FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

≪紹介≫非公開記事となって埋もれていたお話。

2019年02月21日(Thu) 06:17:28

過去記事のデータを見直していたら、ひとつ「非公開」のままになっている記事を見つけました。
日付は2009年11月30日。10年近く前のものです。
当時はほぼ全作を入力フォームに直接打ってそのままあっぷしていました。
たまさか行き詰まって途中で挫折して、非公開のまま埋もれたものもなくはないのですが、
読み返してみたら、ちゃんと一編のお話として成立していますし、
10年近くも前に描いたのに、描いた記憶も薄っすらと残っています。
どうして非公開にしてしまったのか?はやった本人にとっても謎ですが、誤操作だったのかもしれません。
せっかくなので、公開化しました。

ブログのトップにあげることも考えたのですが、「いつ描いたのか」も記録の一部と感じますので、
あえてあっぷの日付通りのところにあげておきます。
とはいえ、それでは確実にだれの目にも触れずに埋もれてしまいますので、リンクだけは貼っておきます。

http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1933.html

タイトルは、「ひっそり迫る。」。

まだ性の歓びに目ざめていない、年端もいかない少年が、都会から移り住んできた人妻に迫り、生き血を吸い取ってゆく。
親しくなった土地の者にそそのかされたその人妻のご主人は、
穴をあけられた障子ごしにいちぶしじゅうをのぞき見して、ひそかな昂ぶりを覚えてしまう。
少年の手がワンピースの奥へとそろそろと伸びて、静かになった奥さんの足許からストッキングを抜き取ってゆくところまで。

そんな感じのお話です。^^
前の記事
≪紹介≫非公開記事となって埋もれていたお話。 その2
次の記事
やれやれ。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3703-9cf37691