fc2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

恋。

2019年04月10日(Wed) 06:54:43

どうしてうちの家内だけを襲うんだ!?
路上で襲われそうになった妻をかばいながら、照也はいった。
・・・あんたの奥さんの血が旨いからだ。
男は、ちょっと口ごもりながら、そうこたえた。

照れ隠しの強がりがみえみえだと、翠はおもった。
そして女の直感で、このひとは私のことが好きになったのだ、と、見抜いていた。
照也は照也で、同じ男として、目の前の吸血鬼が妻に恋していると感づいていた。
夫婦は顔を見合わせた。

私、恋をしてもいいかしら?
わざと独り言のように呟かれた言いぐさに、照也はあわてて聞こえないふりをした。
そして相手の男をにらみ返すと、「絶対死なせないでくれよ」と言い残して、近くの公園のほうへと立ち去っていった。
顔を見つめ合った一対の男女は、夫に少し遅れて、公園に入っていった。
そして、だれもいない公園の片隅で、むつみ合っていった。

嵐が過ぎ去ると、女はしずかに身づくろいをして、起ちあがった。
男は女に手を貸してやり、よろけた女を抱きとめて、優しく優しく腕に力を込めていった。
女は男のなすがままになっていた。
半脱ぎになったストッキングを男が欲しがると、女は脱がされるまま脱がされていき、
丁寧にたたんで男の掌のなかに収めてやった。

それ以来。
翠は誘われても良いというときにはストッキングを脚に通して男を待ちわびて、
照也はそんな妻のいちぶしじゅうを気づかわし気に見届けるようになった。
前の記事
Love affair
次の記事
みすみす

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3761-d4ff9ec0