビングに戻って来た。
「うまく締められない」
和香子は「はいはい」と言って夫に寄り添うと、器用な手つきでネクタイを直してやった。
ネクタイを直されながら嘉藤は、
「おれ、今夜は帰り遅いほうがいいの?」
と、訊いた。
「貴方さえ気にならないのなら、いつ戻って来てもいいわ」
「ん、わかった」

午後2時――
「これでよしと。じゃあねえ♪」
和香子はまだベッドにいる愛人に向かって小手をかざし、おどけた様子でその手を振った。
身づくろいはきっちりできていたが、首すじを咬まれた痕は淡い血潮をまだあやしていたし、
男の手で脱がされたストッキングはふやけたようになって、ベッドの端からじゅうたんに垂れていた。
「ストッキングはおみや(お土産)。好きにしてね」
犯した女の脚からストッキングを脱がしてせしめるのが、この情夫のくせだった。
部屋を出る間際、和香子の携帯が鳴った。
「はい?」と応える和香子の声と入れ違いに、嘉藤の声がひびいた。
「あ・・・だいじょうぶかな・・・と思って」
和香子は内心チッと舌打ちをすると、いった。
「お洋服は平気。ストッキング破られただけ。ホテルのベッドで、8回したわよ」
サバサバと言い捨てると、一方的に携帯を切った。

午後4時。
家のインターホンが鳴った。
「早いわねぇ・・・」
和香子はぶつぶつ言いながら、出た。
そして、玄関の前に立った男がだれなのかを確認すると、
「はーい、もうちょっと待ってぇ。あなたのために目下、絶賛お着替え中♪」
そういって、一方的にインターホンを切った。
約束は、5時だった。
でも女は表に待つべつの情夫を、インターホンの鳴った20分後には入れてやった。

午後7時半。
近くのパチンコ屋で時間をつぶすつもりが、玉の出が悪くて中途半端な帰宅になってしまった。
この刻限だと、妻のいる家にはまだ、男がいるかもしれない。もういないかもしれない。
約束は5時だと言っていたから、2時間もあれば妻の生き血も身体も、侵入者はじゅうぶんにたんのうした後だろう。
この街で、吸血鬼が人妻のもとに通うということは珍しい出来事ではなかったし、
それを承知で当地に赴任を決めたのは嘉藤自身だったから、
ふたりきりでいる時間を長くしてやるのも夫の務めだと考えていた。

都会妻は特に人気があって、同じ事務所に赴任してきた同僚のほとんどすべては、妻を吸血鬼に寝取られていた。
吸血行為を伴う逢瀬だから、毎日というわけにはいかなかった。
多い人で週2か週3が限度だった。
ひとりの相手に忠実に尽す人妻もいれば、なん人もの吸血鬼を情夫にもつツワモノもいた。
和香子の場合は後者だった。
そもそものなれ初めが、赴任直後に開かれた歓迎会が、そのまま乱交パーティーに移行したのだ。
目のまえで輪姦される妻が随喜の声をあげるのを、嘉藤は半ば絶望を感じ、半ば安堵を覚えながら見守りつづけた。

浮気妻に気を使って帰宅を遅らす自分を卑屈だと、年老いた母にはよく詰られた。
しかし、息子夫婦を詰問に訪れた母は嫁の情夫のひとりと出くわし、返り討ちに遭うように血を吸われた。
人妻の血を吸うと例外なく濡れ場をともにするのが彼らのしきたりだったから、
嘉藤の母も例外なく、そのようにあしらわれた。
以来母は嫁の不倫を憤ることをやめて、どうやって父を説得したものか、息子の赴任先に着飾って訪れるようになった。

恐る恐るドアを開けた自宅は、真っ暗だった。
嘉藤はああやっぱり、と、ため息をついた。
まだ帰って来るべきではなかったと思った。
それでも玄関を施錠し、靴を脱ぎ、身体が意思を喪って動くかのように、夫婦の寝室の前にたどり着いた。
「あぅあぅあぅあぅ・・・」
部屋のなかからは、妻があげる露骨なうめき声が洩れてきた。
昼間に咬まれたのとは反対側の首すじから血をしたたらせ、それを夫婦のベッドのシーツにぽたぽたと散らしながら。
真っ赤なスリップ一枚に剥かれた妻は、血色のわるい皮膚をした男と抱き合っていた。
むっちりとした太ももが、かすかな灯りを受けて白く輝き、夫の目にもなまめかしい。
吊り紐が外れかかってしわくちゃになった真っ赤なスリップが、妻がふしだらに堕ちていったことを物語っていた。

午後10時半。
「すこし、弱くなったんじゃない?」
ベッドから身を起こして、和香子がいった。
シーツを取り替えた後、やっと自分のものになった夫婦のベッドに身を横たえると、
嘉藤は獣のように妻を襲っていた。
妻の情事を目にすると、不覚にも劣情がむらむらと沸き起こり、情夫がベッドを離れると、つかみかかるように妻を押し倒すのがつねだった。
さいしょのうちはねちねちと妻を責めながら、軽く数時間は行為を続け、「まるで新婚のころみたい」と妻に言わしめた嘉藤だったが、
さすがに五十の坂を越えると、あちらのほうもさほどお盛んではなくなったらしい。
そのことと妻への愛情とは、また別次元の問題だったが――

先刻、部屋を出てくる情夫とはち合わせになると、
「ゥ・・・お邪魔しました」「いえ・・・どうも」と、男ふたりはきまり悪げにあいさつを交わし、
そのようすを和香子は面白そうに見ていた。
この情夫と夫とは同年輩のせいか、気が合いそうだと思った。
いちど三人でお酒を飲みましょうよという和香子の提案は、いまのところまだ一日伸ばしになっている。

「寝たばこはだめよ」
そういって和香子に取り上げられた洋モクを残り惜し気に見送りながら、嘉藤はいった。
「転勤が決まった」
「あ・・・やっぱり」
和香子はそうひとりごちると、夫にいった。
「私、この街に残るわ。お相手さんたちが悲しむもの」
「やっぱりな、そういうと思った」
「あなた単身赴任して下さい。もちろん、いつ戻って来てもいいわ。
 もともと私、平日は”アルバイト”で忙しいし、貴方も帰り遅いでしょう?
 平日にあまり会えない夫婦が、平日は全然会えなくなるだけじゃない」
「今つき合ってる人は、なん人いるの?」
夫の問いに、和香子は3人・・・4人・・・と、指折り数えて、いった。「7人よ」
一本一本折られてゆく和香子の指に嘉藤の目が吸いついてくるのを、和香子は感じた。
「7人も悲しませるわけには、いかないよなぁ・・・」
嘉藤はどこまでも、お人好しな亭主だった。

翌週、嘉藤の送別会が地元の男衆たちによって、賑々しく開かれた。
情夫たちの間をお酌して回る和香子を見ながら、俺の選択は正解だったと、嘉藤は思い込もうとした。
振る舞われた高い酒が、あと1杯で尽くされる。
こちらが地酒を飲んだのと見返りに妻を抱かれてしまうのは、歓迎会の乱パ以来のすじ書きだった。
今夜もきっと、そうなるのだろう。
一座の間から女性の姿が一人ずつ消えていき、七人の男衆はお酌をして回る和香子の立ち居振る舞いに目線をくぎ付けにしていた。
「ご主人飲んだ?そろそろいいかな?」
部屋の照明のスイッチに手をやる男衆のひとりに嘉藤が頷くと、灯りが消えた。
きゃあっ・・・
女の叫びがひと声あがり、真っ暗になった部屋は獣たちの熱気のるつぼと化していった。
前の記事
「逆」単身赴任――街の体験を再現する夫たち
次の記事
世を去ったはずなのに。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3686-df5601df