FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

白いハイソックスの保健部員

2021年06月24日(Thu) 08:11:19

保健部員の彼女は、制服のスカートの下、
白のハイソックスを看護婦さんの白タイツのように履きこなしている。
赤縁メガネに、そばかす顔。
肩先までの黒髪を地味に流して、スタイルは良くもなく悪くもなく、
ごく目立たない少女だった。
ハイソックスは、ふつうの真面目な女の子が脚に通す、無地のもの。
そんな控えめなたたずまいに、吸血鬼が欲情した。

彼は想いのままに学校に出没して、
女教師や女子生徒、それに女の事務員をさらっては、空き教室に連れ込んで、
想いの限りを尽くすのだった。

戸惑う保健部員のまえ、吸血鬼は内心舌なめずりをしながら少女を見つめた。
すまないが保健部員さん、わしを渇きから救っていただけまいか?
こたえはひとつしかないのだと、頭の悪くない保健部員は承知した。
そう、嫌といっても咬まれるし、いいわといってももちろん咬まれる。
彼女の皮膚の下をめぐる14歳の血液は、もはや吸血鬼の絶好の好餌となる運命だった。
「わかりました。お相手しますから、乱暴しないでくださいね」
少女は気丈にも吸血鬼をまともに見返し、
自分から先に立って、手近な空き教室へと入っていく。

こんな地味な私が?という想いもあった。
ヒロイン向きの柄ではない、と自覚していた。
期せずしてめぐってきたヒロインの役柄は、吸血鬼に襲われる役。
学芸会で吸血鬼の寸劇を演じたとき、冒頭に襲われる第一の犠牲者役の子も、
彼女よりはさえた美貌の持ち主だった。
それでも保健部員は、自分の役目を思い出して、
具合の悪くなった人の介護に専念しようと、心を決めた。

教室に入ると吸血鬼は、少女を後ろから羽交い絞めにして、
首すじを咬んで血を吸った。
「あっ・・・」
眩暈を起こして倒れかかる少女を、吸血鬼は支えてやり、
支えてやりながらなおも血を啜りつづけた。
「輸血だと思ってくだされよ」
引導を渡すような囁きに、少女は目を瞑り、恐怖をこらえながらもかすかに頷いた。
随喜のうめき声をあげて、男がのしかかってくるのを制服姿で受け止めながら、
少女は白い歯をむき出しにして、痛みと恐怖に耐えた。

男は保健部員の丈長なスカートをたくし上げると、
白のハイソックスを履いたふくらはぎも、咬んでいった。
「それだけはやめて」と、少女はちいさく叫んだけれど、
見境のつかなくなった吸血鬼の耳には入らない。
ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ・・・
ハイソックスを血で濡らしながら、盛んに音を立てて、少女の生き血を吸い上げてゆく。

「満足なさいましたか」
蒼ざめた顔に恨めしそうな色を泛べながらも、保健部員は患者の容態を気遣うのを忘れない。
「ありがたかった」
吸血鬼は彼女を抱きしめてお礼を言うと、教室から立ち去っていった。
恐怖が去ると、緊張から解放された少女は、ハンカチを取り出して、少し泣いた。
けれども、芯の強い彼女は、泣き顔を人に見られるのをきらって、
教室から出てきたときには、いつもどおりの彼女だった。
ふくらはぎがまっ赤に濡れた、ハイソックスを除いては――

少女が再び吸血鬼と出遭ったのは、一週間後の学校からの帰り道。
顔色ひとつで、自分のまえに立ちふさがった男が、なにを求めているのかを察した。
「喉が渇いているんですよね」
保健部員は呟くようにそういうと、
「未経験の子をびっくりさせるくらいなら、私が相手になるか」
と、さらに低い声で呟いた。
「ここでは嫌です。人のいないところで」
吸血鬼をまともに見返す目には、怜悧な輝きが宿っていた。

公園のいちばん奥まったベンチに腰かけて、
首すじに血潮をあやした少女は、それがブラウスの襟首を汚さないかと気にかけながら、
看護婦の白タイツのように履きこなしたハイソックスを、吸血鬼の舌にゆだねていた。
自分の履いているハイソックスを、意地汚くなぶり抜く吸血鬼を、
「迷惑がられると思いますよ」
と、たしなめながらも。
保健部員は、けっきょくは、患者の気の済むように、させてやった。
いたぶり抜かれたハイソックスが、くしゃくしゃに波打って、いびつによじれ、
血潮に濡れながらずり降ろされてしまうまで。

数年後。
「若田さん、13号室の患者さんよろしくね」
婦長に声をかけられた若田看護婦は一礼すると、
地味な赤縁メガネを光らせて、指示された病室へと足を向けた。
白衣のすそから覗く脛は、肌の透ける白のストッキング。
奉職してから、なん足愉しませてしまったことだろう。
まだ男を識らない身体は、吸血鬼の患者を対象に、処女の生き血を供給しつづけていた。
「蛭村さぁん」
入院したばかりの患者の名を呼びながら病室のドアを開いて、
若田看護婦は足をすくませる。
かつて中学校で何度も彼女の血に執着した、あの吸血鬼だった。
「あのときの保健部員さんか」
「相変わらず、人さまを困らせているのですね」
若田看護婦は、まともに吸血鬼を見返した。
「そういうことだ」
息荒くのしかかってくる吸血鬼の猿臂を、さりげなくかわしながら、
それでも若田看護婦は自分の勤めを忘れてはいない。
「ハイソックスのほうがよろしかったですか」
と問う看護婦に、「いいや、これが良い」と、
吸血鬼は舌なめずりをしながら、白のストッキングの足許へとかがみ込む。
「ほんとうに、看護婦になったのだな」
「エエ、ほんとうになりました。貴男のようないけないひとを癒すために」
吸血鬼は感謝するように目を瞑り、彼女を拝むように手を合わせると、
もはや欲望に忠実になって、看護婦の足許に唇を吸いつけた。
なよなよとした薄地のナイロンが男の唇になぶり抜かれ、
チリチリに咬み剥がれてゆくのを、看護婦は苦笑しながら見おろしていた。
前の記事
強いられて 染められて ~吸血鬼の愛人となった妻~
次の記事
女の姿で、妻の情夫と真夜中のデート。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/4066-56df4697