FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

共犯者。

2019年02月26日(Tue) 06:22:16

ライン入りのハイソックスを履きたくて、ある運動部に所属した。
折あしく、学校は吸血鬼の巣窟だった。
部活前に呼び出され、真新しいハイソックスは泥まみれになる前に、血に浸された。
それが病みつきになって、2回に1回は部活をさぼり、吸血鬼に逢った。
チームメイトを裏切る罪悪感には、悩まずに済んだ。
だって、誘いをかけてきたのはチームのキャプテンで、ふたりいっしょに教室の床に転がされ、
脚を並べてハイソックスのふくらはぎを愉しまれていったのだから。
前の記事
変化の進度。
次の記事
母親似。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3713-c1b8b6d5