FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

≪紹介≫非公開記事となって埋もれていたお話。 その2

2019年02月21日(Thu) 06:35:05

効率の悪い話ですが・・・。(^^ゞ
もうひとつ、同じようなお話を見つけてしまいました。
前記事で紹介したお話は、弊ブログには珍しく夜の刻限のあっぷでしたが、
今回のものは朝の8時。
書き上げたは良いけれど、仕事に出かける時間が迫って、うっかり操作を間違えたものと想像します。
このお話の前編らしきお話が、保存時刻の約20分まえにあっぷされています。
そうすると、本作の制作時間も約20分。
即興で描いたので短いのですが、このお話も描いたののをなんとなく憶えています。


題して、「夏祭り帰り」。
初体験の名残りで内またになった娘たち。
化粧がすっかり派手になった奥さん。
弟の婚約者は派手に裂けたストッキングをまだ脚にまとっていて、家まで穿いて帰ると言って恋人を困らせている。
淫らな村祭りから一夜明けて、都会に帰る家族の風景です。

http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1815.html
作品番号は、1815。
まだまだ若いですな。。
ちなみに前記事は、3703です。
あっぷされた記事数がこの数字より若干少ないのは、前記事で描いたように、描きかけで挫折してしまったお話が若干存在するためです。

「お話を1000話まではあっぷをして、”千夜一夜物語”にしたい」と思っていたのは、遠い日のことでした。 (笑)
前の記事
ひとり残らずモノにする。
次の記事
≪紹介≫非公開記事となって埋もれていたお話。

コメント

いつも楽しく読ませていただいています。今回のようにまだ読んでいないのを紹介していただくのは嬉しいですね。

最新記事は真っ先に読んでいますが、過去のお話は、切っ掛けが無いと読むことが少なくなっています。
時々、過去のお話でお勧め記事を紹介などして頂けたら、積極的に読めると思いますので、そんなことも宜しくお願いしますね。

by ゆい
URL
2019-02-22 金 05:38:48
編集
ゆいさん
まだゆいさんがこちらにいらしていない頃のことですが、
ひところ過去記事を積極的に取り上げたことがありました。
でもその時分は反応がほぼ皆無だったので、その後はぴたりとやめてしまっていました。

いまでも、「紹介」のカテゴリで検索すると出てきます。
もしかすると、ある時期に集中しているかも?

過去記事への書き込みは大歓迎ですので、もしお目に留まるようなものがありましたら、遠慮なくコメントくださいね。
(^_-)-☆
by 柏木
URL
2019-02-25 月 06:22:42
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3704-77a7b030