fc2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

マイナーな色のストッキング

2005年11月05日(Sat) 22:55:05

気がついてみたらこのところ、グレーのストッキングづいていますね。^^;
とくに理由があるわけではないのですが・・・
あまり見かけないのですが、好きな色なんです。昔から。
そういえば、母が昔よく履いていました。^^;
当時はどちらかというと、若いお姉さんがよそ行きの時に履く、というイメージだったと思うのですが、
清楚で上品な色だと思います。
ただ、合う服合わない服がかなり分かれるような気はしますけど・・・
それが、はやらなくなった原因かも。
灰色なんて、やぼったいよ~、という声も聞えてきそうですが。
なに、はやらなくなればどんな色でも、やぼったく見えるものですよ。^^

以前夢のお話で、チョコレート色のストッキングの話をしましたが。
あの色も、絶えてみかけませんね。タイツとかではあるようですが。
ほかに、濃い紫、なんていうのもありました。
これも大昔ですが、かなり年配のおばさまが履いているのを見かけまして、
そのおばさまが上品な感じのかただったせいもあるのですが、いまだに脳裡の彼方を漂っています。^^
どんな色でも、ぴちっと決まると、とても鮮やかな印象を残すものですね。

ほかにみかけない色としてはネイビー、かな。
このブログのどこかにも書いた覚えがありますが、
青鞜(せいとう)、とかブルー・ストッキングとかいうと、
閨秀(けいしゅう)、つまりインテリ女性を意味していたんですよね。^^
鳥飼女史も、穿いていたっけな。(笑)
いまでも青いストッキングを穿いている女性に、コーヒーの割引をする喫茶店があるそうですよ。^^
でもこの色って、グレーよりもずっと、合う合わないが分かれそうですね~。
今若いコのあいだでは、紺ハイソが流行っていますけど。
男の柏木の目からみても、服と合ってないよな~、という組み合わせも少なくありません。^^;

濃紺といえば。
昭和五十年代の後半だったと思いますが、
ネイビーのショートストッキングが流行ったときがありまして。
ねこもしゃくしも、ひざから下をネイビーの透けたナイロンで覆い、その上には紺と緑のチェック柄のスカートなんかを履いていました。
アレも、好きでした。^^
わりとカジュアルなんですが、なまめかしくて。
御覧になっていらっしゃるかたで、いまでもお持ちの方なんていらっしゃいますか?^^

これはちょっと変り種ですが。
一回だけ、濃い緑のショートストッキングを見かけました。
近所の商店街で買い物をしているおばさまが何気なく履いていたのですが、ちょっとピーマンみたいな色で。(笑)
でもとてもグッとくるような色合いでした。^^
あれからずいぶんたったのに、いまだに覚えているくらいですから・・・

このブログによく出てくる白のショートストッキングも少数派ですね。
ブーツの下に履いていて、隠れている場合もあるようですが。
ネイビーのショートストッキングが流行る何年か前、(年がばれそうですね・・・^^;)十代の女の子中心に流行っていました。
その後、十年くらいまえにいちどだけ、ぱっと流行って、すぐすたれてしまいました。
ひざ下でぴっちりはりつめた白い帯のようなゴムがひときわ鮮やかで、これまたググッとそそられていました。^^;
ハイソックスのもつかわいらしさと、ストッキングのもつ大人びた妖しさと、両方備えていたような気がします。
そんな特長が、十代の少女たちにとてもマッチしていたような・・・

ストッキング、といいながら、ショートストッキングの話ばかりになってしまいましたが・・・^^;
脱線ついでにもうひとつ。
小学生高学年の子がハイソックスを履いているシーンがあちこちに登場します。
これもごく一時的な流行だったのですが、小学校高学年の男の子がハイソックスを好んで履いた時期があったのです。
色は紺、グレー、白とさまざまで、ラインが入っているものもありました。
ひと頃はハイソックスそのものが、最近の紺ハイソ流行以前はほとんど絶滅状態で、
男性雑誌に出てくる女の子が珍しくハイソ履いていると思ったら、サッカーのストッキングだった、なんてこともありました。

そのときそのときで流行りすたりはありますが。
記憶の中の断片として鮮明にのこったものは、アルバムのなかの写真のように切り取られて保存され、何度も執拗なまでに(笑)リフレーンされるようですね。
前の記事
妻の血を吸う屍鬼
次の記事
従姉

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/391-30daace7