FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

吸血学園のPTA

2019年12月02日(Mon) 06:50:36

PTAの会合と称して、受け持ちのクラスの生徒のお母さんたちに、集まってもらった。
来校する吸血鬼たちに、人妻の生き血を振る舞うために。
集まったお母さんたちは、十数名。
みんな、特定の彼氏のいない人ばかりだった。
事前にそれと察したお母さんたちは協力的で、皆さんおめかしして出てきてくれた。
人妻を対象とした吸血行為は、たんなる採血だけでは終わらない。
思い思いのよそ行きスーツは、ブラウスのえり首を強引に押し広げられ、剥ぎ取られ、
肩先にかかるブラジャーの吊りひもを、断ち切られていった。
乱交の場と化した教室で。
色とりどりのストッキングに包まれた脚が押し開かれて、スカートを荒々しくたくし上げられてゆく。
息子や娘の机の傍らで、ストッキングを剥ぎ取られ、一人また一人と堕ちていった。

PTAの会合と称して、受け持ちのクラスのお父さんたちに、集まってもらった。
どのご主人の奥さんたちも、先日招かれた宴席で、吸血鬼たちに犯されていた。
今日は、馴れ初めの仕上げの儀式。
奥さんたちは、自分の夫が招かれているなどつゆ知らず、
このまえのように思い思いに着飾って、息子や娘の教室へとやって来た。
お酒も交え、和気あいあいとした雰囲気のなか。
輪姦ゲームがスタートした。
10年以上連れ添った妻が、いともやすやすとモノにされてゆく姿を、ただぼうぜんと見守るご主人たち――
もしも離婚されたなら、わしが後釜に居座って、母子ともに面倒をみてやるぞ。
女たちの衣装を剥いでのしかかる男どもは、そんな”男気”をみせて、女たちを安心させる。
なに、これも助平心の一端――ゆくゆくは、娘も息子までも、モノにしてしまう下心に過ぎないのだが。
引き剥がれてゆくブラウス。たくし上げられてゆくスカート。脱がされてゆくストッキング、そしてショーツ・・・
夫たちは魂を抜かれたようになって、妻たちが真昼間の情事に耽るのをただぼう然と見つめている。
教室の窓辺には、のどかな初冬の昼下がり。
引き裂かれた衣装をまとって辿る、情事を終えた帰り道・・・
まだ気の早すぎる分厚いコートが、衆目の好奇の視線から遮ってくれることだろう。
廊下で立たされ坊主のように息を詰める夫たち。
教室のなかで不倫の息を弾ませる妻たち。
外はあくまでも、のどなか景色。
体育館からは、そんな親たちの情景など夢にも思っていない者たちの、高らかな声――

一週間後。
吸血鬼の思惑通りに離婚した家庭は、ただのひとつもなかった。
夫婦そろって呼ばれたPTAの会合に。
夫も妻も、なにごともないように仲睦まじく笑み合いながら、校門をくぐって教室を訪れる。
きょうも――
礼儀正しくご婦人方の足許を包む薄地のナイロンは、唾液まみれの唇や舌をふるいつけられて、意地汚くあしらわれてしまうはず。
それでも夫たちは、何も知らない顔をして、ご婦人限りと追い出された教室の廊下から立ち去ることなく、「勃たされ」坊主を演じるはず。


あとがき
2019.6.3 構想(前半)
後半は描きおろし。
前の記事
吸血学園のPTA 2
次の記事
女子高生のハイソックスは、最強だ。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3899-5919e20f