FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

男の責任。

2019年04月28日(Sun) 06:16:42

さいしょにボクが、吸血鬼に狙われて生き血を吸い取られた。
彼と仲良くなったボクは、妹を紹介した。
妹もウットリしながら、うら若い生き血を吸い取られた。
それからママを紹介した。
ママもウットリしながら、熟れた生き血を吸い取られた。
おばさんでも女の人の血は美味しいのかな?と思ったら。
熟女の生き血は格別なのだと諭された。
ママはお父さんがいるのに恥ずかしいといって照れていたが、
数日たったら、パパを紹介していた。

なん度か吸われているうちに、妹は吸血鬼に犯されてしまった。
責任取って!と責められて、けっきょく妹と結婚した。
はからずも、ボクは自分の花嫁の純潔を、彼に捧げたことになった。
ママは、責任取ってとはいわなかった。
もう結婚しているから、それはいいのよと言っていた。
納得できるような、納得できないような説明だった。
でも――ママに責任取ってと迫られたら。
ママとも結婚してあげるつもりになっている。
前の記事
家長の責任。
次の記事
男子生徒がハイソックスを履く学校で。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3778-f1176ee7