FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

慕う。

2007年01月03日(Wed) 06:12:06

地味で清楚な、純白のブラウス。
ブランドものでもなく、高価なものですらない・・・と言い訳しながら。
豊かな胸をしっかりと包み隠すには。
ひどくそそる風情をたたえていて。
恥じらっている・・・だって?誘っているのだね。きみ。

なよなよとした頼りない、紙のように薄いストッキング。
ぴかぴかと硬質な輝きを帯びた、エナメルのハイヒール。
コントラストの妙に目を奪われて。
つかんだ足首が、掌に吸いついたように。離れようとしない。
怯えている・・・だって?輝いているよ。きみ。

素肌の奥、慎み深く秘められた血潮。
さぁ、今宵こそ。ゆっくり、ゆっくりと。吸い出してゆこう。
柔肌の温もりをほどよく伝えた体液は。
いとも心地よくわが胸を和ませる。
怖がっている・・・だって?酔っているのだね。きみ。
前の記事
恋うる。
次の記事
愛でる。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/741-73242da3