FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

クリーニング店の母娘

2021年03月28日(Sun) 09:22:00

木島彩子は寝乱れた髪を手櫛で整えると、
けだるそうに畳のうえから起きあがった。

隣室からはすでに機材がうなり声をあげていて、
男が仕事に戻ったことを告げていた。
彩子は、自分が全裸であることに気がついた。
面倒見の良い親父のことだから、
血に濡れたスリップもきっと、クリーニングしてくれるつもりなのだろう。
枕元には、クリーニングに出すつもりで持ってきた衣類一式が、
持参したままの手提げバックに入ったまま、置かれていた。
とりあえずは、これを着て帰れということなのだ。
クリーニングに出すつもりの服は、ほんとうは着てこなければならないのか。
彩子はひとり、白い歯をみせて、声をたてずに笑った。

カウンターにはおかみさんが、いつもの不景気な顔つきで立っていた。
「毎度お世話様」
いつになく愛想が良いのは、良家の主婦が凌辱される有様を小気味よく眺めていた余韻なのだが、
彩子はそこまでは気が回らなかった。
いいえ、どういたしまして――
その場を上手に取り繕えたのかどうか、われながら自信がなかったが、
ともかく彼女はその場をあとにした。

寝物語に話してみた。
――処女の血はお好き?
そう水を向けてみたら、男はいちど収めた獣じみた目つきもあらわにして、
――あてがあるのか?
と、訊いてきた。
ひとり、心当たりがあるの。
彩子はそういって、こんど連れてきてあげる、と、いった。
心当たり――というのは、ほかでもない彩子自身の娘、真由美のことだった。
もうじき、中学にあがるんです。
どうみても三十前後にしかみえない彩子は、朱を刷いた唇をゆるませて告げた。
自慢のまな娘らしい。
母親の口ぶりから、男はそう予感した。


三日後、彩子は再び洗濯物を携えて、真由美を伴ってクリーニング店を訪れた。
「いい?これからは時々、お使いにくるのよ」
母親の顔になって娘に言い聞かせるようすを、
善八郎氏は肚の中でほくそ笑みながら窺っていた。

「いいのか?おい」
善八郎氏は少女に聞こえないように母親に囁き、小脇を小突いた。
「教え子を吸血鬼に差し出そうとする塾の先生よりかましではなくて?」
いちど、そういう形で娘が毒牙にかかりそうになった。
誘われるままに出かけようとする娘を止めて、貴男のためにとっておいたのだ。
どうせだれかに血を吸われてしまうのなら、貴男のほうが信用がおけるから――
彩子は手短にそう告げた。

娘にはもう、話してある、そういった。
さっきから娘は、聞こえないふりをしながらも、大人たちの会話に耳を傾けていた。
どうやら賢い子らしい、と、親父はおもった。
少女は真っ白なハイソックスを履いていた。
まだストッキングを穿く年頃ではない――と、母親はいっていた。
ハイソックスでも良いかしら?
女性の靴下を咬み剥いで愉しむ情夫の性癖をよくわきまえた女は、
そういって情夫の関心をそそり立てていた。

善八郎氏は、べつの意味でもほくそ笑んでいた。
ほかでもない、彩子が話した「塾の先生」のことである。
彼女もまた、この店の客だったのだ。
どのみちこの少女は、彼の手に堕ちる運命だったのだ。

「よろしくお願いします」
母親に真由美と呼ばれた少女は作りつけたように礼儀正しく、男にお辞儀をした。
「いえいえ、こちらこそ」
男もまた、人の良いクリーニング店の親父の顔つきになって、あいそよくお辞儀を返した。
「ママがついているから安心よ」
彩子はそういうと、客間に置かれた古びたソファに腰かけて、
娘を自分の脇へと呼び寄せた。
「きょうの主役はこの子よ」
先に自分の足許にすべらせてきた物欲しげな舌と唇を、
彩子はちょっとだけよけるそぶりをしながらも、許していた。
男はすぐに、真由美の足許にかがみ込んだ。

おっかなびっくり、見おろす視線がくすぐったかった。
男は真由美の足首と足の甲を抑えつけると、
ハイソックスのうえからふくらはぎに唇を吸いつけた。
しなやかなナイロン生地のしっかりとした舌触りが、男をすぐに夢中にさせた。

ぺちゃっ・・・くちゅっ・・・
ハイソックスを舐めるいやらしい音が洩れるのを耳にしながら、
少女は目を見張って男の意地汚いやり口を見おろしていた。
お気に入りのハイソックスがよじれ、ずり落ちてゆくことで、
自分が吸血鬼の奴隷に堕ちてゆくのを実感しようとしているようだった。
皴を波立てたハイソックス越しに、男は少女のふくらはぎに牙を圧しつけて、力を込めた。
じゅわっ。
生温かい血潮の生硬な味わいが、男の喉を充たした。

自分の体内をめぐる血液がむさぼられるキュウキュウという音を耳にしながら、
貧血を起こした真由美はぼう然となって母の腕のなかにもたれかかった。
ハイソックスのうえをうごめく唇は、明らかに真由美の血を愉しんでいた。
喉をカラカラにしていた半吸血鬼は少女の頭がひっくり返るほどの性急さで血を求めたが、
同時に愛人のまな娘に対する気遣いを忘れなかった。
娘がへばりそうになると、その都度唇を傷口から放し、具合を窺いながらもまた吸った。
少女の意識も、自分の愉しみも、少しでも長保ちさせようとしたのである。

「ママの愛人・・・って、どういう意味?」
朦朧となりながらも少女は、訊きにくかったことを母親にたずねた。
「パパの次に好きな人ということよ」
母親は娘の髪を撫でながら、柔らかい声でそういった。

娘が意識を失ってソファからずり落ちてしまうと、
男はじゅうたんの上に真由美を組み伏せて、
はじめて首すじを噛んだ。
柔らかな咬み応えが、男をいたく満足させた。
「こたえられねぇ」
下卑た声色で呟く情夫に、母親は誇らしげにいった。
「自慢の娘ですのよ」
前の記事
大人になろうとした少女。
次の記事
クリーニング店の女。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/4055-e473500b