FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

”彼女”の妻。

2019年03月10日(Sun) 09:29:58

以外にも。
”彼女”の妻は、乱交サークルに参加しなかった。
不倫女房がなにをいうかといわれるかもしれないが、
彼女は彼女なりに真面目であって、純情だった。
夫以外の男に抱かれる罪悪感をさほど感じずに済んだのは、相手が吸血鬼だったからだった。
女装者として夫が経験を重ねることに、彼女はいっさい口出しをしなかったけれど。
乱交サークルへの参加は、「それだけは嫌」と、はっきりとした意思表示をした。
「貴方以外の男性は、吸血鬼さまだけにしたいの」
そういわれた”彼女”は、最愛の妻の貞操を譲り渡す相手は、吸血鬼ひとりに限ることに同意をした。

お互い不倫を重ねながらも、夫婦は信頼し合い、愛し合っていた。
前の記事
時空を超えた男
次の記事
”彼女”。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3740-6b8ef264