FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

昭代さんの願い

2019年06月01日(Sat) 16:16:06

熟妻の熟れた血潮。
女学生の清冽な血潮。

母娘ながら同時に咬まれていった女たちの身体からもたらされたふた色の血液が、
俺の喉と胃の腑と心とを、暖かく染めていた。

ふたりの身体から吸い取った血は、母娘らしく仲良く織り交ざって、
他では得られない歓びと力とを、与えてくれた。

おれはもういちど、ご主人のお仏壇に向かって、感謝の手を合わせた。
――まったく、あなたというひとは。
ご主人の霊が再び舞い戻ってきて、俺の合掌に苦笑で報いた。
――うちに上がり込んできた段階でもう、家内も娘も支配されてしまうものと観念しておりましたが・・・
というご主人に俺は、
「あなたの最愛のあのふたりを、俺は俺なりにたいせつに扱いますよ」
と、ぬけぬけとこたえた。
――娘だけは見逃してもらえるかと、かすかに期待しておりましたが・・・
  まぁ、あきらめがつきました。
ご主人の霊はただ、苦笑するばかりだった。
――わたしに視られながらするのは、落ち着かないものではないですか?
そんな気遣いまでみせてくれるご主人に、俺はいった。
「俺はけしからぬ趣味の持ち主で、旦那に見せつけながら奥さんを玩ぶのが好きなんですよ。
 むしろ愉しめました。お礼を言いたいくらいですな。
 でも案外、ご主人も愉しんでいるようですね」
そこまでいうとご主人は、フッと照れくさそうに笑ったような気配をみせ、
そして静かにその気配を消していった。

「あら、あら、まぁ・・・まぁ・・・」
ため息交じりの静かな呟きが、いかにもあきれたという声色を作って、
俺の耳もとに歩み寄った。
ため息交じりではあったが、そのため息はどこか、いたわりに満ちたたしなめになっていた。
彼女がたしなめのほこ先は俺のほうではなく、むしろ娘に対するものだった。
「こんなときでも、がんばり屋さんなんだから」
昭代さんは片方の掌で娘のおとがいに手を添え、もう片方の掌で黒髪を優しく撫でた。
おとがいに添えられた片方の掌は、そのまま肩先に滑り降りて、
肩や二の腕の輪郭をなぞるように、いたわりをこめた愛撫をくり返す。

「弱みを見せまいとして意地になって平気そうな顔をするから、
 このひと真に受けてまだだいじょうぶって思っちゃったじゃないの」
たしかに、ハイソックスを咬み破りながら吸い上げた血潮を通して、加代子さんは訴え続けていた。

”あたしは平気。まだまだ平気・・・あなたなんか、怖くないもの!”

俺も大人げもなく、少女の見栄をねじ伏せようと、やっきになった。

≪ほんとうに怖くないんだな?まだまだ平気なんだな?≫

つけっぱなしになったテレビに見入っているふりをした少女の目線が虚ろになっているのを知りながら、
俺はこの子の怯えるところを見たくなって、くいくい、くいくいと、わざと喉を鳴らしながら、加代子さんの生き血を吸い取っていったのだった。
加代子さんが吸血されているあいだ、昭代さんはずっと気絶していたはずなのに。
まな娘が生き血を吸い取られてゆくそんな光景を、正確に見抜いていた。

しょうしょうばつが悪くなった俺は、母娘のほうには振り向きもせず、
加代子さんからせしめたハンカチで、加代子さんの血に濡れた口許を拭った。
やりすぎた悪戯を隠そうとする、悪童のような気持になって。
そんなところもきっと、昭代さんは見通していたのだろう。
「お口を拭うには、こちらのほうがよろしいのではなくて?」
お母さんはイタズラっぽく俺に笑いかけ、娘のスカートを控えめにめくりあげた。
レエスのついた真っ白なスリップが眩しく、スカートのすそから覗いた。
俺はものも言わずにお母さんの手許から加代子さんのスリップのすそをひったくるようにつまみあげ、
頬にべったりと付いた加代子さんの血を拭いた。
静かになった娘の足許に突っ伏した格好で吸い取った血潮を頬から拭っている俺のことを、
昭代さんは静かに見おろしつづけていた。
すでに昭代さんのスカートはなん着も、こんなふうに吸血後のハンカチ代わりにされていた。

「残念ながら、娘の生き血も、お口に合ってしまったようですね」
すっかり身づくろいを済ませた昭代さんは、まだ蒼白い顔をしていた。
けれども彼女の表情は落ち着いていて、透き通る肌は気品をたたえ、すこし乱れた栗色の髪さえも、ふしだらなものを感じさせなかった。
「女を抱くと喉が渇く」
照れ隠しに吐いた勝手きわまる俺の言い草をさらりと受け流して、昭代さんはいった。
「せめて、お口に合ったと仰ってくださいな。痛い思いをした娘が浮かばれませんから」
後ろ半分の声色にほんの少しにじみ出た昭代さんの気持ちが、荒れた気分をしっとりと包んだ。
「娘さんの血は美味かった。つい夢中になって、やり過ぎちまった」
すこしだけ神妙な声色になった俺は、とうとう本音を吐いた。
自分の弱みを見せてしまったような気分になったけれど、
むしろそのことが、昭代さんには受け入れられたようだった。
「よくできました。素直でよろしい」
折り目正しい女教師のような口調で、婦長さんは俺の行為を受け入れてくれた。

「年頃の女の子ですから、あまり乱暴になさらないでくださいね」
彼女は暗に、これからも娘を襲ってかまわない、と俺に告げた。
「けれども――」
昭代さんは娘の血が撥ねたじゅうたんを見おろしながら、すこしだけ口ごもり、それからいった。
「娘の純潔だけは、まだきれいなままにしておいてくださいね」
それは――まったく異存がなかった。
好物の処女の生き血を、まだまだ愉しみたかったから。
「せめてあたしの気のすむまでは、まってくれないかな」
顔にはっきり書かれてあるような俺の本音を正確に読み取りながら、彼女はいった。
「気のすむって、どれくらい?」
俺の問いに彼女は苦笑して横を向く。
「そうね――そんなに待たせるつもりはないわ」
母親としての願いと言いたいけれど・・・といいつつ、昭代さんは口ごもる。
そしてしずかに、あとをつづけた。

だってあたし・・・あなたの女になったばかりなんだもの。
主人を裏切って操を汚してまで貴男に抱かれたのだから。
すこしのあいだで良いから、あたしだけのあなたでいてほしい。
これは、女としてのお願い――

加代子さんの傍らにうずくまる俺と、同じ高さの目線に彼女はいた。
その目は気のせいか、すこしだけ潤んで見えた。
俺は静かに彼女を抱き寄せ、
こわれものでも扱うようにそっと抱きすくめて、
唇に唇を重ねていった。
前の記事
余韻
次の記事
娘のことも、咬んでしまう。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3806-76394f2c