FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

エプロン。

2019年12月08日(Sun) 09:42:49

高校二年の秋。
つきあっていた初美は、やつの家で、制服を脱いだ。

19歳の春。
おれとのデートのかえり道、初美はやつの家で、おれがプレゼントしたワンピースを脱いだ。

22の夏。
おれとのデートをすっぽかして、初美はやつの家で、勤め帰りのスーツを脱いだ。

24歳の6月。
「ジューンブライドだね」といいながら、婚礼のあと、花嫁の控室にやつを呼び入れ、ウエディングドレスを脱がされていった。

そして32歳の冬――
買い物帰りの初美は、やつの家で・・・
「また脱いだのか!?」
露骨に作ったしかめ面に、初美は「脱いでないわ」とこたえた。
「だって・・・・・・エプロン着けたままのほうが、昂奮するって言うんだもん♪」
前の記事
処女の生き血に飢えている。
次の記事
みだら歌

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3904-6d410cd1