FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

再あっぷ分をもとのさやにおさめました。(^^ゞ

2007年01月09日(Tue) 20:13:08

えー、再あっぷ分については再掲直後に解説を加えていたのですが。
諸般の事情で遅れまして。(^^ゞ
もとのさや(当初のアップ月)におさめたあとでのご紹介となります。

1月6日再掲分
「饗応」(2005.7.23掲載)
目のまえで血を吸われようとする妻が、立ち去ろうとする私の手首を握り締めて囁いた。
「ここにいらして。心細いわ」
数回に分けてあっぷしていたものを、ひとまとめにしました。
表現は、やや濃いです。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-747.html

「妻の朝帰り」(2005.7.23掲載)
妻の朝が襟を待ちわびる夫。
話し相手の息子もじつは婚約者を・・・というお話です。
本人たちがさいしょからさいごまで登場しない(吸血&えろしーんがない)というのが特徴といえば特徴です。(笑)
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-748.html

「複数の吐息重なり合う夕べ」(2005.7.26掲載)
複数の男性が待ちうける館への招待。
お相手の数を自慢し合う夫たち。
だれもが寝静まった夜更け。ひそかに展開される、歪んだ悦楽。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-749.html

「夕べの出来事」(2005.8.5掲載)
明け方になって。夫婦の寝室から忍び出てきた彼は。
「奥様に救っていただいたよ」
そう告げて、静かに去ってゆく。
リアルタイムな表現で描いてみました。
初期の一人称ものは、かなり丁寧な言葉遣いなんですね。^^;
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-750.html

1月7日再掲分
「供血」(2005.7.21掲載)
夜の訪客は、固く閉ざされているはずのドアをどのようにして開いてしまうのでしょうか?
今回は祥子さまが、素敵なコメントをいれてくださいました♪
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-751.html

「クラスメイト」(2005.8.5掲載)
仲良しの女学生三人組は、血を吸う老婆の相手をする順番をじゃんけんで決めています。
無邪気な女学生と無気味な吸血老婆とのシュールな組み合わせ。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-752.html

「息子の恋人」(2005.8.6掲載)
朝早くから吸血鬼相手にはしゃいでいる、無邪気なカップルです。
※前段をあっぷしそびれているのを発見。大幅に追加しました。要チェック?
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-753.html

1月8日再掲分
「せめて・・・」(2006.1.29掲載)
妻を襲う吸血鬼と夫との対話。仇敵同士のはずのふたりは、いつか共感を深めていって・・・
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-755.html

「夜這うものたち」(2006.1.29掲載)
村の歪んだ因習について、ちょろりと短く描かれてあります。^^;
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-756.html

「貞操試験」(2006.1.29掲載)
妻を縛って出かける夫たち。
果たして侵入者の誘惑に耐えることができるのでしょうか?
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-757.html
あとがき「あなざ・すとーりぃ」
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-764.html

「恭しい拝礼」(2006.1.29掲載)
村に囚われた都会の夫婦を待ちうける運命とは?
洗練された衣裳に不似合いな蛮行を体験しながらも、交流が深まってゆくみたいないささかちぐはぐなプロット、気に入っているんです。(笑)
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-758.html
あとがき「我ながら」
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-759.html

コメを頂戴した「恭しい拝礼」とそのあとがき「我ながら」、おなじくあとがき「あなざ・すとーりぃ」をつけ加えた「貞操試験」はもうすこしトップに残しておきます。

おやおや、こんなにいっぺんに移してしまうと。
今月分が、ずいぶん寂しくなりますねぇ。^^;
まっ、気分だけはにぎやかにまいりましょう♪
前の記事
宴過ぎて ~能舞台にて 続編~
次の記事
声 励まして

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/765-d850f060