FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

やらしい双六

2006年09月21日(Thu) 06:52:21

さいころにはね、呪いが込められているのかも。
大人しくて目だたない、ちょっぴり弱虫なお兄ちゃん。
けれどもこういうお話するときは、博士みたいにとっても詳しい。
クラスのがさつな男の子よりも。
家でお兄ちゃんといっしょにいるときのほうが、ずっと愉しい。

すごろく、やらない?
お兄ちゃんが広げたのは、不思議な盤面。
ちょっと見には、読めないくらいに字が細かい。
ルール難しそうだね、って言ったら。
そんなことないよ。
さいころを振って、進んだコマに書いてあるようにするだけだよ。って。
じゃ~、やってみようか。どうせ暇だし♪
まるで無邪気な子供のころに戻ったみたいに、
ふたり顔を並べて双六の盤面を覗き込む。

それはもう、ひとつの世界。
入り組んだコマに書かれた細かい字たちは、狭苦しいコマのひとつひとつにぎっしりと詰め込まれていて。
互いに互いを呼び合い結び合っているように見える。
なにをどう結び合っているのか。
入りたてのわたしには、よくわからないけれど・・・
百鬼夜行って言葉、知ってる?
知ってる知ってる♪
お兄ちゃんの影響で、おなじ学年の子たちより、漢字ことばに詳しい私。
でも・・・
たしかにこの盤面。妖しい・・・っ。

お兄ちゃんより、三コマ進んでいた。
「双六の相手と、キスをする」
えっ?ええっ?
>さいころを振って、進んだコマに書いてあるようにするだけだよ。
お目目をくりくりさせているわたしに、お兄ちゃんがスッと寄り添ってくる。
えっ?えっ?マズイよ。兄妹で・・・
わたしがとても羞ずかしがっていると。
「ルールは変えられないけど・・・そんなに恥ずかしいのなら、脚にしようか?」
う、ウン、せめて・・・
ためらいながら、そっと差し出したふくらはぎ。
ハイソックスの上から吸いついたお兄ちゃんの唇は、
気のせいかじっとりと濡れていた。

「許してくれたお礼に・・・もういちど、してもいいよ」
気がついたら、息を詰めて囁いているわたし。
エ・・・?
お兄ちゃんの声、低く震えていた。
ためらいながらもういちど・・・しっとり吸いついてくる唇。
さっきよりも、うんと濡れていた・・・
知っているんだ。
たまにわたしの箪笥の抽斗開けて・・・
ハイソックス、悪戯しているんでしょう?
痕が残るのよ。白いやつは。

こんどは、お兄ちゃんの番。
さいころの目は「1」
勝負事。いつも弱いよね。
「相手の子の胸のボタンをひとつはずす」
えっ?
とっさに身を引こうとしてけれど。
胸にあてられた両手の指は素早く器用にうごいて。
くつろげられた襟首から入り込んだ空気がそらぞらしくって。
ゾクッ、としちゃった。

つぎは、わたしの番。
「スカートを履いていたらちょっとめくり上げて、片脚を太ももまで見せる」
この双六って・・・なんだか・・・
つぎは、お兄ちゃん。
さいころの目は、「2」
またまた。弱いんだから。
え・・・っ???
「2」ってことは、さっきわたしが止まったところ??
「双六の相手と、キスをする」

唇を合わせた瞬間、しばらく止まっていた。
初めて・・・男のひとの息が、わたしの中に吹き込まれる。
涙を見せたわたしを気遣うように、ちょっとのあいだ寄り添っていてくれた。
びっくりした?
ううん・・・
続き、やろ。
そういいながら。
喉の奥まで沁みこんだ男の匂いが、まだわたしのことをくらくらさせている。

あれ?
さっきわたしが止まったのとおなじコマのはずなのに。
書いてあることが・・・変わっている。
わたしのときはたしか、
「ブラウスを脱ぐ」
だった。
お兄ちゃんが止まるとそれは、
「妹とくっつく」
に、変わっていた。
もうとっくに、間近に寄り添っているのに・・・
それにどうして、兄妹でやっているなんてわかるのだろう?

「胸に触れる」
「ズボンのチャックの中に手を入れる」
「肩に腕をまわして首筋を吸う」
密着度がだんだん、高まってゆく。
ママが戻ってこない夜。
このすごろくは、どこで「あがり」になるのかな?
前の記事
貴族の裔(すえ)
次の記事
新聞部の取材♪

コメント

世の中の男性が
きっとこの双六を欲しがりそうですね。
まるでレベルアップした合コンの<王様ゲーム>みたいなコマの指令。
もちろん最後は・・・・。

でもこのゲームを、妹萌えのお兄ちゃんにプレゼントするあたりが、柏木ワールドですね♪
by 祥子
URL
2006-09-21 木 07:33:50
編集
うわっ。
>祥子様
お早うございます。
たったいま、そちら様にお伺いして。
それからも一度こちらを読み直していたところでした。^^;

そうですね。ちょっとそのゲームっぽいかも。(^^ゞ
双六じたいに心があって。
プレイしている人にあわせて。
コマの文句も変えてゆく・・・なんて。
ちょい怖ですが。
なかなか素敵な嗜好だと思いませんか?^^
さいごのお言葉。
えっへっへ・・・で、ございます。^^
by 柏木
URL
2006-09-21 木 07:57:45
編集
大好き
 このリズムがたまりませんわ(*'‐'*) ウフフフ♪
さやかの大好きなリズムです。
さやかにもお兄ちゃんがいるんです。
でも、ほんとのお兄ちゃんじゃなくて
お兄ちゃんの代わりになってくれる
優しい人とこの双六をしたいな♪
by さやか
URL
2006-09-22 金 00:54:01
編集
えっへっへ。
>さやか様
いい感じのテンポで描けたのが伝わったようで、何よりでございます。^^
さやか様の場合にはだんな様と、ぜひ・・・。 ^^
by 柏木
URL
2006-09-24 日 08:09:19
編集
このすごろく、勝負に弱い方がいろいろ楽しめますね、6なんて出したらもったいない!
欲しいですねこのすごろく…
でも妹なんて画面の中にしかいないや!
いや待て、逆に考えるんだ『自分が妹になればいいさと』
by ナッシュ・ド・レー
URL
2017-06-13 火 10:46:03
編集
ナッシュ・ド・レーさん
ウチの世界は、立場が弱いほうが愉しめるです。(笑)

血を吸い取られてウットリしている男女。
妻を寝取られるところをのぞき見する夫。
婚約者が処女の生き血を吸われている彼氏。
すごろくに負けちゃうお兄ちゃん。

人生、勝ち負けがすべてではないと思うのです。

それはともかく。
妹。
ナッシュさんのところにも、可愛い妹さんがいましたよね?
(^_-)-☆
by 柏木
URL
2017-06-14 水 06:35:56
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/543-c0ba2eb7