FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

礼節と露骨

2019年05月23日(Thu) 07:59:42

なん度となく、公園でのアポイントメントを重ねていくうちに。
彼女が迷っているのを俺は感じた。
吸い取った血液は、彼女の思惑を余すところなく、伝えてくる。
彼女は思ったよりずっと年上で、娘がひとりいた。
夫はかなり以前にいなくなっていて、以後は彼女の看護婦としての収入が、母娘の日常を支えていた。
通りがかりの吸血鬼に献血をするという破格の好意を、彼女がどうして示してくれたのかまではわからなかったが、
彼女は自分の選択を悔いてはおらず、俺のふるまいにも満足していた。
ストッキングを破かれながら脚から吸血されるのは、
さすがにさいしょは厭々だったけれど。
そうすることが俺の満足度を深めると知ると、
同じく血液を喪うのなら、相手の満足のいくようにして、少しでも有効度を高めようと、
職業意識を奮い立たせて、応じてくれた。
俺が性交渉をした衝動をこらえているのも、察してくれていた。
いますぐ許すつもりはないにしても、俺のふるまいに彼女は、つねづね敬服してくれているようだった。
そうとわかるとなおさら、彼女を抱く猿臂に、いやらしさを込めるわけにはいかなくなった。
それくらい、彼女の好意と信頼とは、俺のなかで貴重なものになっていた。

うちにいらっしゃい。
そう誘いかけるのを、彼女はずっと、ためらっていた。
家に吸血鬼を招くことで、娘に岐南が及ぶことを、じゅうぶんに察していたからだ。
彼女が俺を招待すると決めるまでに、ストッキングを1ダースも破らせる羽目になっていた。
そんな生真面目な人の勤め帰りをつかまえて、ストッキングを破りながら吸血する。
一定のルールを守りながらも、俺は不埒な遊戯をやめられなくなっていて、
いつも脚に通している地味目なストッキングに、きょうもいやらしいよだれを塗りこめていった。

ナースストッキング、穿いてきてあげたわよ。興味あるんでしょう?
彼女は冷やかすようにニッと笑って、白ストッキングに透けた脚を見せびらかした。
そして、俺が目の色を変えてむしゃぶりつくのを、
勤務先で立ち働くときの装いをふしだらに乱されてゆくのを、
しまいに見る影もなくチリチリにされて、ひざ小僧がむき出しになっていくのを、
面白そうに見おろしていた。

礼節をもって。
けれども露骨に。
俺は彼女に迫り、彼女も毅然と胸をそらして、それを受け入れた。
前の記事
娘を紹介される。
次の記事
物腰の落ち着いたご婦人だった。

コメント

看護婦さんとのお話、続きますね~
白ストッキングで乱れる姿が目に浮かんできますね。白だとさらに赤が映えるでしょうね。

ヌルヌルにチリチリに成って行くナースストッキングを想像するだけで勃起してしまうのは、かなり重症だとは解っていますが、抑えられません。
by ゆい
URL
2019-05-24 金 05:57:03
編集
ゆい さん
礼節と堕落とは、どうしてこうも相性がよろしいのでしょうか?
(^^)
・・・と思っているのは、私だけ?
^^;
いえいえきっと、貴女も同意してくれるはず。
(^_-)-☆

このお話、続くかどうか微妙ですが、温かい目で見守ってくださいね。
(^^)
by 柏木
URL
2019-05-26 日 05:24:56
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3798-8d0a983e