FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

田舎の朝餉

2020年12月23日(Wed) 08:16:56

澄江が朝起きてきたとき、真っ白な顔をしていた。
寝不足らしく、目は充血しきっている。
すこし遅れて寝間から出てきた貴志も、
目を真っ赤にしていた。
向かい合わせに食卓に着いた二人は、
決まり悪げに目線を合わせようともせず、
食卓に載ったごはんやみそ汁や割られていない生卵に、
あてどもなく視線をめぐらしていた。

「ふふぅん」
澄江の母はそんなふたりを見比べつつ、
面白そうに、鼻を鳴らした。
貴志の母はそこまで露骨な態度を取らなかったが、
淡々とお野菜やら干物やらを子どもたちに取り分けてやると、
自らも箸をとった。

夕べ澄江は親父の部屋に連れ込まれて、
明け方までその若いピチピチとした肢体を愉しまれていた。
年端も行かない息子のほうも、親父の部屋に忍んできて、
ふたりは獲物を分け合うけだもののように、澄江の身体にむらがっていった。
田舎の親子に代わる代わる澄江が犯されるのを、
貴志は寝間から起き出して、ふすまを細目にしてみ続け、高ぶり続けていた。

澄江はそんなときでも、制服を着ていた。
濃紺の折り目正しい正装が、唯一彼女の身分を高めてくれるかのように、
規律と品位の証しであるその服装に頼ろうとしたのだろう。
けれども、都会の高校の制服は、鄙びた村に棲むこの親子を熱狂させただけだった。
彼らは澄江が自分たちを昂奮させるために、
わざわざ制服を着てくれたのだと独り合点して、
お返しに彼女を少しでも余計に昂奮させてやろうと、
ありとあらゆる手練手管を用いて、
制服のすき間に手を入れ、
股間やおっぱいをまさぐり、
ストッキングのうえから太ももをなぞり、
ブラウスの襟首を引き締める紐リボンをほどきながら、
首すじを舌でペロペロと舐めていった。

貴志が部屋に引きずり込まれたのは、
もう明け方に近かった。
澄江は制服をほとんど剥ぎ取られてしまっていて、
腰に巻いたスカートと、片脚を脱がされた黒のストッキングだけで身を覆っていた。
親父は貴志を部屋に引きずり込むと、
「このガキ、いちぶしじゅうをすっかり見てやがったな。
 口封じに、お前もやらせてやるからな」
といいつつ、ぼう然とあお向けになっている澄江の上に、
貴志の身体を無理やり重ねていった。
あとは、自然の摂理のおもむくままだった。
相手がだれなのかもわかっていたのか、いなかったのか、
澄江は両腕で貴志を抱きしめて迎え入れ、
貴志は澄江の肩を起こすようにして、うなじを掻き抱いた。

なにをどうすればいいのかは、
いやというほど見せつけられた後だったので、
初体験のわりには戸惑いがなかった。
股間は、とうの昔から勃起していた。
それどころか、すでになん度も激しい射精をくり返していた。
けれども彼の一物は、澄江の股間に触れると、
飽くことも知らず恥知らずに膨張した。
挿入は、拍子抜けするほどするりと入った。
父子がそれだけ澄江を飼いならしてしまった証しのように思えて、
貴志はさらに激しく怒張し、熱く生々しい粘液を、澄江の体内に放射していた。

「もうひと晩、泊っていかないか?」
貴志が澄江にそう切り出したのは、
四人がそろそろ辞去しようかというタイミングだった。
澄江は一瞬目を丸くし、そしてその目を探るように貴志に向けながら、
「タカシくんは・・・それでもいいの・・・?」
と、訊いた。
「ふたりで愉しもう。小父さんやユウくんも交えてさ」
女たちは顔を見合わせ、ほっとしたように笑った。
澄江も笑った。
「いいわよ、いっぱい、嫉妬させてあげる」
ちゃぶ台の下で、澄江の隣に座っていた澄江の母が、
ハンドバックから取り出したものを娘のひざに圧しつけた。
まだ封を切っていない、通学用の黒のストッキングだった。
その数の多さに澄江は思わず「こんなに?」と声をあげ、
女ふたりは楽しげに笑い、
母と婚約者とその母親を寝取られた貴志も、面白そうに笑った。
前の記事
吸い取られてゆく少年の生き血。
次の記事
母たちの里帰り

コメント

初々しい婚約者の破瓜シーンはいつもカットのことが多い作者様、今回はガチですね(笑)。

とても良きです。

by 通りすがり
URL
2020-12-26 土 14:39:44
編集
通りすがりさん
すっかりレスが遅れてしまい、恐縮です。

破瓜のシーン、確かに描かないことが多いですね。
いちばん美味しいシーンのはずなんですがね。
でも今回は、筆の流れでわーっと描いてしまいました。
それにしても、ソコをご存知の通りすがりさんは、
きっとなん度も通りすがってくれているような・・・w

これからもごひいきにお願いします。
(^^)
by 柏木
URL
2021-01-02 土 18:10:39
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/4041-430e7852