FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

吸い取られてゆく少年の生き血。

2021年01月30日(Sat) 19:25:06

ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、

あっっ・・・!血を吸われてるッ!!

ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、

やっ、やめろ・・・ッ!

ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、

だ、誰かッ!助けてっ!

ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、



ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、

ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、

ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、



・・・・・・。

あァ、旨かった。

(貴志、わずかに顔をあげる)

まだ息があるようだな。
(貴志の頭を掴まえ再び首すじに食いつく)

助けてっ!生命だけは・・・っ・・・

もう少し楽しませろ。
大人しくすれば生命だけは助けてやる。
(こんどはハイソックスの上から脚を咬む)

あ・・・う・・・っ・・・


ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、

ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、



どうだ、心地よいだろう?

え・・・ァ・・・ハイ・・・

もっと吸わせろ

ハ、ハイ、どうぞ・・・

ちゅうっ、・・・ちゅうっ、・・・

ゆっくり吸うんですね。

愉しんで吸っておるからな。

ハイソックスがお好きなんですか?

ああ、男女の分け隔てなく、愉しんでおる。

わかりました・・・お好きにどうぞ。

厚意に甘えるぞ。
(貴志の履いているハイソックスをべろでなぞり、波立ててゆく)

助けてくれるって約束してくれますよね?

どうしてそんなことを訊く?

ぼく・・・貴男にもっとぼくの血を愉しんでもらいたいから、そう言っているんです。


注:貴志が生還し得たのは、前話のとおり。
前の記事
お友だちを紹介。
次の記事
田舎の朝餉

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/4042-2aef16ea