FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

スラックスの下

2007年01月03日(Wed) 06:53:53

革靴とスラックスとのすき間からのぞくのは
薄い靴下におおわれた足首。
え?どちらを穿いているんだい?だって?
紳士用のハイソックスか。婦人もののストッキングか。
さぁ・・・どちらかな?
試して、みるかい?
きみは、いやらしい男だね。
スラックスのすそをちょっとめくって。
軽く舐めるだけで、判るんだって?
まったく・・・
きみがそこまで心得た男だから。
ついつい、深みにはまってしまって。
箪笥の抽斗(ひきだし)から女房のストッキングを拝借してきたり。
ストッキングの持ち主を、きみに引き合わせてしまったり。
エスカレートして、しまったんだな。
いまでは女房まで、面白そうにノッてきて。
きみのために、スケスケのストッキングを装った脚を、さらけ出すようになっちゃって。
ボクはボクで。入れ込んでしまっているんだな。
可愛い女房を・・・きみの愛人として、喜んで差し出してしまうほど。


あとがき
ちょっとちょっと、旦那さん。えすかれーと、しすぎですよ~。^^;
前の記事
しずかな訪問者たち
次の記事
恋うる。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/743-f9d50eae