fc2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

【ネタ話】かなり昔からの妄想

2021年08月23日(Mon) 15:56:52

ロングの黒髪を振り乱しながら、
グレーのスーツを着た若い女性が、
真昼間の路上、吸血鬼に襲われている――

そんな妄想を、中学生のころからしていました。

なん度も首すじを咬まれ、
そのたびに悲痛にうめき声を洩らしながら、
礼儀正しい言葉を選んで、生命乞いをくり返して、
けれども相手は容赦がなくて、
グレーのストッキングの脚にまで、無作法にも咬みついてゆく。

脚に通したストッキングを玩ばれていると知りながら。
その女の人は大きな瞳を悩まし気に翳らすだけで。
路上に座り込み、立て膝をして、そんな姿勢でふくらはぎを咬ませているときなどは、
むしろ、自分から咬ませているのではないかと思えるほど。
知らず知らず、二人の息は合ってしまっていて、
吸血鬼が咬みたがるところを、彼女のほうからすすんで差し伸べるようになってゆく。

致死量近い血液を、したたかに吸い取られながらも、
彼女は自分の生き血を吸血鬼がせつじつに求めていること、
そして、彼女の生き血の味をひどく気に入ってしまっていることを察していて、
あえて彼の狼藉を、声だけで制止しようとしていた。

やがて二人は、婚約者も認める仲となり、
その婚約者の見つめる前、
はだけたブラウスから乳房もあらわに、
彼女の純潔を奪おうとする吸血鬼をまえに、
おずおずと、身体を開いてゆく――

後半の処女喪失場面を思いついたのは、高校生くらいのころかもしれません。
どういうわけか、
グレーのストッキングを穿いた脚をわざとのように咬ませてゆく、ロングの黒髪の美女を、
そんなころから夢想していました。
前の記事
女子高生とお見合い。
次の記事
理穂さんのストッキング

コメント

「やめてください」
男性にそれも妖の存在に襲われて
逃げることなんてできません

無礼な行為がどんどん甘美さを生む中で
「やめてください」という言葉だけが
純潔の女性が口にできる
心の逃げ場へのおまじないなんです

どうか許してくださいませ
by 加納祥子
URL
2021-08-29 日 09:08:19
編集
やめませんとも。^^
柏木ワールドにおけるこうした行為がストーカーや強制Yせつではないことは、先刻ご承知の祥子さま。

そこは、求め合い許し合う場。
でも、人目をはばからずに路上で乱れあうのは、やっぱりいけないことですね。

こんどは公園の片隅で、ひっそりとお愉しみ・・・と参りましょうか。
(^^)
by 柏木
URL
2021-09-01 水 19:32:02
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/4087-bd679b8a