FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

「一家全滅」。

2021年01月31日(Sun) 10:27:18

うぅっ・・・!
木島孝一は吸血鬼に後ろから羽交い絞めにされて、首すじを咬まれた。
ああッ!!
孝一の妻幸枝も、べつの吸血鬼に抱きつかれて、首すじを咬まれた。

ちゅーっ。
夫婦の血は競い合うように、飢えた唇によって吸い取られていった。

やがて夫が、つづいて妻が、
じゅうたんのうえにひざを突き、
四つん這いになって、
とうとう力尽きてうつ伏せになった。
吸血の音は、しばらく絶えることが無かった。

ふたりが静かになると、吸血鬼は顔をあげて、
互いの相棒の血塗られた頬を認めて、笑みを交わした。
その笑んだ口許も、吸い取ったばかりの血潮で、生暖かく濡れていた。

ふたりは目くばせし合うと、足音を忍ばせて階段を上っていった。
階上では、兄妹の勉強部屋が、隣り合わせになっていた。
やがて半びらきになったふすま越し、
「うっ!」「キャッ!」と相次いで小さな叫び声が洩れ、
やがて静かになって、
キュウキュウという吸血の音だけが夜のしじまを支配した。
ひとりの吸血鬼の胃の腑は父親と娘の、
もうひとりの胃の腑は母親と息子の生き血で、
たっぷりと充たされていった。


「これは明らかに、吸血鬼の仕業ですな」
吸血探偵と呼ばれるその男は、ことさらしかめ面をつくりながら、
小さくなってかしこまっている駐在と第一発見者である隣家の夫婦のまえ、
重々しく断定した。
彼らの足許には、血を吸い取られて絶息した四人が、
手足をまがまがしく折り曲げたまま横たわっている。
「もはや手遅れでしょうか?」
「いいや、たまたまなのだが、血をたっぷりと蓄えている吸血鬼に心当たりがある。彼らから血を分けてもらうとしよう」
入んなさい、と、探偵が目配せすると、外からふたりの男が神妙な顔つきで入ってきた。
「これから”血戻しの儀”を執り行います。
 目にすることは禁じられているので、皆、出ましょう」
探偵に促されて、第一発見者も、駐在までも吸血鬼のまえ亡骸を置き去りにして家を出た。

翌日――
「行ってきまぁす」
ふた色の若い声が、その家の玄関にこだました。
見送る両親のうち、父親のほうはすでに出勤の準備を整えて、背広姿である。
母親もまた、出かける予定でもあるのか、
PTAにでも出席するかのようなこざっぱりとしたスーツ姿である。
家族はほんの一瞬の暗黒を通り抜けた末、以前の日常が戻っていた。

「じゃあ、行ってくるからね。戸締りに気をつけて――」
孝一がそういって家を出ると、幸枝は言われた通り、中からしっかりと鍵を閉め、ドアチェーンを入念におろした。
「ご主人はご出勤か。ご苦労なことだ」
幸枝の背後から、声がした。
声の主はもう一人の相棒を伴っていた。
男たちが、自分たちに血を戻してくれた命の恩人であるとともに、
その前の晩、家族全員の血を漁り尽くした獣どもであることを、
すでにだれもが心得ている。
幸枝は哀れみを請うように媚びるようなほほ笑みを泛べた。

男ふたりが幸枝を挟み込むように前後に立ちはだかり、
背後の一人は幸枝の両肩を羽交い絞めにし、
もう一人は彼女のブラウスをむぞうさに引き裂いた。
黒のスリップ越し、豊かな胸のはざまが、物欲しげな男どもの目を惹きつけた。

はぁ、はぁ、・・・
ふぅ、ふぅ、・・・
切羽詰まった三十代主婦の息遣いが、狭いリビングに満ちていた。
スリップ越し、ストッキング越しにさんざん吸血をされた幸枝は、
スカートだけを腰に巻き、ストッキングを片方脱がされて、
四つん這いの屈従的な格好を強いられたまま、
二匹の獣の代わる代わるの吶喊を受け容れつづけていた。
いつか男どもの快感は女にも伝わり、
いまでは男女が一体となって、その行為を愉しみはじめていた。
「だんなに隠れての不貞は、楽しかろう」
「は、はい」
「だんなも文句を言えんから、余計に安心して楽しめるだろう」
「は、はい、とっても」
「娘の処女はワシがもらった」
「え、ええよろこんで・・・」
「息子の嫁の処女は、オラのもんだ」
「も、もちろんですとも・・・」
不貞を重ねた挙句、禁断の言葉まで口にさせられて、
服従の愉悦を身体の芯まで覚え込まされた幸枝は、じーんと身体を火照らせてゆく。

その陰には、観客までもがいた。
出勤したはずの孝一だった。
傍らには探偵が、付き添っていた。
妻を抱かれるところを視て逆上した夫が暴れ出さないようにするためである。
だが、木島家にかぎって、その気遣いは要らなそうだった。
木島の股間に手を触れると、ぱんぱんに勃起した一物で、ズボンがパンクしそうになっていた。
「どうですか、こたえられないでしょう・・・?」
「あ、ああ」
「はっきりご返事を聞かせてほしいですな」
「唐突な訪問でしたが、感謝しています」
「そうでしょうそうでしょう。奥さんを犯されて、嬉しいですか?」
「エエ、とても嬉しいです」
「あんたの気持ちはよくわかりますよ」
探偵はほくそ笑んで、そういった。
吸血鬼の奴隷に堕ちたこの家庭が崩壊するのも、時間の問題だろう。
しかしそれは、当事者にとって、幸せな崩壊であるはずだった。
なにしろ、探偵は自身の経験で知っていた。
彼もまた、吸血鬼に夫婦ながら襲われ、妻を犯された経験を持っていたからである。
勝利に酔っている目の前の吸血鬼どもが、一家を征服した後探偵の家の玄関を叩き、
夫のまえでの輪姦の愉悦に浸ったことを、探偵はさすがに口にしようとはしなかった。
前の記事
「一家覚醒」。
次の記事
お友だちを紹介。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/4044-0dc334d0