FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

身代わり。

2019年04月28日(Sun) 06:32:30

学校帰りのハイソックスを狙われて、吸血鬼に襲われた。
彼はぼくのことを、女のように愛した。
そして妹を愛し、母さんを愛し、父さんのことまで服従させたうえ、愛してしまった。
家族全員が、お互いに、彼に愛されるところを見つめ合った。

母さんが愛されているときは、妹やぼくが、父さんの前で母さんの代わりを務めるようになった。
男に抱かれることにはもう、なんの抵抗もなくなっていて、
相手がだれであれ、寂しい刻を慰めるには、こうするのが良いのだと感じるようになっていた。
前の記事
前3作。
次の記事
家長の責任。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3780-c7af27dd