FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

夫の呟き。~若い日の記憶~

2019年06月23日(Sun) 09:53:09

まだ息子が中学生くらいのころのことでした。
わたしが昭代の浮気旅行に気がついたのは。

その週末、昭代は病院の慰安旅行があるからと、荷物をまとめていそいそと出かけていきました。
気丈な人柄で、若くして婦長となったほど有能な看護婦ではあったけれど。
真っ正直な女だったから、うそをつく器用さには恵まれていませんでした。
荷造りをしているとき、足りないものを買いに昭代が家をあけたとき。
わたしは昭代の荷物を開いて、なにか気になるものはないかと物色をしたのです。
まだ荷造りは始まったばかりで、入れていないものもいろいろあるに違いないとは思ったのですが。
妻がいない自宅という特殊な空気は、わたしにそんな恥を忘れた行為に駆り立ててしまったのです。

ボストンバックのなかからは、勤務の時に穿いている白のストッキングが3足、出てきました。
こんなものを仕事でもないのに、どうして持っていくのだろう?と思い、その理由にすぐはっとしました。
家内がいそいそと浮気に出ていくときには必ず、ストッキングを脚に通していったのです。
相手はストッキング・フェチなのだ。
もしかすると勤務中の昭代のストッキング姿を目にして、見染めたのかもしれない。
そう思うとむしろ、わたしは相手の純情さにほだされる思いがしました。
玄関で物音がするのを耳にしたわたしは、白のストッキングを1足だけ抜き取ると、素早く書斎の机の引き出しにしまい込んでいました。

昭代の旅行中。
幼かった娘は昭代の実家に預けられ、中学生の息子はスポーツに興じて家にはほとんどいませんでした。
たまの休みの真昼間に訪れた、妻のいない時間。
わたしは机の引き出しに忍ばせた白のストッキングを取り出すと、
自分の脚に通していったのです。
淡い脛毛の浮いた脚を、しなやかに包み込むナイロン生地の感触と、
すっかり女の脚のように見違えた足許にわれを忘れながら。
じかに穿いたパンティストッキングの股間に手を当てて、
我慢することのできなかった熱いほとびで、思う存分濡らしていったのです。
きっと同じことを、今夜昭代の情夫は冒すはずだ――そんな妄想に昂りながら。

週明けの月曜日。
体調がすぐれず欠勤したわたしを気遣いながらも、彼女は旅行の後始末に追われていました。
彼女がクリーニング店に携えていった衣類のなかに、勤務中にまとっている白衣が覗いているのを目にしたわたしは、
旅行先でなにが行われていたのかを、容易に想像することができました。
そう、お相手は妻にナース服を着せて、看護婦を犯す遊戯に耽ったに違いありません。
十数年連れ添った夫婦のあいだでは、ついぞ行われなかった戯れを許したところに、昭代の本気度を視る思いでした。

もっともいま思えば、彼女がいくら相手にほだされていたとしても、わたしと別れてその男といっしょになるという考えは、さらさらなかったようです。
家庭は家庭。遊びは遊び・・・そんなふうにはっきりと、割り切っていたのでしょう。
だからこそ。
日常をいっしょにすごすわたしとは決してしないような、「看護婦ごっこ」のような無軌道なことを、
恋人には許してしまうものなのかもしれません。

つぎの週。
「ちょっと・・・泊りで出かけなければならないのですが・・・」
昭代は言いにくそうに、わたしに言いました。
「今週も、慰安旅行かね?」
わたしは努めて明るい声で言いましたが、昭代は言葉の裏に毒をかぎ取ってしまったようです。
まるでおぼこ娘みたいに、ますます小さくなっていました。
そういう昭代をむしろいとしいと、わたしは自然に想えたのです。
「いいよ、行っておいで。きっとたいせつな御用なのだろう?」
わたしはむしろ優しく彼女を促して、浮気旅行へと背中を押していたのです。
股間に歪んだ昂りを、目いっぱい覚えながら・・・

家内がいない週末の真昼間。
ふと書斎の机の引き出しを開くと、そこには家内が脚に通していったのと同じ、肌色のストッキングが2足、
ひっそりと入れられていたのです。
きっと、お礼のつもりだったのでしょうね・・・


あとがき
・・・とまあ、あっという間に元の世界に戻ってしまいました。
A^^;
前の記事
このごろ。
次の記事
放送の途中ですが・・・ネット記事から:「新郎が花嫁の不倫を結婚披露宴で暴露」

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3816-f20ad6ac