FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

前作の個人的なツボ

2021年02月17日(Wed) 19:51:31

母親の血を吸った吸血鬼が息子の血を吸うのと、
父親の血を吸った吸血鬼が娘の血を吸うのとでは、
前者のほうがグッときます。
やはりおっさんには関心がないのでしょうかね。(^^ゞ 自分のことはたなにあげて。(爆)

二人並んで吸血される、というのも、個人的にツボです。
夫婦や姉妹でも良いし、母娘でもよい。
今回は珍しく、兄妹のシーンもありましたね。

同性に生かされてしまった少年が、
その直後に自分の彼女の純潔を狩られるシーンもお気に入りです。
まだひりひりしているのに、そのひりひりをもたらした一物が彼女の股間までも侵してゆく・・・と言うあたりが特に。

少女が少年を襲う話は、そんなに関心はありません。
どちらかというと、「今度、お母さんを紹介して」といって、愛人の吸血鬼のための手引きをするほうに気が行きました。

ここから先の、川黒家の受難話はどちらかというと行きすぎなのですが、
目の前で処女喪失した娘と結婚を強制させられるくだりを描きたかったのですね。
清香は「ついでみたい」とふくれていますが、
未来の姑と同時に同じ男に抱かれたわけで、吸血鬼的には十分意味があってしていることなのです。(そうなのか?)

奥様の貞操公開!は気に入りのプロットなので時おり描いていますが、
行列の中に顔見知りがいると、一段余計にひきたつように感じます。

このお話はもう少し後日談があるのですが、気が向いたら描きます。
前の記事
二人の美しい人妻
次の記事
「一家覚醒」。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/4046-70761fd4