FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

魅せられてしまったカップル

2019年08月28日(Wed) 07:23:26

変わった吸血鬼だった。
初めて咬まれたのは、彼女と一緒に公園にいるときだった。
座っていたベンチの足許に忍び寄って、先に咬まれたのはぼくのほう。
履いていたハイソックスが血だらけになるまで、気がつかなかった。
「ヒロシ、足許――!」
美奈子がそう叫んだ時にはもう、遅かった。
チュウチュウ音を立てて吸われ始めた足許の感覚は鈍く、ぼくは昏倒寸前に陥った。

駈けだした美奈子のあとを追う吸血鬼を妨げることは、もうできなかった。
どうしてぼくのことを、先に咬んだんだろう?
美味しい獲物をあと回しにしたのか?
ベンチに腰かけたまま天を仰いだぼくが、そんなことを薄ぼんやりと考えていると、
芝生のかなたから悲鳴があがった。
美奈子が咬まれたのだ。
ぼくはよろよろとよろけながら、悲鳴のあとを追った。

連れ込まれた廃屋の部屋のなか。
美奈子は首すじを咬まれ血を啜られながら、ウットリとなっていた。
まるでSМ画像でも眺めているような気分になって、
ぼくは彼女が襲われている有様を、思わず立ちすくんで見守ってしまった。
いけない!こんなことをしている場合じゃない!
ぼくは突然理性を呼び覚まされて、
「血だったらこっちにもあるぞ!」
と、吸血鬼に叫びかけた。
彼が美奈子の上から起き上がってこちらを振り向いて、ぼくのほうに歩み寄ろうとするのを見届けると、
ぼくは全速力で走った。
おとりになって、美奈子を守ろうとしたのだ。

失血で言うことをきかない手足は思うように動かなくて、
50mと走らないうちに、ぼくはつかまえられて首すじを咬まれた。
鋭い牙がずぶりと突き刺さって、皮膚が生暖かい血液に濡れた。
ぼくは立ち尽くしたまま、さらにチュウチュウと生き血を吸われた。

さいしょはおとりになって彼女を逃がすことだけを考えていた。
ところが血を啜られつづけているうちに、頭のなかが真っ白になって、考えが入れ替わっていた。
吸血される歓びに、目覚めてしまったのだ。
「もっと・・・もっと吸いたまえ」
ぼくがそう呟くと、彼は声にならない声を洩らした。
お礼を言おうとしている――と、直感した。
ぼくの履いているハイソックスがよほど気になるのか、
ぼくがその場にうつ伏してしまうと、ふたたび足許にかがみ込んで、
ハイソックスを履いた脚に、唇を吸いつけてきた。
どうやら彼は、ハイソックスフェチらしい。
ぼくと同じだ――そう直感した。
ただ、楽しみかたがちがうだけ――
「ハイソックス、好きなんだね?命を助けてくれたら、また履いてきてあげるから」
そんなことが命乞いになるのか――と思ったら、
「どんな柄のを持っている?」
と、聞いてきた。

頭の上に、人の気配がした。
残してきたぼくのことが心配になった美奈子が、舞い戻ってきたのだ。
彼女は、意外なことを口にした。
「ヒロシも愉しんじゃってるの?あたしも、血を吸われているうちに、キモチよくなっちゃった」
え?と顔をあげると、彼女は屈託なく笑っている。
首すじに撥ねた血が、なぜかとても眩しい。

「一緒に吸われよ♪」
美奈子はそういうと、
「ヒロシが済んだら、つぎはあたしね」
といって、芝生のうえに腰を下ろした。
美奈子の足許は、ツヤツヤとした光沢を帯びた肌色のストッキングに包まれている。
吸血鬼は目の色を変えて、美奈子の脚に飛びついた。
彼氏であるぼくが視ている、目のまえで――
美奈子はストッキングを咬み剥がれながら、吸血されていった。

どうやら男は、ストッキングフェチでもあるらしい。
かねてから気になっていた美奈子のストッキングの脚を彼が思うさま玩ぶありさまを、
ぼくは不覚にも、堪能し抜いてしまっていた・・・

それからのことだった。
週に一度はこの公園でデートをして、2人ながら献血を愉しむようになったのは。

2019.7.26作
前の記事
母と姉と悪友たちと
次の記事
いま、あっぷしたのは・・・

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3831-a0394fc1